fc2ブログ

得点力不足という最初の難局、ポポヴィッチ鹿島はなぜ点を取れないのか

FC東京戦を取材しサッカー批評Webに寄稿した元川悦子女史である。
鹿島アントラーズの得点力不足について記す。
「もともと本職でない知念慶と守備職人の佐野というボランチコンビだと、効果的なタテパスがなかなか入らないのも1つの事実」とボランチがキーパスを出せぬ事を理由に挙げる。
ここで海舟が"守備職人"ということには異論がある。
ボール奪取能力に長けるMFではあるが、そこから攻め上がるところに特徴が有る選手であり、必ずしも守備専任ではない。
このあたりの見方がもう古いライターのように感じさせられる。
もう少しサッカーという球技を知って欲しい。
ただ、ボランチから効果的なパスが出るようになれば、大きく改善されるであろう。
やはり、柴崎岳主将の復帰が心待ちにされる。
また、「彼と組むトップ下が試合毎に変わっている。今回の3連戦で言えば、ジュビロ磐田戦が名古新太郎、福岡戦が土居、FC東京戦が樋口雄太と全て異なっている」と記しておる。
ここで福岡戦のトップ下はキックオフ直後こそ聖真が務めておったが、出場時間のほとんどを名古が担っておった。
ここも試合を観ておらぬ事を露呈した。
ライターとして全試合分析してこそなのではなかろうか。
非常に残念に感じさせられる。
フットボールチャンネルの記事ではターンオーバーを推奨しておきながら、こちらの記事ではトップ下が固定できなかったことを指摘している。
問題提起でPVを稼ごうという意図が見えて悲しくなってくる。
確かに連敗中のチームには何かしら問題があるように思える。
それを指摘することでそれを望むファンには記事として受け入れられよう。
しかしながら、それはきちんと試合を分析し、サッカーに関する深い理解を示してこそ。
このような内容は決して受け入れられぬ。
この連敗、どちらも理由は同じようで異なる。
ただ、チームとしての熟成度が足りぬところがあり、弱点を突かれた。
そこをどう改善していくかに興味が向かう。
周囲の雑音に振り回されず、強いチームを構築していって欲しい。
それが進む道である。

【得点力不足という最初の難局。ポポヴィッチ鹿島はなぜ点を取れないのか (1)】鈴木優磨も2試合シュートゼロ。土居聖真が「受け手の欲しいタイミングから2個3個…」と説く“改善点”

【得点力不足という最初の難局。ポポヴィッチ鹿島はなぜ点を取れないのか (2)】土居聖真が感じる常勝時代との違いとは……柴崎岳、遠藤康、小笠原満男を例に出して話したこと



App Store / Google Play で今すぐインストール!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク