fc2ブログ

シャルケ・篤人、攻撃に手応え

シャルケ内田ほろ苦デビュー/ブンデス
<ブンデスリーガ:ハンブルガーSV2−1シャルケ>◇21日◇ハンブルク

 【ハンブルク(ドイツ)=中野吉之伴通信員】シャルケの日本代表DF内田篤人(22)にとって、ほろ苦いリーグデビュー戦となった。内田はハンブルガーSV戦の後半14分から途中出場。1−1で迎えた後半38分、自分の守る右サイドを破られ、痛恨の決勝点を許した。守備の課題が浮き彫りになる一方で、ロスタイムには左足の強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かすなど、持ち前の攻撃力も発揮。試合には敗れたが、今後への手応えもつかんだ。

 内田の一瞬の迷いが、決勝ゴールにつながった。後半38分、右サイドで相手FWゲレーロにパスがわたる。「取りに行こうか迷った」。体を寄せるタイミングが遅れたところ、大外からMFゼ・ロベルトに飛び出された。縦パスを送られ、独走を許す。FWファンニステルロイの決勝点を見送るしかなかった。

 不運もあった。後半14分に途中出場したが、1分後にDFヘベデスが相手選手の突破をファウルで止め、2枚目のイエローカードで退場。1人少なくなり、ボランチのジョーンズがセンターバックへ下がったが、この場面ではジョーンズのカバリングがなかった。内田は「一人少なくなり、どうやってやるのかなと探りながらやった。むこうは両サイドにいい選手がいたから気をつけていたけど」と悔しげに話した。

 リーグ初戦となったハンブルガーSV戦。先発出場が期待されたが、ベンチスタートとなった。マガト監督は「このリーグに慣れている」という理由で、本職はボランチというMFマティプを右サイドバックで先発起用。しかし、右サイドを破られて先制点を許すなど、アウェーでの奇策は裏目に出た。1点を追う展開に、マガト監督から「(攻めて)行け」と指示され、ピッチに送り出された。

 守備の課題が浮き彫りとなる一方で、持ち前の攻撃力は見せた。後半ロスタイム、MFモリッツが下げたボールに後方から走り込み、ペナルティーエリア外から左足の強烈なシュートを見舞った。横っ跳びした相手GKロストのファインセーブに阻まれたが、敵地の相手サポーターからは大きなため息が漏れた。

 33年前の奥寺康彦(当時ケルン)以来、日本人8人目となるドイツ1部リーグでデビューを果たした。内田は「攻撃では裏に抜けて振り切れば、いける感触はあった」。ほろ苦さは残るが、手応えもつかんだ。
 [2010年8月23日8時21分 紙面から]

内田、ホロ苦デビュー「求めていた世界」
2010.8.23 05:03

ブンデスリーガデビューを果たした内田(右)。攻撃参加の持ち味と守備の課題の両面が出た(共同)

 ブンデスリーガ今季初戦のハンブルガーSV戦(21日、アウェー)で、シャルケの日本代表DF内田は0−1の後半14分に右サイドバックで交代出場。リーグ戦デビューを果たしたが、投入直後に味方DFが退場、38分には相手のオーバーラップについていけずFWファンニステルロイの決勝点につながるクロスを許した。ロスタイムの強烈な20メートル左足ミドルはGKにセーブされた。内田は「雰囲気が全然違うし、こういう中でやれるのは幸せ。試合に出られるのか出られないのか、緊迫感があるのは自分が求めていた世界」と前を向いた。(ハンブルク=円賀貴子通信員)

先発奪取だ!内田“攻撃の切り札”で豪快ミドル
 鹿島からシャルケに移籍した日本代表DF内田篤人(22)が21日、ハンブルガーSVとの開幕戦でリーグ戦デビューを果たした。後半14分から途中出場し、1点を追う後半ロスタイムには約20メートルの位置から左足で豪快なミドルシュートも放った。試合は1―2で敗れたが、随所で持ち味の攻撃力を発揮して定位置奪取をアピールした。

 内田が名刺代わりの豪快なミドルシュートで5万7000人の観衆を沸かせた。「雰囲気は全然違うし、こういう中でできればサッカー選手として一番幸せじゃないかな」と振り返ったデビュー戦の後半46分だ。FWモリッツのポストプレーからパスを受けて左足を強振。「本当は右足で(打つようなパスを)欲しかったけど。コースも甘かったかな」と話したが、ボールは枠をとらえてGKは両手ではじくのが精いっぱい。こぼれ球に詰めたMFシュミッツが決めていれば同点という決定機を演出した。

 開幕スタメンが濃厚とみられていたが、マガト監督は右サイドバックに本来はボランチのカメルーン代表MFマティプを起用する守備的布陣でスタートした。だが、後半開始直後に先制点を奪われると、同14分に内田が攻撃的な切り札として投入された。15分に退場者を出して10人となってからも指揮官の指示を受けて高い位置から積極的に攻撃参加。内田は「前にいい選手が多いので絡めればおもしろい」と手応えを口にした。

 ただ、守備での連係には課題を残した。1―1の後半38分には1対2の数的不利をつくられて右サイドを崩され、決勝点を奪われた。10人となった不利な状況ではあったが「(ボールを)取りに行こうかどうか迷った。このチームはDFラインがすごく高いので最初は戸惑った。でも、そういうやり方なので合わせていかなきゃいけない」と反省した。

 次戦は28日のハノーバーとのホーム開幕戦。次戦も先発かベンチスタートとなるかは不確定だが「そういう緊迫感が自分の求めてきた世界」と覚悟はできている。W杯南アフリカ大会では定位置争いに敗れて出場なし。巻き返しを期す内田の戦いが始まった。
[ 2010年08月23日 ]

内田、デビュー戦弾丸ミドル!
 ◆ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ハンブルガーSV2─1シャルケ04(21日・HSHノルトバンク・アレナ) シャルケ04の日本代表DF内田篤人(22)が21日の開幕戦・ハンブルガーSV戦に途中出場し、リーグ戦デビューした。0―1の後半14分から登場し、ミドルシュートでゴールを脅かす一方で、決勝点に直結する突破を許した。試合は1―2で敗れた。

 手応えと反省が同居するリーグデビューになった。開幕戦・ハンブルガーSVの本拠地で31分間プレーした内田は「雰囲気が全然違う」と充実感を漂わせた。

 後半14分にマガト監督から「(攻めて)いけ」と指示され、右サイドバックで登場した。15分にセンターバックのDFヘベデスが2枚目の警告で退場。1―1に追いついた38分に球際の攻防で「取りにいくか迷って」MFゼ・ロベルトに抜けられてクロスを上げられ、FWファンニステルローイに決勝点を献上。ばん回しようとロスタイムに攻め上がり、約20メートルの左足シュートを放つもGKに好セーブされた。

 不出場に終わった南アW杯から、言葉も文化も違う環境に飛び込んだ。「慣れることが大事。自分の力を信じるだけ」と必死に前を向いた。
[2010/8/23-06:01 スポーツ報知]

内田、ミドルシュートで観客沸かせる…ドイツデビュー
 ◆ドイツ・ブンデスリーガ第1節 ハンブルガーSV2─1シャルケ04(21日・HSHノルトバンク・アレナ) 日本代表DF内田篤人が加入したシャルケは、今季初戦となった敵地でのハンブルガーSV戦に敗れた。内田は0―1の後半14分から右サイドバックで出場して同リーグデビューを果たした。

 リーグ初戦でデビューを果たした内田は「雰囲気が全然違う。まあ、場数じゃないかな。慣れていければいい」と、言葉に実感を込めながら流れる汗をぬぐった。

 持ち味は攻撃参加だ。1点を追う展開で右サイドバックに投入された際、マガト監督から「(攻めて)行けと指示された」という。敵陣深くで見せ場をつくる。ロスタイムに放った約20メートルの左足シュートはGKの好セーブに阻まれた。

 課題の守備のミスは致命傷となった。球際の争いで「取りに行こうか迷った」ために対応が遅れ、縦パスで背後へ走り抜けられた。そのままクロスを上げられ、勝ち越し点を許した。「反省して、次はしっかり」。出ばなをくじくほろ苦い経験も、成長の糧にするつもりだ。
(共同)
[2010/8/22-16:54 スポーツ報知]


独ブンデス・リーガを楽しむシャルケの篤人である。
守備ではミスがあったものの攻撃には手応えを感じた様子。
おもいっきりの良さで、ドイツのピッチを駆け抜けろ。
攻撃に絡んでこその篤人である。
持ち味を発揮して、早く馴染んで欲しい。
楽しみにしておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク