FC2ブログ

活躍の大迫とヤス

2010年 2月 13日(土)

本日行われたプレシーズンマッチ水戸戦は、大迫選手と遠藤選手のゴールで2-0と勝利しました。

2010 プレシーズンマッチ
いばらきサッカーフェスティバル2010
vs水戸ホーリーホック

鹿島アントラーズ:オズワルド・オリヴェイラ監督
(Q:宮崎キャンプを終えたばかりだが、選手たちのコンディションは?)
いろんな条件の中での試合ではあったが、この試合はこれからチームを作り上げていく段階での一環の試合と位置づけていたがよく出来ていたと思う。前半、水戸は非常にいいサッカーをしていた。選手たちには、キャンプの疲れが多少見えていたが、その中でもよくやっていたと思う。
(Q:10日後にはACLが控えているが?)
今やるべきことは、月曜日に合流する代表選手たちと挨拶をすること。まだ一度もチーム全体で練習をしたことがないので、まずは全員が顔を合わせることが大事。新加入選手もいるのでお互いを知り、意識を高めていくことが大事となってくるだろう。
(Q:今日ゴールをあげた大迫について)
背番号が変わっただけで特に意識はしていないし、彼も同じような気持ちを持っていると思う。彼は昨年もゴールを決めている。成長過程の途中の選手であってまだまだ成長していくべき選手。その成長をうまくサポートできるように指導していきたい。

最後にこの場で取り上げておきたい選手がいます。それは遠藤選手のことなのですが、彼は3年間頑張ってきているなかで今日の試合で(試合に出場する)チャンスを掴んで結果を出すことが出来た。それもハーフウェーラインから利き足の左ではなく、右足でシュートを決めたということは、結果を出したことを含めて今後、彼にとってもさらに自信を深めていくことになるだろうと信じています。


鹿島勝利、大迫が先制弾/プレシーズン
<プレシーズンマッチ:鹿島2−0水戸>◇13日◇ケーズデンキスタジアム
 鹿島が水戸を苦戦の末に2−0で下した。日本代表3人を欠き、さらに宮崎合宿終了翌日の一戦だったため、序盤から疲労で足が止まり、前半は水戸にペースを握られた。小雪も舞い、厳しい冷え込みの中、後半から出場したFW大迫勇也(19)が後半34分に相手DFからボールを奪うと卓越した個人技で持ち込み、先制点をゲット。先発フル出場のMF遠藤康(21)が後半ロスタイムにダメ押し点を奪った。11日の練習試合ホンダロック戦に続く得点をマークした大迫は「前半は流れが悪かったので、自分が入ってリズムを変えたかった。これから始まる公式戦で結果を出したい」と話していた。

 [2010年2月13日20時20分]

鹿島遠藤、逆足の右で63メートル弾
 鹿島MF遠藤康(21)が63メートル弾で定位置争いに名乗りを上げた。鹿島は13日、ケーズデンキスタジアムで水戸とプレシーズンマッチを行い、2−0で勝利。先発フル出場した遠藤は1−0で迎えた後半ロスタイムに超ロングシュートを決めてダメ押し点を奪った。

 小雪舞うピッチで想定外の一撃だ。相手CKがクリアされ、遠藤がこぼれ球を拾う。水戸GK本間がCKで攻め上がっており、無人となった63メートル先のゴールが見えた。利き足とは逆の右足を振り抜き「奇跡。右足だけど、蹴っちゃえって感じだった」というシュートが枠内に転がり込んだ。

 プレシーズンマッチのため公式戦ではなく、過去のJ公式戦でGK3人(うち2人はFK)が決めた距離にも及ばないが、流れの中では異例のロングシュート。宮崎合宿直後でチーム全体の動きは重かったが、遠藤が最後に存在感を示した。

 今季はMF本山の長期離脱が決まり、新外国人MFフェリペガブリエルらと定位置を争う。昨季リーグ戦出場はわずか2試合だが、左足の技術は定評が高いだけに「もっと存在感を見せていかないといけない」と息巻いた。
【菅家大輔】
 [2010年2月14日8時13分 紙面から]


大迫2戦連発!定位置獲りへ猛アピール
 鹿島のFW大迫がJ2水戸とのプレシーズンマッチで対外試合2試合連続ゴールを決めて定位置奪取をアピールした。

 後半開始から出場すると、34分に個人技でペナルティーエリア内に突入して右足でゴール。11日のホンダロックとの練習試合に続くゴールを決め「前半は流れが悪かったので、自分が入って変えようと思っていた。今年は結果を出していきたい」と主力の興梠、マルキーニョスを脅かす活躍を誓っていた。

[ 2010年02月14日 ]

遠藤右足63メートル弾!2列目に名乗り…鹿島
 鹿島は13日、ケーズデンキスタジアム水戸でJ2水戸とプレシーズンマッチを行い、2―0で勝利。MF遠藤康(21)が約63メートルの超ロングシュートを決め、2列目のポジション争いに名乗り。後半ロスタイム、相手GK本間がCKで上がっていたため、無人となったゴールに、右足で蹴り込んだ。「(利き足ではない)右足だったので戸惑ったけど、打てと思って打った。奇跡」と笑み。
(2010年2月14日06時01分 スポーツ報知)

いばらきサッカーフェス 鹿島貫禄6戦全勝
2010/02/14(日) 本紙朝刊 スポーツ A版 6頁
 今年で6度目を迎えたJリーグ2部(J2)水戸と1部(J1)鹿島とのプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2010」(茨城新聞社など後援)は13日、ケーズデンキスタジアム水戸で行い、鹿島が2−0で快勝し、同フェスティバルの対戦成績を6戦全勝とした。
 鹿島は後半にボールを支配し、主導権を握った。34分、FW大迫がドリブルでゴール前に切り込み先制。終了間際には、相手GKの攻撃参加で無防備になった水戸のゴールへ、MF遠藤がロングシュートを流し込んだ。
 水戸は前半に中盤でパスをつなぎ、好機をつくったが、後半は相手の技量に圧倒されて防戦に終わった。

▽プレシーズンマッチ
鹿島 2−0 水戸
0−0
2−0
▽得点者【鹿】大迫(後半34分)遠藤(同44分)

【水戸】4・3・3 GK本間 保崎 作田 大和田 森 中村 村田 大橋 遠藤 白谷 小池
【鹿島】4・4・2 GK曽ケ端 当間 伊野波 大岩 新井場 青木 中田 野沢 遠藤 興梠 マルキ

13 6 21 9
G C F S
K K K H
5 11 17 14
▽交代【鹿】大迫(マルキーニョス)佐々木(興梠)船山(中田)小谷野(野沢)宮崎(新井場)鈴木(伊野波)【水】片山(小池)大塚(白谷)加藤(大和田)島田(大塚)
▽警告【水】保崎
▽退場【水】中村
▽観衆 8518人



【写真説明】
水戸-鹿島 後半34分、先制ゴールを決める鹿島・大迫=ケーズデンキスタジアム水戸


茨城ダービー鹿島快勝
大迫・遠藤がゴール

ボールを追う鹿島・興梠慎三選手(右)と水戸・作田裕次選手
 3月のサッカーJリーグの開幕を前に、J1鹿島アントラーズとJ2水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2010」が13日、水戸市小吹町のケーズデンキスタジアム水戸で行われ、鹿島がFW大迫勇也、MF遠藤康両選手のゴールで2―0で勝利した。粉雪が舞う中、白熱した試合展開に駆けつけた8518人のサポーターらでスタンドは沸き上がった。

 鹿島はMF小笠原満男、本山雅志両選手など主力が不在だったが、リーグ3連覇の貫禄で終始試合を優位に運んだ。後半34分に大迫選手が相手のミスに乗じて先制、ロスタイムには遠藤選手がハーフウエーライン付近からロングシュートを決めてダメ押しした。

 水戸は、新加入選手5人が先発に名を連ねた。FW遠藤敬佑選手の切れ味鋭いドリブルや、新加入の司令塔・大橋正博選手の巧みなゲームメークでゴールに迫ったが、鹿島の固い守備を前に最後までゴールが遠かった。

 試合後の記者会見で、鹿島のオズワルド・オリヴェイラ監督は「水戸は良いサッカーをしていた。鹿島の選手は疲れがある中で良いゲームをしてくれた」と振り返り、水戸の木山隆之監督は「発展途上の新しいチームだが、タフにやれた部分もあるしチャンスもいくつか作れた」と手応えを口にした。

(2010年2月14日 読売新聞)

先制点の大迫と90分間フル出場のヤスである。
大迫はJ2レベルでは止めることが難しいことがよく分かった。
今季はマルキーニョスと興梠を脅かす存在と言えよう。
そして、オリヴェイラ監督絶賛のヤスである。
試合終了間際の63メートル弾は圧巻であった。
それは90分間起用し続けたオリヴェイラ監督の信頼が育んだものと言って良かろう。
今年ブレイク必至である。
注目の選手である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク