fc2ブログ

福岡が連敗を止めるのか、それとも鹿島が連勝を伸ばすのか

「思い切った策をとる中で、しぶとく勝利。鹿島らしい一戦でもあった」と記すJリーグ公式の島田徹氏によるプレビューである。
前節、選手の揃わない中で奇策とも思える選手起用で辛勝を得たのは鹿島アントラーズのしぶとさと評価された。
あれだけのチャンスを作られた中での零封はかつての勝負強さを感じさせられた。
向かえるこの福岡戦も、復帰する選手は少なかろう。
同様のメンバーにて挑むこととなろうか。
それともジュビロ戦後に賞賛したパレジを組み込んでくるのか。
非常に興味深い。
昨季のリーグ戦はホーム/アウェイ共に0−0と不本意な結果であった。
ホームでは海舟の不思議な退場あり、アウェイでは関川の補処交代と、共に試合中に大きなアクシデントがあった。
今季はそのようなことはなく終えて欲しい。
上昇気流に乗るべくアウェイにて勝ち点3を得る。
強い気持ちが必要なミッドウィークの一戦である。

“らしさ”復活の先にあるもの。福岡が望む結果



App Store / Google Play で今すぐインストール!

コメントの投稿

非公開コメント

苦手としてきた運動量と圧がかなりある相手なので、鹿島としてはどうやっていなして、欺きながらプレーしていくか、そこでチャブリッチの個人技は使えるが、相手もマークしケアしてくるはずなので、やはり一皮むけた名古がその圧倒的な運動量と粘着質なプレーで、何ができるかが鹿島勝利の鍵だと思う。

また、前節はあまりにシュートを打たれすぎているので、そこは減らす何らかの対応法が必要。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク