FC2ブログ

イ・ジョンス、世界へ

国際親善サッカー 鹿島・李が韓国DF統率
日本・攻撃陣に仕事させず
 韓国代表の攻撃の中心がMF朴智星(マンチェスターU)なら、守備の中心は鹿島のDF李正秀(30)だ。センターバックで先発フル出場し、ほころびを見せず、日本の攻撃陣に仕事をさせなかった。
 前線でポジションチェンジを繰り返してくる日本に対し、中央の位置から落ち着いて対応。セットプレーは中沢のマークに当たり自由を与えなかった。クロスボールも確実にはね返すなど90分間、Jリーグ同様の安定感で後方を締めた。
 欧州で実績ある選手も多く、史上最強の呼び声高い韓国。前線には朴のほかFW朴主永(モナコ)らが並ぶ中、京都、鹿島とJリーグ挑戦2年目の李は「韓国の人たちには、Jリーグで戦っている選手は海外組ではない。それでもヨーロッパで戦っている選手たちに負けない気持ちでプレーしている」。伝統の日韓戦で見せた出色の出来は、心の内の強い自負にほかならない。
 韓国代表は本大会へ向け、来日メンバー26人を23人に絞る。「けがさえなければメンバーに選ばれるだろうと思っている」。既にW杯の大舞台が思い描かれている。



【写真説明】
日本−韓国 前半3分、空中で相手と競り合う韓国・李正秀=埼玉スタジアム


韓国代表の中心DFのイ・ジョンスである。
鹿島と同様の安定感で日本に仕事をさせず、完封に貢献した。
Jリーグでは高さと強さを見せつけるが、本来は速さと巧さの選手である。
技巧はDFとして世界に名を馳せよ。
楽しみなW杯が近付いてきた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク