FC2ブログ

岳くんのラストパス

鹿島内定の柴崎に大声援!J選抜Vs高校選抜
2010.2.27 18:18

日本高校サッカー選抜の10番を背負い、パスを出す柴崎岳=国立競技場(撮影・大橋純人)
 初の試みで行われたU−18(18歳以下)Jリーグ選抜−日本高校選抜は1−1で引き分けた。最も注目を浴びたのは、高校2年生ながらJ1鹿島入りが内定している柴崎(青森山田)。高校選抜で右CKから同点ゴールをアシストした。

 早くからスタンドに集まっていた鹿島サポーターからは柴崎コールが沸き上がった。「ちょっと恥ずかしかったけれど、期待されているのを感じた。それに応えられるように頑張りたい」と、逸材MFは照れくさそうに笑った。



後半、CKから山本(左)の同点ゴールをアシストし笑顔を見せる日本高校サッカー選抜・柴崎岳(右) =国立競技場 (撮影・大橋純人)

鹿島内定の柴崎、同点弾をアシスト
2010.2.28 05:00
 27日、初の試みで行われたU−18(18歳以下)Jリーグ選抜−日本高校選抜は1−1で引き分け。鹿島と仮契約を結んだMF柴崎(青森山田高2年)が高校選抜のボランチで先発し、0−1の後半開始早々に右CKで同点弾をアシストした。準優勝だった先月の高校選手権決勝以来の国立で、鹿島ファンから「しばざき!!」の大コールを受けた17歳は「ものすごく期待されていると感じた。応えるためにもこの1年間しっかりやりたい」と力を込めた。

柴崎同点アシスト!鹿島ファンの期待に応えた

<U―18Jリーグ選抜・日本高校サッカー選抜>後半、シュートを放つ日本高校サッカー選抜の柴崎岳
Photo By 共同

 富士ゼロックススーパー杯の前座試合としてU―18Jリーグ選抜―日本高校サッカー選抜のフレンドリーマッチが行われ、1―1で引き分けた。J選抜は前半24分、DF松原健(大分U―18)のゴールで先制。高校選抜は後半6分、鹿島入りが内定しているMF柴崎岳(青森山田)のCKから高校選手権得点王のFW山本大貴(ルーテル学院)が同点弾を決めた。

 日本高校選抜のMF柴崎が、U―17日本代表のチームメートを中心に構成されたユース選抜を相手に存在感を見せつけた。鹿島サポーターから「柴崎コール」がわき起こる中、後半6分に右CKからFW山本の同点弾をアシスト。試合後には鹿島サポーターが陣取るスタンドにあいさつに出向き「(柴崎コールは)最初は恥ずかしかったけど、物凄く期待されてるんだなと感じた。その期待に応えるためにもこの1年間頑張っていきたい」と決意を新たにしていた。

[ 2010年02月28日 ]

【FUJI XEROX SUPER CUP 2010 フレンドリーマッチ U−18Jリーグ選抜 vs 日本高校サッカー選抜】試合終了後の各選手コメント(日本高校サッカー選抜)(10.02.27)
●柴崎岳選手(青森山田)
「内容はともかく、同じ年代のユースの選手がたくさんいて、楽しみでした。彼らと凌ぎを削れてよかった。引き分けだけど、物凄く楽しい試合でした」

Q:改めてJユースと戦って、高校との違いは?
「どちらにも利点があったり、Jユースは技術が高くて、足元がうまい。高校は運動量、闘争心、メンタルが強い。どちらにも利点があります。一番いいのは、どちらもマッチしているのが理想ですね。いい部分を吸収し合ってやっていければいいと思います」

Q:鹿島のサポーターから応援がありましたが。
「最初は恥ずかしい気持ちがあったけど、応援されてるということで、期待されてるなと感じることが出来た。サポーターの期待が柴崎コールに現れていたと思います。その期待に応えるために、1年間頑張っていきたい」


岳くんには非常に期待しておる。
本人も自覚しておる模様。
高校最後の一年をサッカー漬けで楽しんで欲しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク