FC2ブログ

山村くん、国見魂

U22山村、恩師も観戦“国見力”見せる

試合会場のベストアメニティスタジアムに入る山村

 母校の誇りを胸に初戦を取る。U−22(22歳以下)日本代表は佐賀・鳥栖合宿初日の19日、ロンドン五輪アジア最終予選初戦マレーシア戦(21日)の会場ベストアメニティスタジアムで非公開練習を行った。主将を務めてきたMF山村和也(21=流通経大)は、卒業した国見がある長崎県の隣県での試合で、家族や恩師も観戦予定など気合十分だ。国見は過去4大会の五輪で、計6人の代表選手を輩出しており、出身高校別で最多タイ。「先輩に続きたい」と7人目の男になるため、「国見力」を見せつける。

 練習を終えた山村の声のトーンが、数段階上がった。甲高い声で、目を見開き「最多になるんですか! 頑張らないといけないですね」。自分の役割に、気合が一層増した。

 年齢制限が設けられた92年バルセロナ五輪以降、本大会出場の過去4大会の登録メンバーの出身高校別で、母校の国見は鹿児島実と並び最多タイの6人。96年アトランタ五輪のMF路木から、04年アテネ五輪のFW平山まで。「すごいです。自分も続きたい」と“単独首位”に立つ7人目の男が目標になった。

 その第1歩をしるす場として、最適な会場だ。22歳以下だが、鳥栖で日本代表の試合が行われるのは初めて。故郷の長崎県から最も近い場所での代表戦。両親はもちろん、国見で2年までお世話になった小嶺忠敏・元総監督(66=現長崎総合科学大学教授)も来場する。ボランチとして、攻守での奮闘を期す。

 本人は五輪世代の国見の強みについて、「メンタルが大きい」と分析する。3年間の寮生活では携帯電話、テレビ、雑誌が禁止で、外出も許されていない。だが、その生活でサッカーに打ち込むことで、「日本のものがない海外にいっても、動じないというか。強みになる」という。

 小嶺氏は中学生をスカウトする判断基準に、理由を見いだす。「私の場合、先天的な能力を見ます。高校に入ってから大学までの7年間を考えて取ります」。パスの意外性や足の速さなど、鍛えられない部分を重視するという。そして成長を促す。結果、代表に入るような才能が花開いていく。

 まだ正式ではないが、今回も主将就任が濃厚だ。国見の3年時もキャプテンだった。「高校の時は(主将として)結果を残せない年代だったので、立場を利用して、チームの雰囲気をよくしていきたい」。五輪切符をかけた戦いは、個人的にはリベンジの舞台でもある。母校に感謝しながら、国見で培った経験を生かして勝利を呼びこむ。【阿部健吾】

 ◆長崎県立国見高等学校 1967年(昭42)島原高から独立する形で創立。全日制の普通科。サッカー部は学校創立と同時に創部。86年の全国選手権に初出場して準優勝。翌87年に初優勝し、通算6回の優勝。OBには大久保嘉人(神戸)平山相太(東京)らがいる。小嶺氏は84〜00年に監督、00〜08年に総監督として携わった。所在地は長崎県雲仙市国見町多比良甲1020。

 [2011年9月20日9時10分 紙面から]

国見高校時代に培ったメンタルについて語る山村くんである。
小峰氏に先天的な能力を見出され、精神的な成長を促された山村くんは大学生でフル代表に召集される選手となった。
ロンドン五輪アジア予選でさらなる経験を積み、来季からは鹿島でさらなる成長を遂げるのだ。
楽しみな選手である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク