FC2ブログ

ガンバ戦報道

興梠が切り裂き鹿島V2/ゼロックス杯

2連覇し喜ぶ鹿島イレブン(撮影・鹿野芳博)
<ゼロックス・スーパー杯:鹿島1(5PK3)1G大阪>◇東京・国立
 代表復帰した鹿島FW興梠慎三(23)が、闘志あふれるプレーを日本代表の岡田監督に見せつけた。「体調は次第に上がってきている。自分のプレーはできていたと思う」。50メートル5秒台の俊足をいかした突破でG大阪守備陣に脅威を与えた。前半15分にはFWマルキーニョスのパスに反応し、DFラインの裏に飛び出してゴールを襲った。自陣に戻り、激しいタックルでボールを奪う場面もあった。「もっと裏を取りたかった」と反省したが、攻守で2連覇に貢献した。

 日本代表合宿中の2月3日朝「岡田監督の部屋に呼ばれて話をされた」。精神面の甘さを指摘され、東アジア選手権メンバー落選を通達された。「どこを変えろとかは言われなかった」。これまでも決して手は抜かなかったが、それでも同監督の目には何かが物足りなく映ったのか。鹿島の宮崎合宿では長距離走を120%の力で走り込んだ。今以上に自分を追い込み、いじめ抜いた。

 後半3分の決定機でヘディングシュートを外すなど、「決定力不足」と振り返った。普段から「早く結果が欲しい」と口にするように、3月3日のバーレーン戦では、結果でも岡田監督にアピールする。
【菅家大輔】
 [2010年2月28日8時50分 紙面から]


鹿島オリベイラ監督、内田も疲労が心配

ゼロックス・スーパー杯を2連覇しオリベイラ監督(右)は内田と喜び合う
<ゼロックス・スーパー杯:鹿島1(5PK3)1G大阪>◇東京・国立
 鹿島のオリベイラ監督も日本代表DF内田篤人(21)の過密日程による体調面を心配した。試合後の会見で、連係不足など課題が出ながら勝利を挙げたチームに一定の評価を与えるなど穏やかに話していたが、内田の体調について聞かれると一変。「彼はタフさはそれほどない。代表とも連絡を取り、食事の質や量を考えてもらう。試合数が増えれば使い方を考える。心配しながら使う」と慎重に話した。

 [2010年2月28日8時50分 紙面から]


【鹿島−G大阪】小笠原(右)は遠藤と激しく競り合う(撮影・鹿野芳博)

鹿島連覇!宿敵G大阪下す/ゼロックス杯
2010.2.28 05:03
 富士ゼロックス・スーパーカップ(27日、鹿島1−1(5PK3)G大阪、国立)Jリーグの3連覇王者が、PK戦の末に宿敵・G大阪を下して、ゼロックス杯の連覇を飾った。

 「正直90分で決めたかったけど、勝つと負けるのとでは気分も違う」と主将のMF小笠原。2年連続でのG大阪との激突で、昨年同様、開始早々の猛攻をしのぎきると前半18分に新加入の韓国代表DF李正秀がPKをゲット。これをFWマルキーニョスが決めた。同ロスタイムに同点に追いつかれたが、90分を終えて突入したPK戦でも5人全員が確実に決めた。

 主力MF本山の故障離脱が続く中、後半20分には新MFフェリペガブリエルに代わり2列目でMF遠藤康が出場。「獲れそうと思ったから行っただけ」と同姓の日本代表MF遠藤から果敢にボールを奪ってシュートと、若手もアピールした。

 これも昨季と同じ浦和との開幕戦(カシマ)は6日。2−0で勝った昨季以上の圧勝で、V4ロードをスタートさせる。
(丸山汎)


ゼロックス杯に勝利しサポーターに挨拶する鹿島イレブン=東京・国立競技場(撮影・川口良介)


鹿島アントラーズ・5人目のマルキーニョスが成功させ勝利を決める=国立競技場(撮影・大橋純人)


PK戦 鹿島5人目のマルキーニョスが成功させ勝利を決める。手前はガックリするG大阪GK藤ヶ谷


PK戦1人目のG大阪・遠藤保仁は枠外に外す=国立競技場(撮影・大橋純人)


試合に勝利しトロフィーを手にするも、表情を変えない鹿島・小笠原=27日、東京・国立競技場


ゼロックス杯で優勝し、カップを掲げて歓喜する、小笠原(中央)ら鹿島イレブン=27日、東京・国立競技場


鹿島−G大阪 後半、オーバーヘッドシュートを放つ鹿島・マルキーニョス(手前)=国立競技場


前半、競り合うG大阪・遠藤(右)鹿島・小笠原=27、東京・国立競技場


前半、G大阪チョ・ジェジン(中央)に空中戦で競り勝つ鹿島・岩政=27日、東京・国立競技場


小笠原は満足せず「90分で決めないと」

<鹿島・G大阪>前半、G大阪・遠藤保仁(左)と競り合う鹿島・小笠原満男
Photo By 共同

 【鹿島1―1(PK5―3)G大阪】チームでの今季初戦となった鹿島MF小笠原は、決定力を今後の課題に挙げた。「勝てたことは良かったけど、90分で決めたかった。リーグ戦はPKがないので90分でしっかり決めないと」と勝利を評価しながらも満足はしていなかった。

 またMF中村の横浜復帰が決まったことを受け、「イナ(稲本)や伸二(小野)も帰ってきたし、Jリーグ全体が盛り上がっていけばいい」と歓迎した。

[ 2010年02月28日 ]







遠藤が本山の穴を埋めて2連覇!…鹿島

優勝杯を高々と掲げ喜んだ小笠原(中央)ら鹿島イレブン

 ◆富士ゼロックススーパーカップ 鹿島(J1優勝)1―1G大阪(天皇杯優勝)=PK5―3=(27日・国立) PK戦を5人全員が成功したJ王者の鹿島が2年連続5度目の制覇。史上初のリーグ4連覇(3月6日開幕)&ACL初優勝へ向け、好スタートを切った。

 最初のタイトルを手にした鹿島がACL初制覇、リーグ4連覇へ、盤石の態勢を整えた。後半20分、途中出場したMF遠藤がドリブルからのシュートと見せ場を作り、ヘルニアの手術で長期離脱したMF本山の穴を埋める活躍。オリヴェイラ監督も「若手から脱却するチャンス。着実に成長している。期待している」と目を細めた。

 能力は同期で日本代表MF香川真司(C大阪)以上といわれ、07年に鹿島に入団。紅白戦などで何度も対戦する内田が「(Jリーグ全体で)ヤス(遠藤)が一番嫌な選手。何を仕掛けてくるか分からない」というほどのスピード、技術を持つ。高校時代に対戦した際、遠藤のパスワークに走り回され、ハーフタイムに失神に追い込まれた経験もあるほどだ。


後半39分、シュートを放つ鹿島・遠藤(左はG大阪・安田理)

 これまで中盤の層が厚く、出場機会は少なかったが、今季はポスト本山の期待がかかる。「モト(本山)さんがいないから、勝てないとは言われたくない。試合にだいぶ慣れてきた。周りが見えてきた」と遠藤。リーグ、ACL同時制覇へのキーマンだ。

 ◆遠藤 康(えんどう・やすし)1988年4月7日、宮城県仙台市生まれ、21歳。千葉など5クラブが獲得に名乗りを上げた中、07年に塩釜FCから鹿島入団。利き足の左足から放たれる正確なパスと、重心の低いドリブルが持ち味。04、05年とU―18東北代表として臨んだU―18日本代表戦で、2戦2勝する快挙に貢献した。趣味は昼寝。リーグ通算4試合無得点。168センチ、69キロ。

(2010年2月28日06時01分 スポーツ報知)

2連覇に小笠原「良いスタート」…鹿島
 ◆富士ゼロックススーパーカップ 鹿島(J1優勝)1―1G大阪(天皇杯優勝)=PK5―3=(27日・国立) 鹿島は大会2連覇を達成した。前半20分、DFイ・ジョンスが獲得したPKを、FWマルキーニョスが決めて先制。不運なゴールで追いつかれたが、決定機の数ではG大阪を上回り、PK戦でも5人全員がゴール右へ決めた。MF小笠原は「確かに勝ちは勝ちだけど、できれば90分間で決めたかった。でも、勝ったから良いスタートになった」と笑顔だった。
(2010年2月28日06時01分 スポーツ報知)


鹿島・小笠原と競るG大阪・遠藤

富士ゼロックス杯 鹿島連覇で幕開け
2010/02/28(日) 本紙朝刊 スポーツ A版 5頁
今季のJリーグ開幕(3月6日)を前に、国内サッカーシーズンの幕開けとなる富士ゼロックス・スーパーカップは27日、東京・国立競技場で行われ、昨季Jリーグ王者の鹿島と天皇杯全日本選手権を制したG大阪が対戦し、1-1からのPK戦の末、鹿島が2年連続5度目の優勝を飾った。賞金3千万円を獲得、自らの大会史上最多優勝記録を更新した。
昨年と同じ顔合わせになり、鹿島は前半20分、FWマルキーニョスがPKを左隅に決め先制。前半終了間際に同点に追い付かれ後半、シュート9本を放つなど優位に試合を進めたが、勝ち越し点は奪えなかった。PK戦はG大阪の1人目、MF遠藤が外したのに対して先攻の鹿島は5人全員が決めた。


【写真説明】
鹿島−G大阪 後半24分、G大阪・遠藤(右)と競り合う鹿島・遠藤=国立競技場


ヤスの躍動を報じる報知が素晴らしい。
今季のキーマンと言えよう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク