fc2ブログ

濃野公人が行き詰まったときに見返す「最高潮のとき」

濃野公人について伝えた鹿島アントラーズFCである。
プロ入り後の道程が記される。
攻撃面では大きな貢献をしておる。
そこに優磨からの言葉により開眼し、守備に一皮剥けた感がある。
“内田篤人さんとか西大伍さんは一人で守れていた”。
これは大きく重い言葉と言えよう。
鹿島のSBは攻撃的の代名詞であった。
それを担った二大巨匠が、攻撃だけでなく一人で守れておった。
これには濃野も影響を受けたはず。
今季のチームは右サイドの守備に問題を抱える。
それを克服するには濃野の成長が必須である。
一人で守れる濃野公人に注目である。

濃野公人が行き詰まったときに見返す「最高潮のとき」。自らの域を逸脱したことで得られたものとは。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク