FC2ブログ

中田コプロデューサー、次回にプレッシャー

[鹿島]舞台をプロデュースした“中田P”こと中田浩二選手が嬉しい悲鳴。「次はあれ以上を期待するわけでしょ? すぐには無理だよね(笑)」
 24日にカシマスタジアムで行われた第27浦和戦。その翌日の25日、クラブ創設20周年のメモリアルイベントとして「オープンスタジアム」を開催したアントラーズ。イベントは大盛況に終わり、アントラーズファンやサポーターにとって忘れられない一日となったのではないでしょうか。舞台をプロデュースした“中田P”こと中田浩二選手も「またやりたいけど、だって、次はあれ以上を期待するわけでしょ? すぐには無理だよね(笑)」と嬉しい悲鳴をあげていました。
 一方で、クラブ関係者と話題にあがったのは「フリークス王決定戦」というクイズ企画。なんでもファイナルステージでは「難問を用意したはずだったのに、あっさりクリアされてしまった」(クラブ関係者)とのことでした。ファイナルステージから参戦した岩政選手は1問もクリアできず、特に優勝者の正答率は凄まじかったようです。
 そこで話題にもあがった1問「元鹿島FWエウレル選手のゴールパフォーマンス」とは? そういえば、エウレル選手は俊足だったということもあって、ある異名も持っていましたね。
 このイベントに参加できなかった人はぜひ考えてみてください。

(鹿島担当 村本裕太)

次会イベントのプロデュースにはプレッシャーを感じている中田Pである。
中田コのプロデュースで「オープンスタジアム」のイベントは大盛況であった。
次回を望む声を大きい。
今回以上のイベントとするべく、また尽力して欲しいとも思う。
とはいえ、サッカー選手の本分はプレイで魅せることとと言えよう。
今季の残りすべての試合を完封する勢いでお願いしたい。
また、風の子・エウレルのゴールパフォーマンスはコーナーフラッググルグルではなかろうか。
想い出深い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク