FC2ブログ

長春戦コメント

AFCチャンピオンズリーグ2010 予選リーグ 第1戦
vs長春亜泰

鹿島アントラーズ:オズワルド・オリヴェイラ監督
今日試合に勝ったことについては大変嬉しく思う。ACL初戦にしては戦法や狙いも含めてよくやってくれたと思う。ただ欲をいえば、もっと点を取るべきチャンスは何度もあったので点を取れたはず。(小笠原・本山が欠場していたが)チームとしては通常通りのレベルであったし、中田、イ ジョンスを含め、他の選手も本来やるべき役割を発揮してくれた。誰が突出していたというよりもチームとしての部分、安定感は非常によかったと思う。(フェリペ ガブリエルについては)良い活動をしてくれた。チャンスメイクもしてくれたし与えられた役割をこなしてよくやってくれた。彼については今後もっと良くなっていくと思う。ACLは簡単な大会ではない。チームが相手を上回っていてもサポーターあっての後押しが必要だと思っている。平日であってももっとスタジアムに足を運んでチームを後押ししてほしい。

【AFCチャンピオンズリーグ2010 鹿島 vs 長春】オズワルド オリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント(10.02.23)
2月23日(火) AFCチャンピオンズリーグ2010
鹿島 1 - 0 長春 (19:00/カシマ/5,757人)
得点者:42' 中田 浩二(鹿島)

●オズワルド オリヴェイラ監督(鹿島):

Q:シーズンを戦う前にACLを戦うということでやりにくさはあったと思いますが、勝利を手にした率直な感想をお聞かせください。
「勝ったと言うことに関しては嬉しく思いますし、シーズンのスタートを良い形で切れたことは非常に喜ばしいことではないかと思います。ACLというのは、厳しい戦いの大会であって、そのなかで相手の長所を消し、また相手が戦法を変えて戦って来ます。それに対してうまく適応できたのではないかと思います。ただ、ルールがどういう風に今後なっていくのかわかりませんが、得失点差が最後に影響するのであれば、チャンスがあったのですからもう少し点を取るべきだったという欲があります。とはいえ、選手たちが最初の公式戦としては戦法を含めて狙っていたことをやってくれたのではないかと思います」

Q:今日は小笠原選手がいないなかでの戦いでしたが、今日のゲームで目立ったというか良い活躍をした選手はいましたでしょうか?
「全体的には通常どおりのレベルに全員が達していると思います。中田選手にしろ、イ・ジョンス選手にしろ、彼らが本来やるべき役割を発揮してくれたお思いますし、他の選手もチームとしての機能や役割を果たしてくれたと思います。今日に関してはずば抜けて誰かが、というのはいないのではないかと思います。チームとしての安定感が目立った試合だと思います」

Q:フェリペ・ガブリエル選手の今日のプレーの評価をお願いします。
「非常にいい活動をしてくれたのではないかと思います。与えられた役割や狙いをしっかりやってくれたと思います。チャンスメイクもしましたし、求めたものに関してはやってくれたと思います。ただ、もっと良くなっていくと期待していますし、確信しています」
Q:今年こそACLを制覇するという気持ちが強いと思いますが、そのためにはどういう部分が重要になってくるとお考えですか?
「今日見てのとおり、ACLというのは簡単な試合は一つもない大会であって、一年目はホーム&アウェイの方式でしたが、ホームの試合ではお客さんの力が足りないなということをアウェイに行ってその違いを実感しました。二年目は、ラウンド16というものがグループリーグを1位で突破すればホームで戦えるというアドバンテージが与えられることを達成したにも関わらず、内容に関しては相手を上回っていましたが、最後の部分はサポーターの後押しで入ると思いますし、選手のモチベーションもサポーターを見てより入っていく部分があると思います。
今日もスタジアムを見て、また選手たちも気持ちを入れて試合に入ってくれるかな、というのが心配したところでした。ACLに関してはホームのアドバンテージを一番発揮しなければならないところなのですが、それがまだできていないというのが僕が課題としている部分です。せっかくグループステージでアドバンテージを得たとしても、ホームの本当のアドバンテージというものを相手が感じないのではないかと思います。それが例え平日であっても皆さんにはもっと足を運んでもらえたらな、と思います」


以上

【AFCチャンピオンズリーグ2010 鹿島 vs 長春】試合終了後の各選手コメント(10.02.23)
●遠藤康選手(鹿島):
「だいぶ試合に慣れてきました。いつも通りやれたと思います。監督からの指示は『いつもどおりやれば大丈夫だから』と言われました」

Q:少し守備がルーズになっている時間帯での出場でしたが?
「特に細かいことは言われませんでした。紅白戦や練習試合でやってきたことをいつも通りにやれば大丈夫だかたと言われました。なかに入ったとき浩二さんから『ちゃんと(ポジションに)帰って来て』『守備から入って』と言われました。自分も取られたらキツイですしね(笑)」

●内田篤人選手(鹿島):
「ガブ(フェリペ・ガブリエル)はいいんじゃないですか。声もかけてくれるし。顔の割に意外とファイター(笑)。サポーターも良い反応だったし、ああやってくれると次も気持ちよくやれると思う。イ・ジョンスはもう、、、韓国代表だから。クリッとしててかわいいよね(笑)。
変にボールを取られたり、こっちのミスがなければ点は大丈夫だと思っていた。だかた、後ろがやることをはっきりさせた。バランスがテーマじゃないけど、監督からきつく言われていましたから。
(試合中に噛んでいる)ガムはスースー系より、甘い方がいい。眠気スッキリみたいなのを噛んだいんですが小さくなってしまった。今日は嬉しいというよりホッとした」

●曽ヶ端準選手(鹿島):

Q:止めたシュートは1本?
「言われてみれば。ただ、ブレてたし、(岩政)大樹がカバーを早くしてくれてよかった」

Q:相手の高さは気になった?
「今日は不用意なファウルもなかったし良かったと思います。後半の時間帯に少しファウルが増えましたけど、全体としては良かったと思います。ファウルをしてもサイドというよりは相手の深い位置が多かった。最後の方で壁の後ろのスペースで受けられそうになることが2回続いたあとはみんな集中してできていたと思います」

Q:イ・ジョンス選手と初めてやりましたが感想は?
「うまいですよね。ヘディングも強いし、1対1も強い。若干のミスはありましたけど、出来はすごく良かったと思います。
途中からヤス(遠藤)が入ってきたりありましたけど、なかなかあれだけ引かれるとスペースはないし攻めてもないなかしっかり勝てたと思います。いよいよ始まってきたな、という気がします。ACLとリーグ戦のどちらかということではなく、目の前の試合をしっかり勝ちにいきたいです。試合をこなすのではなく、しっかり気持ちを持って臨むとが大事。やるからには全てのタイトルを取りに行きたいです」

Q:杉山選手は緊張していませんでしたか?
「大丈夫でしょ(笑)」

●イ・ジョンス選手(鹿島):
「攻撃と違い、守備では相手をしっかりつかむこと、これを続けていくことだと思います。前半は長身FW、後半はスピードのあるFWと外からはわからなかったかもしれませんが、瞬時に対応することができたと思います。鹿島はすばらしいチームだし、多くのサポーターの皆さんに応援してもらって幸せです。監督から個人的な話はありませんでしたが、パスワークについてのアドバイスは受けました」

Q:鹿島の強さはどこにあると感じましたか?
「このチームの強さは、静かなんですがうちに秘めた強さがあると思いました」


[ AFCチャンピオンズリーグ2010 鹿島 vs 長春 ]

いよいよ開幕したAFCチャンピオンズリーグ2010!

[ AFCチャンピオンズリーグ2010 鹿島 vs 長春 ]

前半終了間際、FKからゴールを決めた中田浩二にフェリペ・ガブリエルと興梠が駆け寄る

[ AFCチャンピオンズリーグ2010 鹿島 vs 長春 ]

ボールを競り合う青木剛(鹿島)とイ・セイン(長春)。

[ AFCチャンピオンズリーグ2010 鹿島 vs 長春 ]

最終ラインで安定したプレーを見せたイ・ジョンス。韓国代表でチームを離れていたが、王者鹿島にまたひとり、頼りになる選手が加入した

[ AFCチャンピオンズリーグ2010 鹿島 vs 長春 ]

後半に足がつり交代を余儀なくされた新加入のフェリペ・ガブリエル選手だが、前線で他の攻撃陣と絡みチャンスも演出した

[ AFCチャンピオンズリーグ2010 鹿島 vs 長春 ]

今季来日10年目となるマルキーニョス選手。現在リーグ戦98ゴールと100ゴールを目前にしているエースは、鹿島のACLとリーグ戦制覇のためのカギを握る。

[ AFCチャンピオンズリーグ2010 鹿島 vs 長春 ]

今季初戦を勝利で飾り、スタンドにあいさつする鹿島の選手たち


ヤスには風格が出てきたと言っても過言では無かろう。
今季の出場機会はかなり多そうである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク