fc2ブログ

鈴木優磨、早く自分の中で見つけないと

鈴木優磨を取材したスポーツニッポンである。
連敗という結果に、「我慢の時期かなと思う」と言い、更に「(ボールを)運べてはいるし良くなっている部分はあるけど、最終的なところで相手に危険を与えているかと言ったら、まだそこまでのチームではない」と現状を語る。
「自分たちがきれいにやろうとするのはいいかもしれないけど、もう少し大胆さがあってもいいかな」という言葉に打破すべき点への気持ちがこもる。
そして、「今は監督が求めることと自分の(やりたいことの)中間の部分を探している最中。どこまでが許容されるのか、自分の中で毎試合少しずつ変えている部分はある」と模索しておることがわかる。
また、「FWが点を取れるときは、パターンが何個かできてくるというのが自分の中にある。それが今年はまだつかめていない。早く自分の中で見つけないといけない」、「監督が言うことは間違っていないので、そこにアレンジを加えながらやっていかないと、点を取れるサイクルに入っていかない」という言葉にやれることを考慮中であることが伝わってくる。
色々と悩みもある様子。
とはいえ、すぐに次の試合がやってくる。
1トップを担う以上、最初のアクションは優磨が起こす。
それを2列目以降の選手が呼応して攻撃を司っていくのだ。
前にいないならいないなりにそこに飛び込む選手が誰なのかを突き詰めていくことこそが肝要。
簡単ではないが、優磨を軸としたチームを熟成させることが今求められておる。
その片鱗が次節・京都戦にて観られることを期待する。
楽しみにしてスタジアムに向かう。
攻撃のカタチである。

得点力不足の鹿島 FW鈴木優磨が明かす試行錯誤「パターンはできてくる。早く自分の中で見つけないと」



App Store / Google Play で今すぐインストール!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク