FC2ブログ

誓志、プラス思考

こんなときこそプラス思考で。増田選手「勝てなかったことをマイナスに考えるのではなく、みんながよくなっているというふうにとらえてほしい」
3連敗のあと、最下位・湘南にドロー。苦しい試合が続くなか、10月は上位4チームとの対戦を控えているが、近くで取材している側からすれば、さほど心配はしていない。
理由のひとつは、戦力的には今年も厳しく、2年目の戦いという難しさもあるということをシーズン前に覚悟していたこと。
もうひとつは、毎日チームの練習を見ているからだろう。シーズンは長いから、多少の好不調の波はあるわけで、今は確かに結果は出ていないが、きっとよくなると思える練習内容と、選手たちの取り組みを見ているからだ。
この状況を「苦しいですよ、もちろん」と話したのは増田誓志選手。特に攻撃的な選手だけに、責任は人一倍感じている選手だが、「湘南戦で、勝たなきゃいけないという部分は、この何試合かでは一番出ていた。3連勝したときに比べたら、内容はいい。勝てなかったことをマイナスに考えるのではなく、みんながよくなっているというふうにとらえてほしい」と話していた。

(山形担当 佐藤円)2010年9月28日 20:23

ポジティブな誓志である。
誓志がレンタルで所属している山形は、三連敗の後に最下位の湘南に引き分けと4試合勝利に見放されておる。
周囲は不安になるであろう。
ここで、誓志の経験が活きておる。
鹿島で培った強いメンタリティが、周囲に与える影響は大きい。
本人は苦しいと述べながらも、内容の良さを周囲に伝えておる。
ここから巻き返せばよいのだ。
目標のJ1残留までもう少しのところまで来ておる。
ここが踏ん張りどころと言えよう。
誓志から田代へのホットラインで勝ち点を拾って行くのだ。
期待しておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク