FC2ブログ

小笠原満男、チーム東北発起人へ

小笠原が司令塔 集まれ東北人Jリーガー

鹿島のクラブハウスで、被災地の惨状について語る小笠原

 岩手・盛岡市出身で鹿島MF小笠原満男(31)が25日、茨城・鹿嶋市内のクラブハウスで東北復興のかじ取り役となることを約束した。すでに宮城出身で日本代表のJ2東京DF今野泰幸(28)、秋田出身のJ2草津MF熊林親吾(29)らと連携を取り、東北出身Jリーガーを中心に、サッカー用品を被災地に届けるなどの支援を検討。送付ルートも自ら考え出した。この日、第1弾としてウエア、シューズなど段ボール104箱を母校の大船渡高に届けた。

 小笠原は鹿島が活動休止を決めた15日以降帰省し、母校や避難所5カ所を訪問した。惨状を目の当たりにし、「家や家族を失った人がたくさんいて、日本中でなんとかしようという状況の中で、自分も何かしたいと。今のところ、東北出身Jリーガー、岩手出身JリーガーOBたちと連携を取って、サッカー用品などの物資を被災地に届けようと思っています」と語った。

 震災で大きな被害を受けた岩手県大船渡市の大船渡高OB。被災者を励ます中で「物資は届いていると思うが、欲しいものが欲しいところに届いていない」と気付いた。そこで、「地元の人たちなら、どの避難所の方々が何を欲しいか情報をもっているはず」と、帰省中に県内のサッカー関係者と交渉。東北サッカー協会、大船渡高、高校時代の恩師斎藤重信氏が勤務する盛岡商などを届け先にして、教員、生徒らに協力を依頼し、物資を送付する手段を準備した。

 この日、小笠原が個人で送ったウエア、シューズなど段ボール104箱分が大船渡高に届いた。また契約するスポーツメーカーを通じ、段ボール40箱分のサッカー用品も27日に同高に届く予定。小笠原は「被災地を見て、グラウンドがなくなってサッカーを続けられない子どもたちも多い。サッカー人口が減れば、チームもつぶれてしまう。グラウンドの修復費用とか、東北サッカーの復興につながるような募金活動もしていきたい」と話した。

 一方、被災地の惨状に「1人でできることは限られている」と痛感。選手会の藤田会長(J2千葉)から「何かできないか」と相談を受けたことを明かし、今後は選手会との連携による支援も検討している。

 29日の慈善試合(大阪・長居)のJリーグ選抜に選ばれた小笠原はこの日、鹿嶋市内のグラウンドで、自主トレを始めた。「被災地の方々を励まそうと思って現地に行ったけど、逆に励まされて帰ってきた。被災した方も、援助する方も、みんな一生懸命。自分も全力でプレーしたい」と決意を述べた。【塩谷正人】
 [2011年3月26日8時7分 紙面から]


“チーム東北”発足 小笠原「物資届ける」

<鹿島・小笠原 自主トレ>沈痛な面持ちで被災地の現状を語る小笠原
Photo By スポニチ


 東日本大震災からの復興支援のため、岩手県出身の鹿島のMF小笠原満男(31)が“東北出身Jリーガーの会”を発足させた。25日に「東北出身Jリーガーのグループをつくった。できる限りの物資を届けようと思っている」と説明した。

 17〜23日は岩手県に滞在し、高校時代を過ごした大船渡市、妻の出身地である陸前高田市を訪問。避難所4カ所に足を運んだが、支援物資が十分に行き届いていない現実を知った。

 FC東京のMF今野ら東北出身の多くの選手から「何か協力できないか」との連絡を受け、支援グループ発足を決意。東北サッカー協会を窓口に、既に衣類などの物資供給を開始している。募金活動なども検討しており「グラウンドもスパイクもボールもなくなり、このままではサッカーをやめてしまう子供も出ると思う。個人的にはサッカーで集めたお金をサッカーの復興に使えないかと考えている」と明かした。
[ 2011年3月26日 06:00 ]

声かけられ決意 小笠原「最初はやれる状況ではないと思っていたけど」
 東日本大震災からの復興支援のため、岩手県出身の鹿島のMF小笠原満男(31)が“東北出身Jリーガーの会”を発足させた。

 25日に「東北出身Jリーガーのグループをつくった。できる限りの物資を届けようと思っている」と説明した。

 29日の慈善試合ではJリーグ選抜での出場が決まっており、この日から自主トレを開始。「最初はサッカーをやれる状況ではないと思っていたけど、避難所で多くの方から“サッカーを楽しみにしている”と声を掛けられてサッカーも力になれるのかなと思った。頑張っている姿を見せたい」。被災地を目の当たりにしてきた小笠原は、神妙な面持ちで話した。
[ 2011年3月26日 07:39 ]

小笠原、“チーム東北”で地元支援だ!
 鹿島のMF小笠原満男(31)が25日、東北サッカー復興のために物資支援、募金活動を行う考えを明かした。出身地の岩手県盛岡、高校時代を過ごした大船渡が被災。宮城出身のDF今野(F東京)ら東北出身Jリーガーと協力し、スパイク、ボールなどのサッカー支援にも乗り出す。

 岩手5か所の避難所を訪れた小笠原は「グラウンドもないし、サッカー少年がどんどん離れてしまうかもしれない。でも、あきらめないで、というものをやっていきたい」。すでに用具契約を結ぶkappa、鹿島の選手からジャージー、靴を集め、被災地へ配送。今後は募金も視野に入れ、支援の輪を拡大させていく。

 岩手から24日に帰郷し、この日は29日の慈善試合へ向け、自主トレを開始した。「東北のみんなは苦しいのを見せずに前向きに頑張っていた。僕もサッカーで一生懸命頑張っているところを見せたい。それも自分にできること」。これまで「勝つために」やってきたサッカー。これからは「東北のために」ボールを蹴る。

(2011年3月26日06時00分 スポーツ報知)

昨日、毎日新聞が報じた満男の物資支援プロジェクトをスポーツ紙が報じておる。
満男の思いが伝わって来る。
サッカー界全体で東北を、日本を復興させようではないか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク