fc2ブログ

報知新聞・岡島記者、チャブリッチに聞いてみた

ジュビロ磐田戦を取材した報知新聞の岡島記者である。
先日インタビュー記事を掲載しておるチャッキーについて記す。
「速い、強い、うまい。左MFで先発したチャブリッチが、日増しにコンディションを上げている」と評し、とんでもない助っ人であることを伝える。
この試合、観ておった我らにもコンディションの仕上がり具合は伝わってきた。
「まだ満足はできないし、自分ができる本来のものは出し切れていない。自分にプレッシャーをかけ続けながら向上しなければ」と更なる向上を口にするが、左サイドを制圧し、時には重いミドルバド度肝を抜かれることしばしば。
また、チャッキーへの横断幕と新たなチャントについて、「自分の決断を理解してくれたからこそ、いつも以上の応援を届けてくれたのだろうと思います。言葉では言い表せない感情だった。感謝の気持ちです」との言葉を発する。
これはサポとの蜜月の関係となろう。
そのチャッキーについて以前のインタビュー時に、「スロバキアの記事に『チャブリッチは鹿島と3年契約を望んでいる』って出てたのですが…。これ、本当ですか?」と問うた岡島記者への返答は、
「ハハハ(笑い)。もちろん、自分はここに1年だけいて、鹿島を(キャリアの)通過点にするつもりで来たわけではないです。長年タイトルから離れているチームにタイトルをもたらし、鹿島を再び常勝軍団に成長させるために来ています。3年だけでなく、もしこのチームにいれるのであれば、それ以上…そのつもりでいます」
とのこと。
良い契約を鹿島アントラーズFCが提示することを待つだけであろう。
新たな左サイドの矢、アレキサンダル・チャヴリッチの更なる活躍が楽しみである。

【番記者の視点】「3年契約を望んでるって本当?」鹿島FWチャブリッチに聞いてみた 鹿島1―0磐田



App Store / Google Play で今すぐインストール!

コメントの投稿

非公開コメント

「ハハハ(笑い)。もちろん、自分はここに1年だけいて、鹿島を(キャリアの)通過点にするつもりで来たわけではないです。長年タイトルから離れているチームにタイトルをもたらし、鹿島を再び常勝軍団に成長させるために来ています。3年だけでなく、もしこのチームにいれるのであれば、それ以上…そのつもりでいます」
ヤバい…あたしのハートを撃ち抜かれちゃいました。
チャッキー、もう愛してる!

ザ・助っ人
格が違う。
メッシを見ているようなワクワクだった。

カイオがネイマールなら、チャブはロナウドのようなドリブルですね。
同じくらい抜群のキープ力でヤスのようにヌルヌルもできるし、前にもチンチンにできるし素晴らしいアタッカーです

No title

これ以上の実力を見せられると楽天マネーが怖い。
外国人選手は登録も起用も少ないし、鹿島の年俸3倍は容易でしょうし、最近の左WGは本職でない陸斗ですし。

チャッキー、君は大の男を泣かせる。すでに伝説である。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク