fc2ブログ

ナビスコ杯、輝きを増す男

【ヤマザキナビスコカップ・準々決勝迫る! 今、輝きを増す男たち】中盤のバランスを一手に引き受ける:中田浩二(鹿島) (10.8.30)
■中田浩二(鹿島) 1979年7月9日生まれ・31歳
昨季途中からレギュラーポジションを獲得すると、5連敗と沈んだチームを見事に救い、3連覇の立役者となった中田浩二。今季も開幕当初からなくてはならない存在感を見せている。7月9日には31歳となり誕生日にはチームメイトからブラジル式の手荒い祝福を受けたが、年齢とともに輝きは増すばかりだ。ただ、その輝きは色合いを微妙に変えながらここまで来た。

以前の中田は、2000年のヤマザキナビスコカップでMVPを獲得したように、当時監督を務めていた世界的名ボランチのトニーニョ・セレーゾの指導を受け、得点も奪える大型ボランチとして成長していた。特に鹿島では本田泰人、熊谷浩二といった運動量豊富な選手に囲まれ、さらにバックラインには秋田豊、相馬直樹、名良橋晃と日本代表選手が揃い、守備の安定度が高かった。そのため、攻撃力の高い中田は、その特長を存分に活かすために、積極的に前に飛び出しチャンスに絡んでいくことができた。
ただ、同時に1998年から日本にやってきたフィリップ・トルシエ日本代表監督のもと、彼が提唱する3バックには欠かせない存在となっていった。それを可能にしたのは適応力の高さだろう。長年、ともに戦って来た本山雅志はその要因を「浩二は頭が良いから」と分析する。もともとMFの選手ながら、急遽抜擢されたDFとしても高い能力を発揮しながら順応。FIFAワールドユース選手権(99年ナイジェリア)、オリンピック(00年シドニー)、そしてワールドカップ(02年日韓)とトルシエの秘蔵っ子としてプレー。ついにはトルシエとともに海を渡り、オリンピック・マルセイユへ移籍を果たすのである。
しかし、08年の夏場に鹿島へ復帰すると、かつてのダイナミックなプレーは影を潜めていた。それもそのはず、膝の軟骨は潰れかけ、すぐに水が溜まる症状と戦わざるを得ない状態だった。センターバック、サイドバック、ボランチと、数多くのポジションができるマルチロールとして期待された鹿島復帰だったが、満足なプレーを見せることができない。08年のヤマザキナビスコカップでも準々決勝第2戦にセンターバックとして出場したが、相手のスピードに翻弄される場面も多く、思うようなプレーができない日々が続いた。

それが今季は違う。
「今年はイメージ通りのプレーができている」
若かりし頃のように自身がゴール前に飛び出す場面は少なくなったが、流動的に動く鹿島の中盤のバランス修正を一手に引き受けている。さらに、ボールが転がってくる場所があらかじめわかっているかのような位置取りで、セカンドボールを次々と拾っていく。調子の良さは得点力も呼び覚ました。Jリーグ第14節のジュビロ磐田戦ではするするとゴール前まで侵入し、相手DFがマークにつけないままヘディングシュートを叩き込んだのである。
ヤマザキナビスコカップは、ここからトーナメントでの戦いとなる。1つのゴールが勝敗を大きく左右する。機を見た中田の攻撃参加が、頂点に上り詰めるための武器となることは間違いない。


以上

ニューヒーロー賞候補の大迫に続き、ナビスコ杯・ベテランのキーマンとしてユダが取り上げられておる。
中盤のバランスを取らせれば、世界屈指の能力を持つユダは、トニーニョ・セレーゾに鍛えられ、ボランチとしての才能を一気に開花させた。
同期の本山に「頭が良い」と言わせしめるのである。
1979年組では最初にデビューも飾っておることがそれを物語っておろう。
彼の才能・能力に関してはここでは語り尽くせぬ。
三冠以降、2003年までの栄光は彼がもたらせたと言っても過言ではない。
ただ、記事にもあるように、2008年の帰参後は万全の状態ではなかったことも事実である。
チームとしても苦しかったが、本人がもっとも苦しんだであろう。
しかしながら、昨季以降の貢献は計り知れぬ。
ユダ無くして三連覇は成し得なかったであろう。
今季も彼には活躍してもらいたい。
小笠原をおとりにスルスルと上がっていく姿もスタジアムならではの楽しみである。
ナビスコ杯・天皇杯・リーグ戦と栄冠を重ねるために、ユダの力に期待したい。
頼みにしておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク