fc2ブログ

染野唯月は『一皮むけた』のか?京都戦の2ゴールだけじゃない「当たり前」の変化

東京ヴェルディー京都サンガ戦を取材したGOAL.comの川端暁彦氏である。
2ゴールの染野唯月にスポットを当てる。
アディショナルタイムの同点弾について経緯と絡んだ選手のコメントを載せ、染野の"ストライカー"としての資質を大きく取り上げる。
鹿島アントラーズジュニアユース時代はボランチであり、尚志高校にてFWとして才能を開花させた。
ボールを持てる技術と周囲を見る"目"に得点感覚が加わり素晴らしい選手として鹿島アントラーズFCに入団したのである。
そこで川端氏は、「プロ入り後は器用さゆえにいわゆる“9番”の位置ではなく、中盤での役割を与えられることも多かった」と記す。
ザーゴ監督時代はFWに固定されておったが、それ以降、特に岩政大樹監督時代はMF的振る舞いが推奨されたのか、怖いFWという印象が薄れていった。
それをヴェルディの城福監督が前に留まることを指導し、ストライカーとしての感覚を取り戻してきた。
素晴らしい。
もし今季鹿島復帰を選んでおれば、知念に替わってボランチにコンバートされておったやも知れぬ。
運命がストライカーに導いた。
更に活躍し、Jリーグを代表するストライカーとして君臨するのだ。
注目のセンターFWである。

パリ五輪の”エース候補”…染野唯月は『一皮むけた』のか?京都戦の2ゴールだけじゃない「当たり前」の変化



App Store / Google Play で今すぐインストール!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク