FC2ブログ

興梠語る

代表落選の鹿島・興梠「大ショックではない」
2010.5.10 16:49
 激戦だったFW陣の中で、最後まで代表候補に名前が挙がっていた鹿島の興梠は、惜しくも涙をのんだ。10日は、2日後に控えたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に向けて、午前中から実践形式を交えた全体練習に参加。切れ味のいい動きをみせ、好調さをアピールし、約2時間汗を流した。
 代表発表前に、練習場を後にした興梠は、笑顔で記者団の前に現れ、「(選ばれることは)ないから。名前がなくても大ショックというわけではない」と開き直ったように笑顔で語った。
 一方で、中沢、闘莉王の控えとなる第3のDFについて、同僚の岩政を指名。そちらも予想が的中する形となった。


落選を語る興梠である。
予想通りの展開ということで、あっけらかんとしたものと言えよう。
興梠の代表に於ける起用方法、招集の状況を考慮すれば、本戦への道は皆無であった。
ただし、Jリーグに於ける興梠の活躍はここで語るまでもなく素晴らしいものであったので、周囲は放っておかなかっただけである。
南アフリカの地は踏めぬこととなったが、まずはACL決勝の血である国立を目指し、そしてFIFAクラブワールドカップ2010が開催されるアラブ首長国連邦の地を踏んで欲しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク