FC2ブログ

ゼロックス・スーパー杯前日コメント

【FUJI XEROX SUPER CUP 鹿島 vs G大阪】前日のオリヴェイラ監督&小笠原満男選手(鹿島)コメント(10.02.26)
●オズワルド オリヴェイラ監督(鹿島):

Q:シーズンの始まりを迎えるこの大会に対する思いと試合の展望について

「(昨年と)同じカードかもしれませんけど、高いレベルの両チームがピッチに立ったときはすばらしい試合があるということは確信していいと思います。できればスタジアムに足を運んで観戦していただければと思いますが、ただ、テレビを通じてもすばらしい試合が見られるのではないかと思います。ここ数年、安定した力を見せている両チームです。本当にすばらしい試合ができればと思っています」

Q:相手チームの良いところ、輝かせてはいけないところを教えてください

「なにか特別にしなければいけない、ということは言うまでもないと思います。選手たちにはこの試合にかける意気込みがありますし、相手の特徴もわかっています。僕が就任した2007年以来、ガンバとの対戦は今回で11回目になります。もう、やるべきことは両チームともわかっているわけで、高い技術とスペクタクルなサッカーが味わえます。また、サッカーの醍醐味であるボールをつなぎながら崩すというところでも見所があるし、魅力が満載ではないかと思います。グランドの中で、ピッチの中で、どちらがうまく相手を崩せるのか、長所を出させない作業ができるのかという部分で、勝敗が決まるのではないかと思います。非常に魅力的なサッカーが見られるのではないかと思います」

Q:敢えてお伺いしますが、どのくらいのスコアになるとお考えでしょうか?

「最初から言っているとおり、チャンピオン同士の戦いです。非常にすばらしい、魅力的なサッカーを見せられる、あるいは見られるということが僕が言えることであって、スコア的なものはファンやサポーター、あるいはメディアのみなさんに判断してもらえればと思います。現場の人間としては、相手に敬意を表さないといけないと思いますし、相手がそれだけの敬意を表しているわけですから、それを我々がしっかりと受けて、やるべきことをピッチの中でやるべきだと思います。良い形になるのか、悪い形になるのかは、最終的に終わったときにしかわからないので、まずは全力を尽くすことが僕の約束するべきことではないかと思います」



●小笠原満男選手(鹿島):

Q:明日の試合に対する熱い意気込みをお願いします。

「数々のタイトルがありますけど、今回は一発勝負ということで、相手もガンバということなので、個人的にも試合をするのが楽しみです。良いゲームをして勝てればいいなと思います」

Q:去年は小笠原選手が出場しないで3−0でした。今年はスコア的にはどのようになるとお考えですか?

「自分が出てないで3−0なので、それ以上取れればいいんですけど、そんな簡単な相手じゃないので、とりあえず勝てればいいと思います」


以上

[ FUJI XEROX SUPER CUP:鹿島 vs G大阪 ]前日会見の様子

いよいよ明日に迫ったFUJI XEROX SUPER CUPの前日記者会見が、キックオフカンファレンス会場内に設置された特設会見場で行われた。
会見に出席した鹿島アントラーズのオズワルド・オリヴェイラ監督、小笠原満男選手、ガンバ大阪の西野朗監督、藤ヶ谷陽介選手が明日の試合へ向けて意気込みを語った。

[ FUJI XEROX SUPER CUP:鹿島 vs G大阪 ]前日会見の様子

握手を交わす小笠原満男選手(鹿島)と藤ヶ谷陽介選手(G大阪)。


明日のゼロックス・スーパー杯へ向けた監督と主将のコメントである。
高いレベルのサッカーをし、我等を魅了して欲しい。
その上で勝利し、連覇という金字塔を打ち立てるのだ。
今年最初のタイトルマッチである。
気持ちが高ぶってくる。
雨を吹き飛ばすが如く、熱い声援を送ろうではないか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク