fc2ブログ

キッカ監督の教え

鹿島ユース・キッカ新監督「文武両道」
 鹿島ユースのキッカ新監督(40=ブラジル)が27日、鹿島クラブハウスで会見し、ユース年代からの常勝スピリッツ注入を宣言した。「大会では必ず勝つことを意識させる。全員をトップに上げたいと思っている」と話した。今年から明治製菓の栄養士と契約し、鹿嶋市内のユース寮の食事メニューも改善する予定だ。キッカ監督は「体のケアが大事。勉強もおろそかにしてはいけない」と文武両道も目標に掲げた。
 [2011年1月28日7時50分 紙面から]

“ジーコまな弟子”キッカ氏が日本V太鼓判
2011.1.28 05:01

 ユース新監督に就任したジーコ元日本代表監督のまな弟子で、ブラジル人のキッカ氏(40)が日本代表のアジア杯制覇に太鼓判。07年から3年間、サウジアラビアU−17代表監督を務めた同氏は、来日前に見たブラジルのテレビ中継でも解説者が日本の速いパスワークを高評価していたといい、「今や日本は世界の中でも脅威とされる存在」と話した。04年以来全国制覇から遠ざかるユースの再建を目指し「育成年代から常勝軍団のスピリットを植えつけたい」と意気込んだ。

鹿島ユース新監督、キッカ氏就任「文武両立させたい」
2011年1月28日0時34分

 鹿島アントラーズのユースチームの監督に、ブラジル出身のキッカ氏(本名=ジョアキン・フェレイラ・ダ・シルバ・フィーリョ)が就任することになり、27日、鹿嶋市のクラブハウスで記者会見が開かれた。

 キッカ氏は40歳。1987年から94年にかけてブラジルで選手生活を送った。95年からはブラジルやサウジアラビアで13歳から15、17、20歳の各年代の監督に就いた後、昨年はサウジアラビアの20歳以下の監督だった。鹿島アントラーズは96年からキッカ氏の仕事ぶりに目をつけていたという。キッカ氏自身はアントラーズで活躍したジーコと親交があり、彼の勧めもあって来日を決意したという。

 記者会見でキッカ氏は「こんにちは。キッカです。よろしくお願いします。頑張ります」と日本語であいさつ。指導方針について問われると「体のケアを大事にした上で文武を両立させ、できることなら全員をトップチームへ押し上げたい」と語った。

 ブラジルへ遠征した日本の少年選手たちを多数見てきたこともあり、記者から日本選手の感想を聞かれると「落ち着き、冷静さが少々欠けるかな。ボールを受けても自分ひとりでプレーするのでなく、みんなを使って攻めるのがチームプレーだということを伝えたい」

 やや緊張した面持ちだったが、家族のことを聞かれると「2歳の息子が卵をサッカーボールのように蹴りつけようとするので大変」と破顔した。


キッカ監督の就任がニュースになっておる。
ユース年代からブラジル人監督に教えを受けた選手たちは、勝者のメンタリティを受け継ぎ育って行くであろう。
文武両道となり、どのような道へ進もうとも、世の中のため、世界のために貢献できる人材となってくれることを信じておる。
キッカ監督に育成された選手たちが鹿島を引っ張る日もそう遠くない。
楽しみにしたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク