fc2ブログ

大宮戦報道

マルキが初ハット 鹿島首位へ5差/J1

後半13分、ゴールを決めた鹿島FWマルキーニョス(撮影・下田雄一)

<J1:鹿島3−0大宮>◇第23節◇18日◇カシマ

 鹿島が大宮に快勝して2位に浮上、名古屋に勝ち点5差とした。

 エースの爆発で、追撃態勢が整った。大宮戦の後半13分。すでに2得点の鹿島FWマルキーニョス(34)は、後方のMFフェリペ・ガブリエルからのリターンパスを受けると、素早く反転。殺到する3人のDFを一瞬で置き去りにし、右足を振り抜いた。「味方との連係で取れたので、すごくいいゴールだったと思う」。正確を極めたシュートは、左ポストの内側をたたき、ゴール内に転がった。

 Jリーグ10年目のストライカーにとって、意外にも初のハットトリック。「正直うれしい。いつもハット目指してプレーしているから。2点目を取った後、冷静にやっていれば、もっと早く3点目が取れたと思うけどね」と笑った。

 右太もものケガで離脱した8月には、チームはリーグ5試合未勝利とスランプに陥った。エースが戻った9月は2連勝。マルキーニョスが得点した試合では、これで今季6勝1分けと無敗記録も続いている。オリベイラ監督は「彼がいるかいないかで、相手の心理状態も変わる。彼がいいプレーをすると、味方にも自信が芽生える」と影響力の大きさを強調した。

 暑さと過密日程にさいなまれた8月には、終盤に運動量が落ちて相手の猛攻を許したチームも、これで2試合連続完封勝利。DF岩政は「正直涼しくなって、日程に余裕もできれば、うちの強さは健在だと感じている」とうなずいた。夏は苦戦しても秋口から巻き返す、リーグ3連覇の必勝パターンに重なってきた。

 マルキーニョス本人も異常気象の今夏を、冷房フルパワーで自室を気温18度に保つことで乗り切った。温存されたパワーが、勝負の秋に爆発した形だ。これで首位名古屋との勝ち点差は5。岩政は「選手的には、勝ち点2ゲーム差以内かどうかで、気持ちが変わる。7から5に差が縮まったのは大きい」と頂点を視野にとらえた。【塩畑大輔】
 [2010年9月19日8時40分 紙面から]



鹿島対大宮 2点目のゴールを決め喜ぶマルキーニョス(撮影・下田雄一)

鹿島・マルキーニョス、意外な初ハット
2010.9.19 05:01
 J1第23節第1日(18日、鹿島3−0大宮、カシマ)すでにJリーグ史に残る助っ人・鹿島のFWマルキーニョスが3ゴールの爆発。J1通算得点を歴代4位の107へと伸ばした。しかし、意外なことにハットトリックは初めてだ。

 「日本に来て10年目。やっと達成できて、うれしいです」

 ピッチ上での激しさとは正反対の静かな口調で喜びを語った。運にも恵まれた。1点目は前半11分、MF中田のシュートが右足に当たってコースが変化。2点目は同26分、混戦から頭で押し込んだが、直前のプレーで味方選手がオフサイドのようにも見えた。

 01年に東京Vに入団して以降、5つのクラブでプレーした。なかでも鹿島での活躍は顕著だ。07年の移籍以来、3季すべて優勝している。逆転での4連覇へ、やはりエースの力は欠かせない。(須田雅弘)


鹿島−大宮 後半13分、ハットトリックを達成してポーズをとる鹿島・マルキーニョス=カシマ


鹿島−大宮 前半26分、自身2点目のゴールを決めて喜ぶ鹿島・マルキーニョス=カシマ


マルキ初のハット!鹿島V4へ中盤の構成力復活

<鹿島・大宮>後半13分、ハットトリックとなる3点目のゴールを決める鹿島・マルキーニョス
Photo By スポニチ


 【鹿島3―0大宮】鹿島のFWマルキーニョスが来日10年目でリーグ戦初のハットトリックを達成し、大宮に3―0で快勝。今季通算9得点とし、5年連続2ケタ得点へ王手をかけたブラジル人ストライカーは「いつもハットトリックを目指していたからハッピーだね」と笑顔を見せた。

 本来の強い姿が戻ってきた。MF小笠原が右太腿裏の違和感を訴えて前半21分に退くアクシデントがあったが、この日は本来の運動量が復活。3分け2敗と勝ちなしだった8月の5試合の平均気温が29度だったのに対し、この日は午後3時開始ながら24・5度。DF岩政は「涼しくて(試合間隔が)1週間空けば、ウチの強さは健在だなと実感できた」と話すように、中盤の支配権を握れたことがマルキーニョスの3得点につながった。

 これで首位・名古屋との勝ち点差を5とし、2位に浮上。夏場に失速した鹿島が、得意の季節で追い上げに入る。

 ≪マルキーニョスのハットは220試合目で初≫鹿島FWマルキーニョスがハットトリックを達成。歴代4位のJ1通算107得点のストライカーは、J1では過去15試合で1試合2得点を記録していたが、3得点は通算220試合目にして初めて。ちなみにACLでは08年3月12日のクルンタイ銀行(タイ)戦で3得点している。現在J1通算70得点以上は23人いるが、ハットトリックを達成していないのは遠藤(G大阪=77得点)だけになった。
[ 2010年09月19日 ]


<鹿島・大宮>後半13分、ハットトリックを達成してポーズをとる鹿島・マルキーニョス
Photo By 共同


マルキーニョス、10年目初ハット!…鹿島

前半26分、2点目のゴールを決め喜ぶ鹿島・マルキーニョス

 ◆J1第23節 鹿島3―0大宮(18日・カシマ) 試合後、FWマルキーニョスはベンチに座っていた。目線の先には、テレビインタビューを受けるオリヴェイラ監督がいる。「いつもハットを狙っているけど、なかなかできなかった。ようやくできてうれしい」。来日10年目でのハットトリック達成。インタビューが終わった指揮官と、シャツがしわくちゃになるほど、抱きしめ合った。

 同監督から「点を取ってこい」とは言われない。「冷静に。やれることだけをやればいい。必ずお前は点を取れる」。その“おまじない”を聞きたいがために、試合中にベンチ前を訪れることもある。鹿島に入った07年から14、21、13得点と量産する秘けつだ。離日、来日の航空便も同じとする間柄。3月に実父が他界したが、もう一人の父親的存在が支えている。

 2連勝で首位・名古屋との勝ち点差は5に縮まった。「これからも勝ち続けていきたい」。今季9得点目を挙げたマルキーニョスのエンジンが温まってきた。

(2010年9月19日06時01分 スポーツ報知)


後半13分、ハットトリックを決めた鹿島・マルキーニョスは、サポーターに向かってVサイン(右は新井場)

各紙、Jリーグ初ハットトリックのマルキーニョス一色である。
当然と言えよう。
ピッチを所狭しと走り続けたガブさんや、完封に出色の出来であったイノパンのようにスタジアムに来なければ分からぬ選手を取り上げるよりも、結果を出したFWにスポットを当てるべきであろう。
特に報知は、オリヴェイラ監督のおまじないのコメントを取っており好感が持てる。
この“父”に捧げるゴールで、この先も鹿島に勝利を呼び込んで欲しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク