FC2ブログ

新井場・梅鉢、吹田で汗

G大阪“救いの手”鹿島・新井場らに練習施設提供
 G大阪が20日、東日本大震災でチーム活動停止中の鹿島DF新井場徹(31)とMF梅鉢貴秀(18)に練習施設を提供した。G大阪ユース出身の新井場は03年までG大阪に在籍し、関大一出身の梅鉢は地元が高槻市。この日までに鹿島の鈴木満強化部長から山本取締本部長の方へ連絡が入り、実現した。2人はジムなどで汗を流した。

 西野監督は「こういう状況だから。ウチのグラウンドを使ってもらってよい」と快諾。山本本部長も「サッカー人というより、人間として当たり前のこと」と話した。普段はライバルクラブ同士ながら、未曽有の危機だけに協力を惜しまない姿勢を示した。

 鹿島の選手は中田ら6選手が宮崎市内で合同自主トレをするなど各自で活動している。
[ 2011年3月21日 06:00 ]

鹿島・新井場らに練習場快く提供…G大阪
 被災によりチームが活動休止中で、地元の大阪に帰省中の鹿島DF新井場、MF梅鉢にG大阪が万博の練習場を提供した。G大阪出身の新井場から依頼があり、これを快諾。西野朗監督(55)は「こういう状況だし、どんどん使ってくれればいい」と話した。この日、チームは京都と練習試合を行い、0―0の引き分け。MF遠藤は「一番の目的はコンディションを崩さないことなんで」とドローも前向きにとらえていた。
(2011年3月21日06時01分 スポーツ報知)

G大阪が鹿島選手に万博練習場を開放
 東日本大震災で被災したJ1鹿島のDF新井場徹(31)とMF梅鉢貴秀(18)が20日、大阪府吹田市にあるG大阪の万博練習場に姿を現し、汗を流した。2人とも大阪出身で、新井場はかつてG大阪に所属した縁がある。

 鹿島は現在、クラブが解散状態。2人は大阪に避難したが、練習場所の確保に困った。平時ならリーグで覇権を争うライバル選手でも、同じJリーグの仲間として見過ごすことはできない。西野朗監督(55)が「こういう状況だし、オファーがあれば可能な限り協力したい。いい準備をしてくれれば」と理解を示し、G大阪が救いの手を差し伸べた。

 日本代表として、29日の慈善試合に出場するMF遠藤保仁(31)も「クラブの事情が許せば、どんどん利用してもらえばいい。助け合いながらやっていきたい」と、全面的なアシストで協力を惜しまない姿勢を見せた。

(2011年3月20日)

ガンバの練習場で調整する新井場と梅鉢である。
チームは無期限の休止中であり、選手としては明日が見えぬ。
とはいえ、身体を維持しておかねばならぬ。
ここは、ガンバの好意に甘えさせて頂きたい。
また、新井場のプロ意識をマンツーマンで伝授される梅鉢には良い経験となろう。
肉体だけでなく、精神も鍛え上げられて欲しいところ。
そして、公式戦再開時には、ガンバに感謝の意として、強い鹿島を見せつけようではないか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク