FC2ブログ

U-22日本代表・大迫、1TOPで得点を狙う

U−22“九州弾児”大迫、ご当地で決める!
2011.9.20 05:04


大迫(左)は、マレーシア戦でもゴールを決め“九州男”ぶりを見せつける。こちらも九州生まれの清武(右)がアシストしてくれる?(撮影・森本幸一)

 サッカー・U−22日本代表合宿(19日、ベストアメニティスタジアム)21日のロンドン五輪アジア最終予選・マレーシア戦に向け、本番スタジアムで非公開練習を行った。エースFW大迫勇也(21)=鹿島=は1トップで先発予定。鹿児島城西高時代、驚異的なゴールラッシュで九州各地に数々の『大迫伝説』を残してきた“九州男”が、初めて試合をする佐賀・鳥栖市でもゴールネットを揺らしまくる。

 鹿島入りまで18年間を過ごした九州に、大迫が侍ブルーのユニホームをまとって凱旋だ。「やっぱり九州はいいッスね。ご飯もおいしいし。帰ってくるとホッとする」と表情を崩した。

 五輪最終予選初戦に1トップでの先発が濃厚。芝丈を刈り込んだ本番ピッチでの初練習では、最後に関塚監督が上げたクロスをヘディングで押し込む練習を繰り返し、ゴールへの嗅覚を研ぎ澄ませた。「点をとらないといけないんで、貪欲に上がっていきたい」と頼もしい言葉を並べる。

 鹿児島城西高時代は九州中のゴールを荒らしまくった。高3の08年プリンスリーグ九州大会は8試合10得点で得点王。高校選手権県大会は5試合11得点で注目を集め、本大会も10得点で1大会最多得点記録を更新した。08年の県高校総体決勝では鹿児島実相手に先制されながら、その後46分間で5得点を奪って優勝した“大迫伝説”は語りぐさだ。

 今季も、鹿島入り後初の九州でのJ1試合出場となった4月29日の福岡戦(レベス)でゴール。鳥栖での試合は初めてというが「自分たちのサッカーができると思う」。21日は鹿児島から両親も駆けつける予定。「ぼっけもん」(豪快な薩摩人気質)がド派手なゴールラッシュを見せる。(佐藤ハルカ)
(紙面から)


マレーシア戦にて先発が予想される大迫である。
慣れ親しんだ九州の地は水が合うようで調子が良い様子。
得点意欲に燃えており、日本に良い結果をもたらせてくれるのではなかろうか。
豪快な薩摩人として凱旋するのだ。楽しみである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク