fc2ブログ

Jリーグ 第5節 ジュビロ磐田戦



ジュビロは強かった。
MOMは早川。
植田と安西もすごかった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

チャッキーにもMOMをあげたい。
トップスピードもあるが、数歩での加速がすごい。
切り返しと緩急で遊んでいるように相手DFを抜いていく。

コンディションがあがってきたのでしょうが、さすが代表招集されるだけの格がある。

優磨も言っていたけど今日の内容には満足していない。
連戦にはなるけれどしっかり準備して次節も勝って欲しい。

しょっぱい試合、渋い勝ち、
勝てて良かった。

川崎戦勝利の次が大事と思っていたが、
とにかく勝てて良かった。
このまま、どんどん勝ち数を増やしていきたい。

勝つ事が全て。勝ち点が全てだから。内容や連携、雰囲気は後からついてくる。
勝ち癖が大事

No title

チャッキーの個人技だけではない攻撃パターンの確率が急務

 

磐田とのウノゼロといえば、2008年を思い出す。

No title

今シーズン初の連勝、おめでとうございます。

ありがとうございます。

クラブが国内クラシコと煽った挙句に、

ジュビロに勝ち点というお土産を持たせず帰して良かったです。

ウノゼロでも勝ちは勝ち。3ポイントの積み増しは大きいです(笑顔

PK前にいやな予感がありましたが、優磨は正面を狙ったのでしょうか(苦笑


今日もクローザー的な仕事をしていましたが、パレジは地味に良いですね~。

出来ればゲームの初めから見てみたいです。

もしや水曜日のゲームでスターターはあるでしょうか。


すべては勝利のために!

ヒヤッとする場面もあり、反対にそこは決めてくれっと言う場面も複数回。

なんにせよまずは勝点3を得ることができてよかった。

松村、攻撃時は色を出せていたと思いますが、守備時の怠慢チェイスがチラホラ。

なんとか改善してほしい。

聖真のボランチ良いですね。
意識したのか同期で親友だから自然に出たのか岳っぽいところもあった。縦パスがアクセントになってましたね。
毎試合表情を変えるポポ鹿島、楽しさと鹿島らしい勝利への執念があって良いチームになってます。

そして磐田はやっぱり最高のライバルだなと再確認。

磐田はレッドものです、PKなければイエロー2枚で外国人は退場していた場面スルーされましたね。
あんなけけずられたら危なかった

現地観戦しました。

土居がボランチという新たな(?)展開、チャッキーの個人技&サイドドリブル突破、パレジの超絶ヒールパス、相変わらず速い松村の鬼スプリント等々、サポ達の度肝を抜く魅力的なシーンがたくさんあってワクワクした試合でした。

優磨のPKの1点を守り切った勝利。勝ちは勝ちですが、相手を崩し切ってのゴールも観たかったですね。
どれもフィニッシュまで本当にあとちょっと…!

打って欲しい!ってところでいつも、あー、勿体無い!

ただ1点を守り切って勝つ、強い時の鹿島らしい勝ち方ではあるので、この強度をこの先も継続出来たらと。

そして磐田も強かった、ジャーメイン、やっぱ危険な存在でした。

磐田の決定機、シュート精度が少しでも変わっていたら下手したら90分で5点は取られていたと思います。。。

早川の神セーブ連発でMVPは納得。ただ運も味方してくれたのも事実。

これも鹿島の神の力ってやつですかね。

次節はアウェイ福岡戦。

勝利の為に応援したいと思います。

土居の優磨への浮き玉は野沢の変態ボレーを思い出させました。土居のギラギラ感、とても良かったです。

みなさん、言われいる通り、最低限、勝つことができて良かったです。

現地で観戦しましたが、センターバックの2人は、安定感がありました。必ず、跳ね返していたので、逆に言うと、ジュビロは早々に高さ勝負は諦めるべきでした。
しかし、なぜ、センターバックの活躍が目立ってしまったのかは、反省点だと思います。
相手を1枚剥がしてからパスをするとか、セカンドボールはきちんと競るとか、苦しい時間帯はワンチャン狙いじゃなくて保持するとか、
パレジが終了間際に見せていたような、味方を利用するパスや動きがもっとほしいです。
川崎戦の方が、相手が攻めて来てくれたせいか、連動性が高かったと感じました。

CBが目立ったのは、その前で止めるはずの佐野の不在があったように思う。

名古と知念の守備負担が増え、攻撃が目立たなかったのは、佐野の不在と佐野に比べ守備強度の強くない土居だったから、その分、土居は攻撃面で貢献していたとは思う。

ポポビッチ氏は今いる(使える)人材のコンバートによる起用法が絶妙。このまま猛暑に入っても全選手のローテーションにより、鹿島は乗り切れそう。
昨年まで不安だった夏場、夏場以降が楽しみ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク