fc2ブログ

樋口雄太、まずは戦う姿勢を見せたい

京都サンガ戦に向けてオンライン取材に応じた樋口雄太である。
「まずは守備。奪われたあと、みんなで切り替えて奪いに行く姿勢であり、そういうところを確認する週になりました。みんなで同じ絵を描いて攻撃している時は、シュートまで行けています。その最後のところ、みんなで合わせる作業に今取り組んでいるところです」と敗戦の要因を改善すると共に勝利に向けた練習内容が語られた。
強固な守備が鹿島の伝統。
それを復活させるのだ。
そして良い守備から良い攻撃に繋げる。
サッカーは表裏一体の球技である。
対戦相手の京都に関しては、「攻守にハードワークしてくるチーム。まずそこで負けないことが大事」、「あとは攻撃をしながら、守備のリスクマネジメントをとることもすごく大切になってくると思います。攻守一体で試合することが求められます」と分析される。
なかなか難しい相手と言えよう。
ここで、「相手が嫌がるような攻撃をしないといけないと思っています。逆に相手が前から来ることで、スペースも多くできると思います。そこをみんなの共通認識のなかで、スペースを上手く使いながらできれば、相手をひっくり返す攻撃ができると思います。そういうところを積極的に狙っていきたいです」とすべきプレーを口にする。
攻守の切り替えの速さが重要となろう。
三連敗は許されぬ。
樋口のキックで勝利を掴む。
重要な一戦である。

【鹿島】連敗ストップへ、ホームで必勝を期す13日の京都戦。樋口雄太「まずは戦う姿勢を見せたい」

【鹿島】京都戦へ樋口雄太が「攻守一体」をポイントに掲げる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク