FC2ブログ

イ・ジョンス、定位置を狙う

サッカー:鹿島・李&京都・郭、韓日戦でアピールなるか
センターバックで早々に「合格」の趙容亨、コンビを組むのは?
 24日に行われるサッカーの韓日戦は、代表DF陣にとっては貴重な実践の機会となる。「ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会のギリシャ戦(6月12日)までに、強化試合は3試合しかない。これからはベストメンバーでDFの組織力を完成させなければ」と関係者は口をそろえる。許丁茂(ホ・ジョンム)監督も、FW陣では多様な組み合わせを試すが、DFの方は連携プレー自体を完成させていきたいとの思いがある。

 センターバックは趙容亨(チョ・ヨンヒョン)=済州=がメーンとなる。趙容亨は許監督の就任後、最多となる30試合に出場し、4バックの真ん中の席を早々に確定した状態だ。2008年10月のアラブ首長国連邦(UAE)戦で相手FWに球を奪われ1点を許すなど、ミスも何度かあったが、W杯が近づくにつれ安定感が増している。

 許監督は、趙容亨について「クレバーな頭脳プレーでピンチを防げる選手」と評価。すでにレギュラーの座が約束されたようなものだ。

 センターバックで趙容亨とコンビを組むDFとして、李正秀(イ・ジョンス)=鹿島=と郭泰輝(クァク・テフィ)=京都=が激しいライバル争いを繰り広げている。これまでのところ、趙容亨−李正秀のコンビの方が結果がいい。許監督就任後、趙容亨−李正秀コンビは12試合で5失点(1試合平均0.4失点)、趙容亨−郭泰輝は5試合で7失点(同1.4失点)という成績だ。李正秀はスピードが、郭泰輝は空中戦に強い点がそれぞれ評価されている。

 左サイドバックの李栄杓(イ・ヨンピョ)=アル・ヒラル=も韓国DF陣の要だ。2002年、06年と2大会連続でW杯に出場した李栄杓は、豊富な経験とずば抜けた実力で、DFの中心的役割を担う。

 一方、右サイドバックの座をめぐっては、呉範錫(オ・ボムソク)=蔚山=と車ドゥリ(チャ・ドゥリ)=フライブルク=がしのぎを削る。どちらが本大会行きの切符を手にするのか、韓日戦での出来次第で運命が分かれそうだ。


さいたま=チャン・ミンソク記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


韓国代表のレギュラーを狙うイ・ジョンスである。
スピードの有るCBとして世界に名を轟かせて欲しい。
鹿島が誇るアジアの壁として羽ばたくのだ。
期待しておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク