FC2ブログ

気迫溢れる興梠

2009年 6月 18日(木)

オーストラリアから帰国したばかりの内田選手と興梠選手がクラブハウスに姿を見せました。午後は激しい雨となりましたが、グラウンドでは興梠選手が精力的に汗を流していました。

ギラギラと眼を光らせる興梠である。
よほど出場機会に飢えておったのであろう。
鬼の居ぬ間にポジションを狙っておったきのこ大迫には負けまいと気迫を感じる。
興梠は有るべき地で力強くプレイするであろう。
ゴールの予感をヒシヒシと感じる。
この男はやってくれるであろう。
再来年は秀忠の正室・浅井三姉妹のお江に決定した。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク