fc2ブログ

知念慶、もっともっとボランチとしてのスキルを身につけないといけない

知念慶のボランチ起用について記すサッカーキングの元川悦子女史である。
「さすがは川崎Fで中村憲剛や大島僚太、守田英正、田中碧らと共闘してきた選手だけに、中盤でボールを受け、縦につけたり、ワイドに展開したりする技術も戦術眼も高い」と悦ちゃんは評す。
その川崎でのボランチ陣との比較に対して知念は、「彼らのプレーは真似できるものじゃない。多少は参考にはさせてもらっていますけど、自分らしくできたらなと。前に急ぎ過ぎないとか、時間を作るとか、簡単にはたいてリズムを作るとか、ゲームの流れを意識しながら練習からやっているので、そこはゲームでも出せるようにしたいです」と自身のボランチ像でプレーしておることを口にする。
現時点ではそれが機能しておる。
ポポヴィッチ監督の信頼も高い。
そして迎えたセレッソ戦であるが、前半は知念だけでなくチームとして良いところがなかった。
「周りに人が多くて出づらい状態で、食いついたら後ろを使われるという嫌な状況だったので、そういう時は後ろから声をかけて前の選手を高い位置に出していかないといけない。そこは僕の経験不足かなと感じました」と知念は振り返る。
戦術的に手を打たれた格好と言えよう。
ここは、新監督とチームを率いて3年目の差が出た。
後半に選手交代などで圧を出し追いついたことは評価出来よう。
そこで知念は、「個人としてはもっともっとボランチとしてのスキルを身につけないといけないと思いました。(柴崎)キャプテンだったり、海舟、(樋口)雄太から学ばせてもらうことも必要になってくる。チームとしては今回の前半みたいな展開になった時に、逆に相手を押し込んで点を取るかとか。後半みたいに勢いを出して点を取るといったことをやっていかないし、自分たちがやりたいことを前半から出していけるように」と反省と成長に対してコメントする。
もうボランチとして腹を括った気持ちが伝わってくる。
個人的には、柴崎岳主将が復帰した際はどうなるのか、夏の海舟移籍に備えてもOKなど、幾つも感情が湧き上がる。
ボランチ知念はどこまで昇華されるのであろうか。
期待しておる。

ボランチ転向2カ月 香川らとの対峙で知念慶が直面した課題とは

コメントの投稿

非公開コメント

先日の中村俊輔引退試合で久々に小笠原のプレーを見たが、常に視野広く、味方最前線の攻撃陣の動きを伺いながら、保持したボールを小刻みにドリブルしながら斜めに前進しながら前に前に運び、スキあらば一気に必殺のキラーパスを何度も出していた。

この一連の流れは時間にしてわずか8〜15秒だと思うが、その澱みのない組み立ては現役時代を彷彿とさせる見事な技と落ち着きだった。

知念や佐野は、もっと小笠原の全盛期のビルドアップ映像を見て、真似して、研究してほしい。

ザーゴ以降の鹿島レギュラーのラストパスで出し手のボールが長さや、スピードが一見ミスっているように見えて、実は最後にはちゃんと受け手が欲しい所にピタリと収まるパスを出せていたのは、上田がいた時の鈴木、レオ・シルバとピトゥカも数本あった、広瀬のタイミングの速いセンタリング、引退前の内田のロングパス、関川の縦パスが成功した時など。思ったよりも少なく、黄金期に比べて上手いと思わせるパスは激減している。

受け手の抜け出し方、受け方の良し悪しもあるだろうが、本山、小笠原、野沢、柴崎、ジョルジ、レオナルドらのパスは曲線を描いていても最前線にピタッと受け手に吸い付くパスを1試合に何度も出していた。あれが出来る選手がいないと強さは保てないと思う。

今、鹿島には、柴崎と鈴木、そして知念がいるので今後に期待は持てる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク