FC2ブログ

キャプテンマーク、柴崎岳

高円宮杯GL最終節。土壇場で輝くホンモノは?
グループD 9月18日11時〜 駒場
ジェフ千葉U-18 vs 青森山田


MF 10 柴崎 岳(青森山田/3年)
その底力を示せるか

第1戦の静岡学園戦は逆転負け。第2戦の立正大淞南戦は2-2のドロー。混戦の予想されたグループDだが、静岡学園が2連勝で抜け出した一方、もう一つの本命だった青森山田は出遅れている。その青森山田の腕章を巻いているのが、この柴崎岳。すでに鹿島への入団が内定しているゲームメーカーは、高度な技術と戦術眼を備えた大会屈指の名手だが、今大会はまだ真価を見せていない。追い込まれた状況での“底力”に期待したい。


JEFユースと戦う岳くん率いる青森山田である。
高円宮杯では不調ではあるが、地力は持っておる。
キャプテンマークを巻く岳くんが本領を発揮すれば、巻き返しもあろう。
高校時代にタイトルを残すのも良い思い出となる。
勝者のメンタリティを培うためにも、底力を魅せて欲しい。
岳くんに期待である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク