FC2ブログ

田代・誓志、奮闘

【J1:第23節 仙台 vs 山形】試合終了後の山形選手コメント(10.09.19)
●田代有三選手(山形):

Q:前回と相手の印象が変わったところは?
「特にはないですけど、センタリングのときにすごいマークされてるなというのは感じましたし、仙台の守備がしっかりしてるなと思った。そのなかでも入れられるシーンがあったので、そのチャンスに決めていればと思います」

Q:小林監督からはメンタルが弱いという話がありましたが?
「それまでは展開もよかったし、ボールも支配していたんですけど、1点入れられて圧力をみんな感じているような展開だった。そこで1回落ち着かせて、まだ点を取れるんだぞというのがないと、ああいうふうな展開になってしまう。前線が点を取らないといけないんですけど、全体的に気落ちしているような感じがしたので。申し訳ないです」

Q:ブーイングされたことについては?
「当たり前だと思います。1点目を取られて、0-2で負けてしまっていいところがなかったので、ブーイングされるのは当たり前だと思うし、それをちゃんと受け止めて次の試合につなげないと意味がないと思います。山形のサポーターがすごくいい雰囲気をつくってくれたので、アウェイという感じはしなかったし、入り方もよかったですけど、どうしても失点してから。みんなもうちょっと上を向いて頑張っていきたいところでした」

Q:失点前から流れが変わった時間があったが?
「少し押し込まれたシーンはありましたけど、失点するまでは本当によかったと思うので。あれを続けていかないといけないし、1点取られてからも点が取れるという気持ちをもっと強くもってやらないと、ああいうふうな内容になってしまいます」

Q:今日はサポートは十分得られたと感じますか?
「今日はグラウンドが悪かったので裏を狙っていこうと思って、そんなに足元は受けにいかないようにしてたんですけど、裏へ抜けたときに早く来てくれていたので、そこへ早く預けて、もっと中で勝負しなければいけなかったです」


[ J1:第23節 仙台 vs 山形 ]

持ち味のパスセンスを生かして中盤で奮闘した増田誓志(写真)だったが、チームは得点を奪うことができず仙台に0-2で敗れて3連敗となった。

厳しいマークを受けた田代と中盤でセンスの片鱗を魅せた誓志である。
チームは敗れ、気持ち的に落ち込むこともあろう。
ここで思い出して欲しい、勝者のメンタリティを。
二人は鹿島の一員なのである。
山形としては、山形にその一部分だけでも持ち込んで欲しいという思惑もあろう。
気持ちを高ぶらせ、山形をJ1残留に導くのだ。
頑張って欲しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク