fc2ブログ

岩政、プチインタビュー

[鹿島]ホーム最終戦を前に、岩政選手にプチインタビュー。『ミーハーな質問かもしれませんが、ユングベリ選手と対戦したい気持ちはありますか?』
 今シーズンも残すところ2試合。そんななか、ホーム最終戦を舞台に相まみえるのが清水。当然、2度目の対戦となりますが、1度目の対戦時と違うのがユングベリ選手の存在。かつてアーセナルで主力を張り、同時にスウェーデン代表でもあった、いわゆる“スーパー”な選手のことを、岩政選手に直撃してきました。
――急ピッチで調整しているように見えました。
「急ピッチじゃないですよ別に。天皇杯までに、とか目標は定めていないですからね」
――ホーム最終戦の相手は清水です。ミーハーな質問かもしれませんが、ユングベリ選手と対戦したい気持ちはありますか?
「まったくないですね。対戦したいから清水戦に出たいということはないです。ただ、自分が怪我もしていなくて、向こうも万全な状態なとき(全盛期)だったらやってみたいと思ったかもしれないですね(笑)」
――清水に加入してからのユングベリ選手の印象は?
「そんなに人に語れるほど見ていないので、なんとも言えません」
――では、アーセナル時代の印象はあったりしますか?
「(アーセナル時代は)見ていましたよ。『良い選手だな』と思っていました。上手い下手の次元じゃなくて、“チームのために動ける”選手っていう意味ですね。サッカーをよく知っているなという感じ。ボールのないところの動きやチームの機能性を高める動きがすごかった。ベルカンプとかピレスとか、ボールを持ってひとりで動かせる選手も必要だったと思いますが、それ以上に(当時の)アーセナルに必要な選手だったと思いますよ」
――ユングベリ選手に限らず、いわゆる“大物”選手と特別対戦したい気持ちというのはあるものですか?
「んーそんなにないですね。ただ、試合(清水戦)に出たとして、試合後の雰囲気が良かったら真っ先にユニフォームを交換しにいくかもしれないですね(笑)」
――ユニフォーム交換って頼んだらしてくれるものですか?
「頼んで『嫌だ』っていう選手はいないでしょ(笑)。してくれますよ。ただ、勝敗の問題や雰囲気もあるから、ある程度フレンドリーな状況じゃないと無理だとは思いますけど」
――ホーム最終戦という意味では試合に出たい気持ちはありますか?
「出たい気持ちはありますが、無理するつもりはないです。ただ、生き方として、どんな試合であれ無理をしないということはない。無理っていう表現は難しいですけど、チームの力になれる感触があれば出るし、なければ出ないです」
――現時点ではその感触はありますか。帯同の可能性はありそうですか。
「全然わかりません。(感触があったとしても)それはスタッフが決めることだし、聞かれてもいません」

 負傷(ナビスコカップ準々決勝・横浜FM戦)から別メニューの日々を過ごす岩政選手ですが、すでに外に出ての別メニューを開始済み。このプチインタビューは22日にしましたが、24日にはコーチとの別メニューを終えたあと、攻守別の練習で部分合流しています。頼もしい男が完全復帰する日も遠くはなさそうです。

(鹿島担当 村本裕太)

村本氏のインタビューに応える岩政である。
ホーム最終戦に出られぬ岩政に、厳しいような気がする。
とはいえ、真摯に応える岩政は紳士であろう。
鹿島の最終ラインに岩政がおらぬのは寂しい。
一日も早い復帰を望むのは酷であろうか。
頼もしい岩政の復帰を首を長くして待っておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク