fc2ブログ

日本高校選抜・高岡伶颯くん、泥臭く戦ったり、セカンドボール回収したり、少しでも自分の方に運気が来るようなプレーを

デンソーカップチャレンジサッカーに出場した日本高校選抜の高岡伶颯くんを取材したゲキサカの吉田太郎記者である。
「主に“切り札”として起用され、各試合でチャンスを作り出していた印象だ」とこの大会での起用法とチャンスクリエイトについて評する。
大学生相手にも物怖じせず通用しておる。
持っておるモノが違う事を感じさせられる。
「どの試合でもスプリントを連発」、「中盤でのインターセプトとポストプレーでチャンスを演出。攻守両面で良く走り、泥臭く身体を張ったプレーを続けるなどチームに貢献」とプレースタイルが伝わる。
非常に鹿島向きのアタッカーではなかろうか。
ただいまは世代別代表に目が向いておる。
早生まれでありU-19日本代表への飛び級招集もありうる。
楽しみな存在である。

[デンチャレ]注目の2年生FW高岡伶颯は「実力が100で出せない」ことを反省。世界ではより泥臭く、自分に流れを引き寄せて決める

コメントの投稿

非公開コメント

以前どこかで見聞きした「鹿島サポーターはサッカーではなく鹿島が好き」という言葉に勇気を貰って書かせていただきます。

高岡君の心はどこにあるのでしょうか?世界であれだけ出来たのですから当然海外リーグでの活躍というのは頭にあると思います。ただ、私のような「鹿島が好き。鹿島を愛している」人種からすると「いくら有能であろうとも鹿島を踏み台としか思っていないならいらない」という思考になったりします。海外志向を問題視しているのではなく、心の中でそれが鹿島よりも優先順位が上だというのなら私はあなたを愛せない。
進路も決めていない段階で気持ち悪い言い草ですし、そもそも高岡君の感情も無視した愚かな意見という事も自覚した上で、それでも高岡君の鹿島絡みの記事を見る度に感じていた思いを書かずにはいられませんでした。
鹿島愛はあるか?鹿島で頂点に立ちたいか?そうなら共に戦おう。海外に移籍してもずっと愛を注ぐ。そうでないなら残念だ。この駄文を高岡君が目にすることがあるならば幸いです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク