FC2ブログ

FCソウル戦試合前日コメント

【AFCチャンピオンズリーグ 鹿島 vs ソウル】オズワルド オリヴェイラ監督/マルキーニョス選手(鹿島)試合前日の公式会見コメント(09.06.23)
Q:明日に向けての意気込みと、FCソウルの印象をお聞かせ下さい。
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「まず、このラウンド16というのは去年と同じ状態ではないかと思います。去年は残念ながら、ここで次のラウンドに進めなかったわけで、今年こそ次のラウンドに駒を進めていきたいと思いますし、アジアのタイトルを取るためにはここを勝ち抜かないといけません。ソウルに関してはタフで、アジアという高いレベルの一角のKリーグのなかでも強いチームだと思います。グループステージでは水原とも戦いましたし、今回はFCソウルとなりますが、彼らが勝ち進んで来たことは驚きではありません。逆にタフなリーグをやっているわけであって、代表選手も多く抱えておりますし、外国人選手も高い能力を持っています。ほんとうに厳しい戦いになるのではと予想しております。」
●マルキーニョス選手(鹿島):
「監督が言ったとおり、厳しいしタフな試合になるのではないかと予想しております。我々選手としてもFCソウルの高いポテンシャルはわかっていることですし、そこで気を引き締めていかないといけないと思います。自分自身、確かに完全な状態ではないという部分はあるかもしれませんが、ただ、1試合1試合やることで自分の状態を戻したいと思いますし、明日はまた鹿島アントラーズのチームメイトと共に次のラウンドへ進むための、あるいは勝つためのプレーをできればと思っています。」
Q:相手は高さがあると思いますが、その高さ対策についてセットプレーを含めてどのようにお考えですか?
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「世界のサッカーでは高い選手がいるというのは当たり前のことであって、ACL・Jリーグを含めてそういうチームと対戦してきましたし、対策も取ってきました。問題なく選手はプレーできると思います。あとは自分たちのバトルを制していくしかないと思います。」
Q:ホーム&アウェイの戦いと違い、今回のように一発勝負でのトーナメント1回戦というのは戦い方も変わってくるのでしょうか?
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「戦い方はまったく変える必要はないかと思います。グループステージを1位で終えたことによってホームアドバンテージがあるわけですから、ホームのときは積極的なサッカーができているので、そうした形で戦っていければと思います。」
Q:去年のACLの経験がどのように生かされていると思いますか?
●マルキーニョス選手(鹿島):
「細かく言うことはできませんけど、去年は最初の大会と言うことで相手のサッカースタイルが違うことで、多少戸惑いを感じた部分があったかもしれません。ただし、その経験が今年、いろんな部分で活かされてると思いますし、チームとしても、あるいは個としても成熟している部分があると思います。また戦い方やチームコンセプト、それにどういう試合なのかを予想して、いろんな部分をイメージしながら戦うことができていると思います。明日、ホームで我々のサポーターの後押しがあっての戦いとなるので、全員で勝つことを目的にしてそういったプレーを見せて、全員で勝利を手にすることができれば、と思っています」
Q:現在の鹿島の状況と、ベストメンバーが組める状態なのかを教えて下さい。
●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「非常に良い状態にいますし、いまは怪我人もおりませんのでチーム全員でがんばっていきたいと思います」
Q:FCソウルのメンバーのなかで印象に残っている選手、注目すべき選手はいますか?

●オズワルド・オリヴェイラ監督(鹿島):
「FCソウルはほんとに素晴らしいチームだと思いますし、名前を詳しく言えないんですけど、10番、ブラジル人の8番もそうですし、7番、28番、27番とセンターバックの二人も優秀ですし、ほんとに素晴らしいチームではないかと思います。誰がということではなく、ソウルというチーム全体をケアしながら戦わないといけないと思います」
以上

[ AFCチャンピオンズリーグ 鹿島 vs ソウル ]前日会見の様子

明日の戦いを聞かれたオリヴェイラ監督はこれまで同様の戦いをするとコメント。
「ホームアドバンテージがあるわけですから、ホームのときは積極的なサッカーができているので、そうした形で戦っていければと思います」

[ AFCチャンピオンズリーグ 鹿島 vs ソウル ]前日会見の様子

会見に列席したマルキーニョス選手は勝利を目指して戦うことを約束。
「明日、ホームで我々のサポーターの後押しがあっての戦いとなるので、全員で勝つことを目的にしてそういったプレーを見せて、全員で勝利を手にすることができれば、と思っています」
平日夜の開催だが、多くのサポーターの後押しが欲しいところだ。


我等も一丸となり後押しをしたい。
聖地での勝利を共に分かち合いたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク