fc2ブログ

川崎戦報道

内田退場!首位鹿島底力10人ドロー/J1
<J1:川崎F1−1鹿島>◇第16節◇5日◇等々力
 首位を独走する鹿島が、退場者を出して数的不利になりながら川崎Fと1−1の値千金のドローで、2位以下との勝ち点差を8とした。前半33分にDF内田篤人(21)がペナルティーエリア内で手で得点機会を阻止したと判定され一発退場。直後のPKを決められ先制されながら、10人で粘り強く耐えて後半19分のFW興梠慎三(22)の同点ゴールにつなげた。苦闘の末の引き分けで、リーグ3連覇へ向け貴重な勝ち点1を手にした。

 どんな逆境にも揺るがない。これぞ王者鹿島の底力だ。0−1のビハインド、10人で戦う数的不利。そんなハンディさえ、はね返し執念のドロー劇。DF伊野波は「王者としてどう戦うか。10人でも最低1−1にしないといけなかった」と誇らしげに振り返った。

 リーグ戦8連勝中の鹿島にまさかの落とし穴が待ち受けていた。前半33分、相手MF谷口のヘッドをゴールライン上で体で阻止した内田がハンドを取られ、「サッカー人生で初めて」という退場処分を食らった。直後のPKで先制点を献上。だが、ここからが王者たる戦いぶりだった。

 オリベイラ監督の采配が逆襲へのメッセージになった。数的不利ながら守備的な選手を投入せず、MF本山を右DFに下げ、FW2人を残した。「もちろん監督の意図を感じた」と本山。ハーフタイムには指揮官の「1人が普段の1・5倍動け」というげきをピッチ上で実践してみせた。

 冷静な試合運びが値千金の引き分けを生んだ。MF小笠原が「パスを回して相手を消耗させたかった」と話したように、後半に入ると10人で巧みにパスをつなぎ、川崎F守備陣を揺さぶった。最後は川崎Fの運動量が低下。後半19分、相手MF寺田のパスミスを奪ったFWマルキーニョスのパスを受けたFW興梠が「シュートしようと思ったけど、GKが出てきたので冷静にかわせた」と言う値千金の同点弾をゲットした。

 主将小笠原の献身的なプレーも光った。6月24日のACL決勝トーナメント1回戦FCソウル戦で退場処分を受けただけに「今度は自分の番。(内田)篤人のために勝ちたいと思って必死でやった」と言う抜群の運動量は、「主将があれだけ走ったらおれ達もと思った」とMF本山が話したようにチームを活気づけた。FW興梠は「チームのため、篤人のため1人1人がなんとかしようと思った」と言い切った。連勝は8で止まったが不敗は14戦に伸びた。史上初の3連覇へ、鹿島が突き進む。【菅家大輔】
 [2009年7月6日9時36分 紙面から]


ウッチー一発レッド「申し訳ない」/J1

悔しそうにピッチを出る内田
<J1:川崎F1−1鹿島>◇第16節◇5日◇等々力
 鹿島の日本代表DF内田篤人(21)が、まさかの一発退場処分を食らった。相手MF谷口のヘッドをゴールライン上で胸で止めたが、手に触れたようにも見える微妙な判定。オリベイラ監督には涙目で手を使ってないことを訴えたという。退場後は控室を出てピッチが見える場所で観戦。「(手には)当たってないと思う…。でもチームに迷惑をかけた。本当に申し訳ない」と反省していた。

 [2009年7月6日9時37分 紙面から]


【川崎F−鹿島】チームメートから祝福される鹿島・興梠(共同)


鹿島10人でドロー!興梠が決めた同点弾
2009.7.6 05:03

1人少なくても、今年の鹿島は慌てない。興梠(奥)がGK川島をかわして、同点ゴールを決めた
 J1第16節最終日(5日、川崎1−1鹿島、等々力ほか)首位鹿島が前節2位の川崎と1−1で引き分け、2位以下との勝ち点差8を守った。日本代表DF内田篤人(21)が一発退場となりPKで先制を許したが、後半19分に同FW興梠慎三(22)が同点弾を決めた。川崎は3位に後退し、2位新潟、4位は浦和。名古屋はG大阪に2−1で逆転勝ちし、連敗を4でストップ。磐田は広島に1−0で競り勝った。

 1人少ない鹿島は、一瞬のチャンスを狙っていた。好機が訪れたのは後半19分だった。川崎DF寺田が不用意なバックパス。FWマルキーニョスが飛び出してボールを奪う。同時に走り出していたFW興梠がパスを受け、最後は日本代表GK川島をかわすと、ゴール左の角度のない位置から同点弾を突き刺した。

 「0−1だったので、FW2枚残して攻撃的にいった。ホッとしてます」。日本人選手2位タイの7点目は、チームにとっても大きなゴールとなった。

 首位を独走とはいえ、6連勝で2位につける川崎との激突は前半戦の大一番。しかも等々力は、鹿島にとって4連敗中と鬼門のピッチ。暗雲は前半33分に訪れた。相手MF谷口のヘッド弾に、DF内田が手で防いだと判定されて一発退場。直後のPKで先制を許した。

 しかし、ここから王者の意地を見せつけた。「消極的になるな。1回走るところを2回、3回と走れ」。ハーフタイムのオリベイラ監督の叱咤(しった)に、選手が応えた。1人分空いたスペースを走りまくり、運動量で川崎を圧倒した。

 この日のユニホームは通常の白のアウェー用ではなく、金色のACL用のものだった。先月24日のFCソウル(韓国)戦に敗れ、今季の目標の1つだったアジア制覇の夢が断たれた。一方の川崎は、まだACL戦線に残っている。「(ACLの)決勝戦とも言える」(DF岩政)というライバル心が、勝ちに等しいドローへと結びついた。

 「逆転はしていない。でも次にはつながった」と興梠。未踏の3連覇へと、鹿島が着実に歩みを進めた。
(丸山汎)


後半、鹿島・興梠慎三(左)が同点ゴールを決め歓喜=5日、等々力(撮影・財満朝則)


後半、鹿島・興梠(左)が同点ゴールを決め歓喜=5日、等々力(撮影・財満朝則)


川崎−鹿島 前半、シュートを手で止め、一発退場となる鹿島・内田(左端)=等々力


川崎−鹿島 前半、ヘディングで競り合う鹿島・本山(手前)と川崎・中村=等々力


鹿島痛快ドロー!興梠弾で14戦連続不敗

<川崎F・鹿島>後半、ゴールを決め喜ぶ鹿島・興梠(中央)
Photo By スポニチ

 【鹿島1−1川崎F】首位・鹿島がアウェーで川崎Fと1―1で引き分け、2位以下との勝ち点8差をキープした。前半33分に日本代表DF内田篤人(21)がハンドで退場し、PKで先制される苦戦。しかし、1人少ない状況で後半19分に日本代表FW興梠慎三(22)が同点ゴールを決め、引き分けに持ち込んだ。連勝は8で止まったが、14試合連続不敗で独走態勢を固めた。

 10人になっても鹿島の強さは変わらなかった。0―1の後半19分、寺田のパスをカットしたマルキーニョスが絶妙なスルーパス。興梠がGK川島をかわし、左足で同点弾をゴールに流し込んだ。「1人少ない状態で追いついたのはデカい。(内田)篤人の退場は納得がいかないけど、1人1人が何とかしようという気持ちがあった」。興梠は両手を突き上げて喜びを表現した。

 苦しい試合を全員でカバーした。前半33分、谷口のヘディングシュートをクリアしようとした内田がボールを左肩に当ててハンドの判定。「人生で初めて」(内田)という一発退場によるPKで先制を許し、10対11での戦いを強いられた。だが、6月24日のFCソウル戦で退場となり、ACL16強敗退の要因をつくってしまった小笠原が「今度は自分の番。篤人のために頑張った」と話したように、1人1人が豊富な運動量で川崎Fに劣らぬ攻撃を展開した。

 オリヴェイラ監督の采配も光った。内田退場後も2トップの一角を代えず、本山を右サイドバックに。「FW2枚を残したのは監督の“攻めろ”というメッセージ」(小笠原)だった。2トップがサイドに張って真ん中にスペースをつくり、わざとボールを回させて相手のミスから得点につなげる狙いもはまった。

 カシマスタジアムに比べて短い約13ミリの芝に、圧迫感のあるスタンド。4連敗中の“鬼門”等々力で迎えた1、2位直接対決で大きな勝ち点1をもぎ取った。リーグ戦の連勝は8でストップも、1シーズン制となってからの前半戦17試合の最大勝ち点記録、07年G大阪の38点を16試合目で超えた。「10人になってボロボロになったら他のチームと同じ。王者としての戦い方ができた」と伊野波。2位に浮上した新潟との勝ち点差は8のままだが、常勝軍団の前に立ちふさがる敵はもういない。

[ 2009年07月06日 ]

さすが鹿島!残り60分10人で追いついた

後半19分、GK川島をかわし同点ゴールを決める鹿島・興梠(左)
 ◆J1第16節最終日 川崎1−1鹿島(5日・川崎市等々力陸上競技場) 首位の鹿島は川崎と1―1で引き分けて勝ち点を39とし、2位との勝ち点差8を守った。前半33分、DF内田篤人(21)が自陣ゴールライン上でのハンドでプロ初となる退場処分を受け、PKで先制を許したが、10人になった後半19分にFW興梠慎三(22)のゴールで引き分けに持ち込んだ。名古屋は移籍の可能性が浮上しているFWダヴィ(25)がPKを決めるなどしてG大阪に2―1で逆転勝ち。連敗を4で止めた。

 鹿島側のスタンドが大きく揺れていた。内田が退場してからロスタイムを含めて60分以上も1人少ない状況で1点を追う展開となったが、執念でドローに持ち込んだ。「勝てなくて悔しいけど、この勝ち点1は大きい」とFW興梠。イレブンが両手を挙げてあいさつすると、大きな鹿島コールが返ってきた。

 前半33分。川崎MF谷口のヘディングシュート。ゴールライン上の右で守っていた内田が手を使ってゴールを阻止したと判断されて一発退場。「手じゃない」と猛抗議したが判定は覆らず、PKから先制点を奪われた。警告2枚での退場も含めて人生で「初めて」というレッドカードだった。

 「手に当たってない。ビデオで見たら当たっているように見えるけど、当たっていない」と主張する内田は退場後も「いてもたってもいられなくて」とメーンスタンド下で右往左往しながら試合を見守った。その思いが届いたのが、後半19分。応えたのは2トップだ。

 川崎の最終ラインでのパス回しをFWマルキーニョスがカット。ドリブルで前進し、ラストパスを送った。「角度はなかったけど、相手GKが前に出てきたからかわして打った。篤人の退場も納得いかなかったし、点を取りたかった」と興梠が左サイドから無人のゴールへ押し込んだ。

 ACLソウル戦(6月24日)で退場したMF小笠原は「あの時、10人で頑張る姿を見た。今度は僕がやる番」と奮闘。不慣れな右サイドバックに入ったMF本山も「緊張して集中してできた」と話し、DF伊野波は「10人でボロボロになったら他のクラブと同じ」と常勝軍団たるゆえんを強調する。連勝は8でストップしたが、2位との勝ち点差は8のまま。鹿島の意地だった。

(2009年7月6日06時03分 スポーツ報知)


後半19分、同点ゴールを決めてマルキーニョスと抱き合って喜ぶ鹿島・興梠

誤審を糾弾する報道はない。
これでは日本サッカーの進歩は無かろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク