fc2ブログ

Jリーグ 第7節 FC東京戦



ライコほろ苦デビュー。

コメントの投稿

非公開コメント

ゴールが遠い。
3試合でPKの1ゴールだけ。
ポポサッカーの熟成には、まだまだ時間がかかりそう。

最後の質があがれば得点量産出来そうなんですが…

No title

ビルドアップは良いと思いますが、セットプレー含めクロスが中々合わないですね。
シュート数の割に得点の匂いがしなかったです。

確実にパスを通すために足元へのパスが多くなり、結果マークを外し切ることなく上げたクロスが合わない・跳ね返されるの連続だった印象
サイド攻撃一辺倒ではなく中央で抜け出す駆け引きがほしいところ、垣田の1トップを試してもいい頃合いじゃないでしょうか。

No title

自分も現地参戦してきました。
人それぞれの感想はありますが、戦術的に一番可能性を感じたのは
藤井と松村の再度深く抉った時だったと思います。
後は、佐野&知念にもう少しミドルシュートを放ってもらえば相手DFを引き出せたかもとは感じました。
戦いはまだ続きます。今日はお疲れ様でした。

No title

チームに波があるのは我慢するとして、右サイドから崩されている点の放置、最後2点目を取られたときにゲーム諦めたのは問題です。チャッキー、優磨など連戦しているメンバーの疲労も明らか。京都戦ではさすがにメンバーや戦術を変えると思いますが。こんなのが完成されたチームのはずもないはずなので、指揮官も最適解を求め続けるべき。

磐田戦からなんかずっと距離感悪い気がする。パスがズレる、引っかかる。カウンターでやられる。
優磨がちょくちょく下に降りて来てるから選手たちも上手く行ってないって感じてるんじゃないかな…。
これは序盤の産みの苦しみで、シーズン後半で巻き返せますように。

磐田、福岡、東京との3戦でPKの1点のみという結果が物語っていますが、攻撃がなんともチグハグですね。選手の距離感や配置など、次節までに改善して欲しいです。

そして上の方も書いていますが、優磨が降りてきて受けるシーンがあったのが少々気になります。ここ数シーズン、アントラーズが上手くいっていないときの現象です。そしてこういう流れになると決まって、誰もが優磨を探してパスを預けてしまいます。それが最善の選択なら問題ないのですが、明らかに他の選択肢の方が良いだろというシーンが今日も何度かありました…。ここをなんとかしないと、悔しかった過去のシーズンの繰り返しになってしまいます。

なにはともあれ、1週間に2度もアントラーズの負けを見るのは辛いです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク