FC2ブログ

小笠原満男、立つ

小笠原がカズと復興支援協力→即直談判
 「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」は今日29日、大阪・長居スタジアムで開催される。28日に同会場で公式練習が行われ、鹿島MF小笠原満男(31)が、復興支援に向けた強い決意を表した。被災した故郷岩手県に入り、厳しい状況を目にしたからこそ、小笠原は「被災者の方々に比べたら、僕なんて全然大変じゃない。被災地の方々が一生懸命頑張っている姿を見たので、苦しい時にそれを思い起こしたい。試合で少しでも明るい話題を提供したい」と言い切った。

 被災地で苦しい思いをしている人々に今度は自分が勇気を与える番だ。「被災者の方々の姿は一生忘れることはない。きついのに歯を食いしばって頑張っていた。試合では自分が一生懸命さを伝えられればいいと思う」。被災者の思いを背負いピッチに立つ。

 復興支援のため、J2横浜FCのFWカズ(三浦知良=44)とタッグを組む。チーム宿舎でカズに「サッカーで集めたお金でサッカー界も復興したい。グラウンドをつくったり。被災地では子どもたちがサッカーをやる環境がなくなりやめてしまう」と現状を伝えた。これにカズも「小笠原の話を聞いてハッと気付かされた。サッカー少年のために何かできることをやりたい」と即答。日本協会の小倉会長に直談判し、小笠原の思いを伝えたという。

 この日の公開練習で精力的な動きを披露した小笠原は「やるからには勝負だから勝ちたい」と話した。チャリティーマッチが一夜の夢ではなく、復興への足がかりになると信じている。【菅家大輔】
 [2011年3月29日7時55分 紙面から]


避難所にテレビを…岩手出身の小笠原がお願い
2011.3.28 21:05


シュート練習する小笠原満男=28日、長居(撮影・山田喜貴)

 サッカー慈善試合J選抜練習(28日、長居)取材が終わると、Jリーグ選抜の小笠原は「ひとつお願いがあるんですが…」と報道陣に切り出した。

 「被災地ではテレビを見られない人もたくさんいるんです。より多くの人に見てもらえる方法を協力してもらえませんか。避難所に小さなテレビを持ち込むとか…」。18日に生まれ育った岩手県大船渡市と妻の実家がある陸前高田市の避難所を訪れた。現地の実情を知るからこそ、の言葉だった。

 所属する鹿島も被害を受けたが、故郷の悲惨な状況が明らかになるにつれ、居ても立ってもいられなかった。「行かずに後悔するのは嫌だった」という小笠原は家族を連れ、丸1日かけてたどり着いた。「何と表現していいのか…。知らないところに行った感覚。一生忘れることはない」と現場の状況を振り返る。

 その場で被災者の人たちが下を向かずに頑張っている姿を目の当たりにし、慈善試合への出場を決めた。三浦らとも話し合い、被災地のサッカーを復興させる計画も胸に温めている。「一生懸命さを出せて、それを伝えられたら」という今回の慈善試合を、その手始めとする考えだ。(産経新聞)


ミニゲームで競り合う、Jリーグ選抜の小笠原(右)と関口=長居


義援金に協力したサポーターの子供の頭をなでる小笠原満男=28日、長居(撮影・山田喜貴)


故郷が被災、小笠原「東北サッカー復興を」
2011.3.29 05:04


練習で俊輔(左)が小笠原を励ますように、両肩に手を置いた (撮影・山田喜貴)

 東日本大震災の復興支援慈善試合「がんばろうニッポン!」が29日、大阪・長居スタジアムで行われる。Jリーグ選抜のMF小笠原満男(31)=鹿島=は28日、訪問した岩手など被災地へ勇気を送るプレーを約束。FW三浦知良(44)=横浜FC=はゴールを決めて、“カズダンス”で日本中を元気づけることを誓った。日本代表は風邪をひいていたDF長友佑都(24)=インテル・ミラノ=が、強行出場を宣言した。

 熱い思いを胸に、MF小笠原がピッチに立った。公式練習のミニゲームではボレーシュートを決め、白い歯も見せた。

 「被災地の皆さんは疲労、ストレスを抱えて厳しい状況だと思う。一生懸命プレーして頑張っているところを見せたい」

 正面を見据えて口にした。故郷を突然襲った悲劇。いても立ってもいられなかった。鹿島が活動休止となった翌日の17日には丸一日かけ、自家用車に物資を積んで日本海回りで岩手沿岸部に向かった。「行かないと後悔すると思った」。高校時代を過ごした大船渡市、夫人の故郷・陸前高田市など4カ所の避難所を訪れた。

 「知らない場所に来たみたい…。自分の知っているところ、見てきたものすべてがなくなっていた。みんな歯を食いしばって頑張っていた。あのとき見た光景を忘れることはないと思う」

 足りない物を見聞きし、東北サッカー協会を窓口に物資を届けるルートを作った。同時に、東北のサッカー復興を担う決意も沸き上がった。「続けようにも、ボールもグラウンドもなくなっている」。カズら主力選手やJリーグの大東和美チェアマン、日本協会・小倉会長に直談判。「できることをやっていきたい。一緒にやってもらえませんか」と働きかけた。

 この日も練習後、テレビのインタビューで「お願いがあります」と切り出し、「被災地でもより多くの方が試合を見られるように、協力していただけないかと思います」と頭を下げた。

 訪れた避難所で「サッカー頑張ってください」と背中を押された慈善試合への思い入れは、誰よりも強い。愛する故郷へ、被災地へ−。途中出場が濃厚ながら、小笠原はプレーで、言葉にできない思いを届ける。(佐藤ハルカ)


小笠原が高校時代を過ごした大船渡市は、大きな被害を受けた。プレーで元気を与えたい

小笠原、調整不足も「被災者の方と比べれば…」
東日本大震災復興支援チャリティーマッチ 日本代表―Jリーグ選抜 (3月29日 大阪・長居)


笑顔を見せる小笠原(左は中村俊、右は小野)
Photo By スポニチ


 Jリーグ選抜のMF小笠原(鹿島)は東日本大震災後は本格的な練習ができていなかったため、調整不足は否めないが「歯を食いしばって頑張っている被災者の方と比べれば自分は大変じゃない」と強調した。

 深刻な被害を受けた岩手県出身。震災後には高校時代を過ごした大船渡市や夫人の実家の陸前高田市を訪問し「何もかもなくなっていて、知らない土地に行ったみたいだった」と絶句した。既に救援物資を送るなど被災地への支援を開始しており、Jリーグの大東チェアマンやプロサッカー選手会にも協力を呼びかけている。
[ 2011年3月29日 06:00 ]

カズ&小笠原、東北サッカー少年救う!グラウンド造る、ボール贈る…復興支援試合
 ◆東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン! 日本代表―Jリーグ選抜(29日、大阪・長居スタジアム) Jリーグ選抜のFW三浦知良(44)=横浜C=が28日、MF小笠原満男(31)=鹿島=とともに、東北地方のサッカー少年支援に乗り出す考えを明かした。この日、日本代表とJリーグ選抜の両チームは、1万3000人が集まった長居スタジアムで練習。日本代表では風邪で離脱していたDF長友佑都(24)=インテル=が全体練習に復帰し、強行出場へ意欲を見せた。

 カズが岩手県出身の小笠原とともに東北のサッカー少年をサポートする。会場の長居スタジアムで調整後、「こっち(大阪)に来てから、小笠原と一番話をしている。実際に向こう(被災地)に行って現状を見て、それを僕に伝えてくれた。『子供たちのことが心配。ボールやスパイクだけでなく、グラウンドすらない。少年団がつぶれる』と聞いて、ハッと気付かされた」と明かした。

 被災後、岩手5か所を訪れた小笠原から「サッカー少年を助けたいんです。何とかできないですか」と相談されたカズは「選手会を含めてサッカー界全体で動いていきたい」と即答。将来的な東北でのチャリティーマッチ開催など、できる限りの支援をしようという気持ちが一致した。

 この日朝にはJリーグ・大東和美チェアマンから「東北のサッカー協会とも協力して(支援を)やっていきましょう」と選手らに話があり、今後具体化する見通しだ。小笠原は「カズさん、(中沢)佑二さんも賛同してくれた。まずは国(の復興)ですけど、第2弾としてサッカー界の手助けをしたい」と選手会を通じてのグラウンド設立プランやボール寄贈などの考えを明かした。

 慈善試合でも、カズが先頭に立つ。ミニゲームでは右足で1得点と好調をアピールし、先発出場の可能性も出てきた。ハーフナーとともに中央のFWに入り「仲間が期待してくれるなら、得点したい。ダンス? やってもいいんじゃない」とパフォーマンスも示唆した。試合で履くスパイクには「チカラをひとつに」と刻印されることも決定。全力プレーで日本中を勇気づけ、復興への支援を続ける。
(2011年3月29日06時01分 スポーツ報知)

小笠原が涙の訴え…慈善活動の継続を

 練習前、記念写真を撮るJリーグ選抜=大阪長居スタジアム

 「東日本大震災チャリティーマッチ」(29日、長居)

 被災者の思いを背負って、ピッチに立つ。試合会場での最終調整が28日に行われ、Jリーグ選抜の鹿島MF小笠原満男(31)は震災以来初の実戦となる慈善試合に向けて、あふれる気持ちを吐露した。

 「被災地にはサッカーを見たいと言ってくれる人もいる。安否情報も分からない中、今はストレスを抱えている時期。いい話題を提供できればと思う」

 高校時代を過ごした岩手県大船渡市、夫人の故郷である同陸前高田市が大きな被害を受けた。「行かないと後悔する」。丸一日かかってたどり着いた故郷は変わり果てていた。「水が出ない。電気もない。ないものはないでしようがない。なるようになると言って頑張っている」。被災者の言葉に勇気づけられた。

 何とかしたい‐。その思いに突き動かされた。前夜は、カズやDF中沢らに被災地の現状を伝え、慈善活動の継続を訴えた。「まずは国のためにやる。次の段階でサッカーのために。チームが減り、サッカー少年が減っている。ボール、グラウンド、照明を寄付してあげられれば」。この日朝にはJリーグの大東チェアマンに直訴した。

 練習後、泣きながら訴えた。「避難所にはテレビがないところもある。僕らは被災者のために試合をする。一人でも多くの人に見てもらえるために、避難所にテレビを。ご協力お願いします」。復旧、復興への祈りを込めたプレーを、一人でも多くの人に届けたい思いだ。

(2011年3月28日)

被災地救済に立ち上がった小笠原満男である。
本日のプレイは必見と言えよう。
日本を、サッカー界を救うため、戦う満男の姿を目に焼き付けたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク