fc2ブログ

Jリーグ 第6節 アビスパ福岡戦

怒濤の押せ押せも報われず。
しかし、名古への悪質な足首へのチャージがVAR介入もノーカードは納得が行かぬ。
昨季、セレッソ戦でのピトゥカは一発レッドとどこが違うというのか。
意義を唱えたい。

コメントの投稿

非公開コメント

名古ちゃん倒された時はヒヤリとした。
また大怪我したんじゃないかと…

町田戦同様守備にはめ殺されちゃった感じ。
まだリーグ序盤とはいえ早くそこを改善して欲しいな。
さすがに前半シュート1本では厳しい…

No title

福岡への苦手意識というかやりにくさを持っているのかな。
関川は今シーズンちょっと元気がないですね。
それにしても名古へのファールについては同感です。
先にボールに触れてたらガッツリスパイク入れてもいいものなのか...。あれはちょっと悪質でした。

今日の海舟は失点シーンの寄せの迷いと多数のボールタッチのミスは試合勘の無さが出てしまって、狙い所や受けるタイミングが良かっただけに残念でしたね

2枚目出す勇気が足りなかったんですかね…怪我するし、止めてほしいものです。危険だと思いますよ。

No title

圧を受けても確実にボール繋げる、少ない手数でシュートまで持ち込む。この二つが出来ないとこの先同じ戦いをする相手に勝てないでしょうね。
町田戦もでしたが、削ってくるプレーにちゃんとファウルをとれる主審が裁いてくれないと試合になりません。
スライディングなんて怪我させるリスクが高いんだから覚悟もなしに足裏を向けないでいただきたい。齊藤未月のような大怪我があると思うとぞっとするし怒りを覚える、名古が怪我にならなかったのは運でしかない。

相手にはめられた感じ
良いところを消されたし
相手の切り替えが速くてパスも少しずつズレてしまう
今日は仕方がない

No title

原理様の仰る通り、悪質なファウルでしたね。VARも何のためにあるのか・・・
但し、ディフェンスの時に相手との距離が遠過ぎるのではないかと思います。今日も簡単にクロスを上げさせてしまったし、きついですけど、相手との距離を詰めて自由を与えないことを徹底して欲しいと思います。
逆にこれが出来れば首位に行けるのではないかと思うのですが・・・

No title

パレジの低く抑えた弾丸FKは武器になるのでは。

ピッチに立った時はPエリア外からも積極的に狙って欲しい!

チャッキーは濡れたピッチでは切れが鈍ったかも、

ベスト電器スタジアム特有のモノか?

それとも自身のコンディションが良くなかったのか?

チームとしてアタッキングサードでの攻撃のもどかしさは要改善をお願いします。

ジュビロ戦も決して良くなかったので、ちょっとしたことで勝敗は変わりますね。

まだまだこれから

すべては勝利のために!

退場か退場でないかだからその時に止めていたらイエローカードだせたと思うが。しかしVARで助言して退場の場面で良かったと思う。ボールには触れている?が足裏見せているし削ったんだよ。

No title

名古へのスライディング。
一発レッドは躊躇するかもしれないが、警告を躊躇するようなものではない。

カードは選手を守るためのもの。審判はそれを理解しないといけません。

少しよぎってしまったのが、
ポポさんのやり方でも、岩政さんのやり方
でも、活躍する選手は違くても、最後に出る
結果はほぼ同じなんていう結末。

仮にそうなるのが真理であっても、
貫き通して事実を明確にして欲しいと
思います。

イエローカードはVARの対象ではないですが、足裏の時点で主審がカードは出すべきでした。
去年のホーム福岡戦では海舟が厳しい判定で退場しましたね

試合内容とは別物の、鹿島に渦巻いている奇妙なジンクスがまた出てしまったような気がします。

正直嫌な予感はしてました。。。

試合前の相手のデータが、「連敗中」、「開幕からまだホームでの勝利が無い」
この2つのいずれかの条件。
追い詰められた相手は本当に強い。

そして、勝てば更に上位に食い込めるという条件。
今節は町田が負けたので、もし勝てていれば勝ち点13で並ぶはずでした。
近年でいうところの、勝てば川崎orマリノスor神戸に追い付ける!という場面、多々ありましたよね。

ここ数年、鹿島は上記の条件が揃った試合はほぼ落としている気がします。

もちろん、個人的な見解、被害妄想もあると思いますが。。。

名古に対する悪質チャージにカード出ず。

ペナルティエリア内のハンド見逃し(?)。
…確かにボールは決定機とは無関係だったから故意ではないと言えば…
でも何かモヤモヤしますよね。

PKになっていたかもしれない、相手に退場者が出て試合展開が変わったもしれないというシーンがありました。

試合が鹿島寄りの良い流れにならない。

これもジンクスに直結してるんじゃないか、呪いなんじゃないか…と思ってしまうくらいです。。

原理さんもよく使う言葉で、サッカーの神様が微笑んだ、微笑まなかった。
今回は微笑まなかったんだ。と言ってしまえば、それまでですが…

鹿島の勝負強さを完全に取り戻すまで、まだ時間かかりそうですね。

(審判団の取り巻きも含む)悪い流れを断ち切って、先制されても追い付いて、逆転して、勝利。本来ある姿、皆が望む姿です。

不調だったとはいえ川崎戦でそれが出来たのなら、継続していくまでです。

ライコの合流でまた戦術も変わっていくでしょう。今年の鹿島はまだまだ変わりそうです。

次節は国立、FC東京戦。
連敗は許されません。
もちろん悪いジンクスなども信じたくありません。断ち切ってナンボ!

応援しましょう。
ポポ鹿島、信じてます。

鹿島の選手が怪我をさせられそうな荒いプレーには、鹿島のキャプテンがきちんと抗議しなければいけない。

昨日のピッチでその役に適任といえる審判を説得できる人格を持つ選手は植田だったのかもしれない。

チャヴリッチの足の所にガツガツ後ろから何度もアタックされて、珍しくチャヴリッチが怒っていました。

これは審判が流しすぎ、こんな早くてテクニックある名手を潰すようなプレーは、長い目で見て、J全体にとって大きな損失になるはず。その広い視野がない審判はJにとって害がある。単なる福岡贔屓などという狭い視野で済まされない。

交代時、不満な表情だったのも、あれだけファール気味に来られたら満足にプレーなどできない事をポポビッチ監督に訴えていたように見えた。

ピッチでもっとキャプテンがこまめに何度も抗議して良かったと思う。防衛線を張り巡らすアクションが無かったのが、徐々に効いてきた。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク