fc2ブログ

ペルシプラ・ジャヤプラ戦報道

興梠弾で鹿島決勝T一番乗り/アジアCL

前半26分、チーム2点目のゴールを決める鹿島FW興梠(共同)
<アジアCL:鹿島3−1ペルシプラ>◇30日◇1次リーグ◇F組◇ジャカルタ

 F組首位の鹿島が、4連勝で1次リーグ突破を決めた。アウェーで最下位ペルシプラに3−1で快勝。出場32チーム中、決勝トーナメント一番乗りとなった。親善試合セルビア戦(4月7日、長居)の日本代表に選ばれたFW興梠慎三(23)が、公式戦6試合ぶりのゴールとなる決勝点を奪取。不振から脱出する手応えをつかむと同時に、チームを勝利に導いた。

 6試合ぶりの心地よいゴールの感触をかみしめた。1−1の前半26分。MF野沢の右からのクロスに反応した興梠が、胸トラップから流れるような動作で右足を振り抜くと、強烈な決勝弾が突き刺さった。「これをきっかけに、また(得点を)取れればいい」とホッとした表情を浮かべた。

 暗いトンネルから、ようやく抜け出した。最後のゴールは6日のリーグ開幕浦和戦。その後は何度も好機を迎えながら、ことごとくシュートを外し続けた。だが、昨季の3カ月半無得点の経験から「状態は悪くないし、そういう時は考えすぎない方がいい」。前向きな気持ちを失わなかったことが、結果につながった。

 父親の死去で急きょ遠征を回避したFWマルキーニョスのために「マルキの分もオレが頑張る」と奮起。24日のホーム、ペルシプラ戦などでハーフタイムの最中にも「興梠コール」を続けたサポーターに「点を取れてないのに、ありがたい」。傷心の仲間、背中を押してくれたサポーターへの思いを込めた一撃だった。

 日本代表のチームメートDF内田も腰の張りを抱えながらフル出場。前半34分にはゴール前のこぼれ球に詰め、だめ押し点を奪った。29日から自身が出演したソニーのテレビCMも放送開始となった「旬の男」は「一番簡単なシュートだった」と笑顔で振り返った。

 この日の勝利で鹿島は出場32チーム中、最速で1次リーグを突破した。興梠にとっては4月7日のセルビア戦に向け再加速を予感させるゴールでもあったが「もっと決めたかった。次につながればいい」と淡々と話した。悲願のアジア制覇達成まで、満足感には浸らない。

 [2010年3月31日9時25分 紙面から]

鹿島21歳遠藤が貴重な先制弾/アジアCL
<アジアCL:鹿島3−1ペルシプラ>◇30日◇1次リーグ◇F組◇ジャカルタ

 鹿島の、絶好調の21歳MF遠藤康が、この日も結果を残した。前半開始わずか57秒。DFジウトンの左からのクロスに反応し、ペナルティーエリア内に飛び込むと利き足とは逆の右足で合わせ、先制点を奪取。9日のACL全北現代戦の決勝点、27日のリーグ山形戦での2得点に続く、貴重なゴール。それでも「個人としては動けなかった。(試合前の雨で)ピッチが水っぽくて足が重かった」と満足はしていなかった。

 [2010年3月31日8時49分 紙面から]

鹿島3発!4戦全勝で1次L突破/ACL
2010.3.31 05:03

開始1分、先制ゴールを決める遠藤。1次リーグ突破に向け、鹿島が幸先のいいスタートを切った(共同)
 ACL・1次リーグ第4戦(30日、ペルシプラ1−3鹿島、ジャカルタ)1次リーグ第4戦を行い、F組首位のJ1鹿島が、敵地ジャカルタで同組最下位のペルシプラ(インドネシア)に3−1で勝ち、4戦全勝。勝ち点を12として、3勝1敗の全北(韓国)とともに同組2位以内を確定し、3季連続の決勝トーナメント進出を決めた。H組では初出場のJ1広島がアデレード(豪州)を1−0で下し、1勝3敗とした。

 肌寒い日本から一転、気温29度と高温多湿の敵地で始まった一戦。前半1分でMF遠藤が先制したものの、同点とされていた同26分。FW興梠が嫌な流れを断ち切った。胸でトラップし、振り向きざまに右足でボレーシュート。FWマルキーニョスが父親の急死で離脱する中、豪快な決勝弾でチームを救った。

 同34分にはDF内田もゴール前へ滑り込み、3点目。日本代表コンビの連続ゴールでの快勝に、オリベイラ監督は「前半で3点取れたので、さらに多く(点を)取る必要はなかった」と余裕の表情だった。

 無傷の4連勝で、早くも16チームによる決勝トーナメント進出が決定。「一つ一つ確実に歩んで目的を達成したい」と力を込める指揮官の下、チームが見据えるのはJ4連覇とACLの2冠だ。来月28日に全北とのホーム対決を残すが、悲願のアジア制覇へまず1次リーグ首位突破を目指す。



鹿島−ペルシプラ 前半、2点目を決める鹿島・興梠=ジャカルタ(共同)


鹿島−ペルシプラ 前半、先制のゴールを決めてガッツポーズする鹿島・遠藤。奥は興梠=ジャカルタ(共同)


興梠16強弾!W杯出場へアジアで結果出した

<ペルシプラ・鹿島>前半26分、2点目を決める鹿島・興梠慎三
Photo By 共同

 アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグ第4戦が30日に各地で行われ、F組の鹿島はアウェーでペルシプラ(インドネシア)に3―1と快勝して4連勝。同組2位以内が確定し、クラブ史上最速で16チームによる決勝トーナメント進出を決めた。4月7日のセルビア戦(長居)日本代表に選出されたFW興梠慎三(23)が前半26分に勝ち越しゴール。W杯メンバー入りへ猛アピールした。

 興梠が意地の一撃を決めた。1―1で迎えた前半26分、MF野沢からの右クロスを胸トラップで冷静に足元へ落とすと、右足でゴールへズドン。19分に同点とされ、相手ペースとなっていた時間帯に嫌な流れを断ち切る勝ち越し弾。「とにかく結果が出せてよかった」。W杯メンバー発表前最後の試合となるセルビア戦へ向け、しっかりとアピールした。

 セルビア戦には、同じくスピードが売りのFW永井(福岡大)が選出。日本代表の岡田監督は永井について「興梠に匹敵するスピードを持っている」と高評価しており、危機感がさらに増した中で試合を迎えていた。自身も3月6日の浦和戦でゴールを決めて以来、公式戦5試合連続無得点。復調のきっかけをつかむ6試合ぶりのゴールとなった。

 昨季リーグ戦で12試合連続無得点だった時期に交代を告げられ、ベンチで悔し涙を流したことがある。リーグ3連覇に貢献した自負はあるが、年間を通してコンスタントに活躍できなかったという思いが強い。今季も浦和戦以降は決定機まで持ち込みながらゴールを奪えていなかっただけに、「これで次につながるかな」と悪夢を振り払う一発に笑顔が戻った。

 チームは父親の急死で離脱したFWマルキーニョス抜きでACL16強入り。今季公式戦無敗も9試合に伸ばした。自信を取り戻しつつある興梠は「まずは(4月4日の)仙台戦だね」と、代表合流前最後の試合でさらなるアピールを誓った。

[ 2010年03月31日 ]

内田がダメ押し!100メートル疾走弾
 【ACL 鹿島3―1ペルシプラ】鹿島の日本代表DF内田が前半34分、カウンターで自陣ゴール前から相手ゴール前まで約100メートルを疾走して追加点。腰痛で26日の練習を休んだ不安を一掃した。

 「こういう相手にはカウンターが基本。簡単なシュートだったよ」と言ってのけた。高い湿度の中での試合だったが、これまで吐き気予防のためかんでいたガムがなくても問題なくプレー「必要ないからね」と笑顔だった。

[ 2010年03月31日 ]


鹿島―ペルシプラ 前半、先制のゴールを決めてガッツポーズする鹿島・遠藤。奥は興梠
Photo By 共同


鹿島4戦全勝!クラブ最速で決勝T!…ACL
 ◆アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグ第4節 ▽F組 ペルシプラ1―3鹿島(30日・ゲロラ・ブンカルノスタジアム) F組の鹿島がアウェーでペルシプラ・ジャヤプラを3―1で下し、無傷の4連勝を飾った。3位長春亜泰がアウェーの全北現代戦に0―1で敗れたため、鹿島の2位以上が確定し、一番乗りでの決勝トーナメント進出を決めた。試合開始から57秒でMF遠藤康(21)が先制点を挙げると、同26分、日本代表FW興梠慎三(23)が決勝弾。さらに同33分に日本代表DF内田篤人(22)が追加点を挙げた。H組の広島はホームでアデレードUを1―0で下し、初勝利を挙げて1勝3敗とした。

 ありったけの気持ちがこめられた。1―1で迎えた前半26分、右サイドのMF野沢がゴール前へ速いクロスを送る。FW興梠は胸トップで落とすと、かぶせるように右足を振り下ろした。いつもより激しく、いつもより鋭く腰を回した。ゴール右へ突き刺さる決勝弾。「もっと決めたかったけど、決められてよかった」。試合途中ながら安どの表情が浮かんだ。

 気温29度、湿度89%。ピッチは東南アジア特有の高温多湿に包まれた。5分も動けば髪先に汗がしたたり、シャツが重くなる。だが、「マルキがいない分、俺がやらないといけない」と走り回った。28日未明、ジャカルタへ出発する直前にエースFWマルキーニョスの父が他界。遠征メンバーから外れた。「最高のパートナー」と語る相棒へ、励ましの一撃だ。

 そのマルキーニョスがこの日、鹿嶋市内のクラブハウスで練習を再開した。最愛の存在を亡くしてから2日後のこと。いつまでも癒えることのないショックを抱えながら、チームが敵地で試合に臨む開始8時間前、ピッチに帰ってきた。異口同音に「マルキの分までやらなければ」と発したチームメートの言葉が聞こえたのか。少なくとも興梠は、奮起した。

 これでグループリーグ開幕から無傷の4連勝を飾った。3位長春が全北に敗れたため、グループリーグF組2位以内が確定。全8組で一番乗りで決勝トーナメント進出を決めた。4節目での突破は、クラブ最速記録だ。ただ、DF岩政は「想定の中で一番の結果だけど、1位にならないと。そして、ベスト8に進出しなければ意味がなくなる」と先を見据える。

 リーグ浦和戦(6日)以来、公式戦6試合ぶりの得点となった興梠も「これをきっかけに点を取れればいい。次につなげたい」と喜びに浸るつもりはない。クラブ悲願のアジア初制覇へ、第1関門を突破したに過ぎない。

 ◆決勝トーナメント日程 16強による決勝トーナメントは5月11、12日に行われ、鹿島がF組を1位通過した場合、H組の2位と、2位通過の場合はH組の1位と12日に対戦する。準々決勝第1戦は9月15日、第2戦は22日。準決勝第1戦は10月5日または6日に行われ、20日に第2戦。決勝は11月13日に国立で行われる。

(2010年3月31日06時03分 スポーツ報知)

ニッカンは興梠とヤス、サンスポはオリヴェイラ監督のコメント、スポニチは興梠と篤人、報知は興梠である。
ゴールを決めたそれぞれの選手にスポットが当たっておる。
先日の代表選出で記事にしやすい興梠が中心となるのも致し方のないところ。
そんな中で、スポニチは篤人がガム無しで活躍したとの情報と、報知はマルキーニョスがクラブハウスで練習を開始したとのスクープを報じておる。
どちらも我等にとって有益な情報であり、とても嬉しい。
篤人はこれで完全復活と言って良いであろう。
マルキーニョスは悲しみに暮れながらもブラジルへの帰国はしなかったということなのであろう。
今後の二人に注目である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク