fc2ブログ

再来季へのターゲット

北海道得点王はU−17の2年生エース

室蘭大谷対登別大谷 1|0の後半29分、室蘭大谷FW宮沢(中央)がオーバーヘッドを決め、2得点目
室蘭大谷のFW宮沢裕樹(2年)がチームを8年ぶりの選手権1勝に導く。今年7月にU−17(17歳以下)日本代表の強化合宿に選出され、選手権北海道予選では3試合5得点で得点王に輝いた。ボールをキープできる技術に加え、シュート力にも定評がある。昨年ベスト4の高川学園(山口)との初戦(07年1月2日)が、選手権でのデビュー戦。複数のJクラブから興味を示されているだけに、将来につなげる舞台とする。
 北海道予選決勝の登別大谷戦は衝撃的だった。チームを4年ぶり優勝に導いたのが、2年生ながらエースの宮沢だった。先制点を奪い、さらに圧巻は2点目。サッカー人生初のオーバーヘッドで、試合を決定づけた。「(2点目は)興奮していて覚えていない。最高ですね」。右足首痛のため、準決勝は欠場。決勝は痛み止めの注射を打って強行出場していた。その体で3試合5得点。得点王に輝いた資質は、北海道では抜けている。
 一気に注目の的となった。J1鹿島、地元のJ2札幌ら複数のJチームから興味を示されている。決勝戦を視察した鹿島の椎本邦一スカウト担当部長は「代表(U−17)のときも試合を見たが技術がある。点を取る感覚もある。いいものをもっている」とべた褒めだ。6月の高校総体道予選決勝ではチームの全2得点を決め、逆転勝利を呼び込んだ。GK山田賢二主将(3年)は「裕樹を起点にし、ボールを集めていければ」と仲間の信頼も厚い。

>練習試合で高いキープ力を見せる室蘭大谷FW宮沢(左)
初めて日の丸を背負ったことで、さらなる飛躍を目指すようになった。今年7月、U−17(17歳以下)日本代表の強化合宿に招集され、国際ユースIN新潟に参加。当初は選出に戸惑い、参加するか悩んだときもあったが「成長すれば、チームのためにもなる」と吹っ切った。同大会では2試合連続ゴールを挙げた。「みんな、動きが早いし、ドリブルも鋭い。うまかった。また、代表に呼ばれるようになりたい」と刺激を受けた。着実に進化している。
 夢は日本代表だ。将来のW杯を目指し、大きな夢を抱いている。「サッカーをやっているからには上でプレーしたい気持ちはある。いつかは代表に入りたい」。小学2年生からサッカーを始め、A代表の青いユニホームにあこがれている。だからこそ、プロの舞台を狙う。全国的にはまだ無名なだけに、選手権での活躍で、存在を全国に売り込むつもりだ。【長島一浩】
宮沢裕樹 (みやざわ・ひろき) 1989年(平成元年)6月28日、室蘭市生まれ。室蘭大沢小2年でサッカーを始め、中学時代は室蘭大沢FCに所属。中学卒業まではMFも、高校からFWとなり、1年からレギュラー。好きな選手は横浜FW久保竜彦。好きな教科は現代文。家族は母と兄。181センチ、66キロ。血液型はB型。

大物に狙いを付けている。
ダイナミックなプレイが持ち味で、怪我を押して出場した北海道予選で5得点を記録している。
10番を背負っている逸材。
初戦は1/2 12:10 vs.高川学園である。
池内の後輩ということもあり、得点力は折り紙付きであろう。
久保のファンだとしてもビスマルクに足を踏まれることもあるまい。
未来のことではあるが、期待を隠さずにはいられない。
セワシくんの住むピカピカの未来に。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク