fc2ブログ

U-22日本代表・大迫、試合後コメント

【コメント集】日本、敵地でバーレーンに完勝
◆FW大迫「裏が空いていたので僕がうまくキープしてボールを収めようと考えていた。(シュートがバーを直撃)決めないといけない場面でした。他にもチャンスがあったので決めないといけない。勝ったことは良かったけど、点を取れなかったことは悔しい。この悔しさを次につなげていきたい」

勝利も大迫は反省しきり「点を取れず悔しい」/ロンドン五輪予選
 U−22日本代表は22日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選でU−22バーレーン代表と対戦し、大津祐樹と東慶悟の得点で2−0の勝利を収めた。

 試合後のインタビューで、大迫勇也は以下のように語っている。

「勝つことができたので良かったです。相手が前から来て、こっちも繋ごうとして取られてしまった。立ち上がりをしっかりと入れれば良かった」

−前半終了間際に先制。バーレーンはさらに前がかりになってきたが?
「ただ裏が開いていたので、僕が前でキープをしてボールを収めようと思っていました」

−中盤との連係について
「徐々に良くなっていったと思うので次もホームでしっかりとしたプレーをして勝ち点3を取りたいです」

−終盤クロスバーを叩いたシュートがあったが?
「決めなきゃいけない場面。他にもチャンスありましたし、決められるようにしたいです」

−満足はしている?
「勝ったことは良かったですが、点を取れなかったことが悔しかった。この悔しさを次に繋げたいです」


チームは勝利したものの、自身は得点を記録できず悔しい思いを語る大迫である。
この経験が大迫を成長させることであろう。
大いなるストライカーとして更なる「新化」を遂げて欲しい。
期待しておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク