fc2ブログ

清水戦コメント

J1リーグ 第33節


鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ 監督
クラブ関係者をはじめ、今の順位は納得できる順位ではない。順位表を見るたびに悔しく、歯がゆい思いが強くなる。シーズンを通して見ても、今の順位に見合っていないと思う。首位のチームとのゲームでは、圧倒した時もあった。ただ、それをプラスにできなかったことを残念に思う。我々は良い方向、上の順位にいくように働きかけてきた。まだJリーグは残り1試合あるので、良い締め括りをできるようにしたい。本山選手に関しては、彼のコンディションが良ければ試合の頭から使う。そのようにするのは僕だけではないと思う。だが、残念ながら今年は、コンディションがなかなか整わなかった。それでもできる限り、彼をピッチに立たせ、助かったこともあった。そして、シーズン終盤になって彼のコンディションが整ってきた。まだ、天皇杯という厳しい戦いが残っているので、彼のコンディションが好調を保つように切に願いたい。

【曽ヶ端 準】
結果、3-0で勝ててよかった。前半からよくボールを回せていたし、落ち着いてやれていた。青木のサイドチェンジやモトが前で起点となって相手のイヤなところでボールを受けてくれていたので、チャンスを作れていた。次の横浜FM戦は天皇杯にもつながると思うので、大事にしてしっかり勝ちたい。

【増田 誓志】
紅白戦から攻守の切り替えを早くしようと満男さんと話していた。切り替えが早いのが鹿島の強さのひとつ。今日はそれができていた。清水が中盤をこえてからボールを出してきていたので、それがピンチにつながっていた。そこでゼロに終わらせたのがよかった。後半はうちらしいサッカーができると思っていた。ホーム最後にしっかり勝つことができてよかった。

【本山 雅志】
楽しかった。ミスも多かったけど、周りのサポートも早いし、みんなとパス交換できてよかった。練習で1回しか合わせていなかったから不安もあったけど、うまくできたと思う。慎三やタク、フェリペがよく走ってパスコースを消してくれた。僕は最後のツメの部分で寄せるだけだった。タクともうちょっと絡みたかったけど、やっぱりいっしょにやってて面白い。どっちがボールを持ってもみんながオッと思ってくれると思うしね。1点取れればいけると思っていたので、先に取れてよかった。


2011年11月26日(土)

本日行われたJ1第33節清水戦は、3-0で勝利しました。

【J1:第33節 鹿島 vs 清水】オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント(11.11.26) 11月26日(土) 2011 J1リーグ戦 第33節
鹿島 3 - 0 清水 (14:04/カシマ/21,542人)
得点者:50' フェリペガブリエル(鹿島)、69' 野沢拓也(鹿島)、73' アレックス(鹿島)


●オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島):

Q:今季は特別なシーズンだったと思いますがホーム最終戦を終えた感慨を聞かせて欲しいのと、本山選手の先発起用について教えて下さい。

「まずJリーグにおいてなのですが、いまの順位というのはクラブに関わる関係者にとっては納得できる順位じゃありませんし、特に現場サイドとしては一番悔しく、歯がゆい気持ちを順位表を見る度に抱きます。シーズンを通してその順位に見合うパフォーマンスだったのかといえばそうではないと思います。上位5チームに対しての試合内容で言えば、こちらが圧倒したこともあります。それをプラスにできなかった、チャンスをつくったところでプラスに持っていけなかったということが、残念なところになってしまいます。ただ、選手たちも僕自身も良い方向に向かわせるように、働かせてきましたし、まだ1試合ありますのでいい形で終われればな、と思っています。

本山選手については、コンディションが良ければ頭から使うということを僕はいつも言っています。それに、僕だけでなく恐らくサッカーを理解しているものであれば、それが間違いない判断であることがわかると思います。ただ、残念ながら今年はコンディションがなかなか整わず、怪我の繰り返しで練習すらうまくできない状態でした。できる範囲のもので微調整しながら、少しでもピッチに立てる時間を増やすことができれば、という思いで取り組んでもらっていました。試合のなかでは途中出場から流れを変えてもらって得点に結びつけるようなプレーやパフォーマンスをしてくれて助かったこともありますし、シーズン終盤にやっと練習も継続してできるようになってきたので、僕は彼が持続してできるよう、心の底からお祈りしたい気持ちです。特に残りのシーズン、天皇杯の厳しい戦いが引き続きありますので、いまのコンディションを持続してもらえればな、という切実な思いでおります」


【J1:第33節 鹿島 vs 清水】試合終了後の各選手コメント(11.11.26)
●アレックス選手(鹿島):
「嬉しいけど、ちょっと恥ずかしい。左のスペースが空いていたので狙っていた。監督からハーフタイムの時に、スペースがあれば行って良いと言われたので。相手の11番(大前)は速いけど、あんまり守備に戻ってこなかったので。
(移籍後初ゴールについては?)
嬉しい。いつもたまーに取ってたから。こんなに長い間得点が取れなかったことはなかったから嬉しい」

●當間建文選手(鹿島):
「(西)大伍くんを前に出したかったんで、ボールを前に持ち出すようにしてました。
(良いフィードもありましたが?)
相手がガンガン前から来ていたので、1本裏に通してから、と思っていました。僕はあんまり器用に繋げないので(笑)。
(無失点で抑えたことについては?)
まわりの先輩方が助けてくれた。僕のミスでカウンターになった場面もあった。自分が思っていたよりも悪いプレーだった。
(青木選手とはどんなことを話していた?)
青木さんとは1トップをどちらが見るのかハッキリしようと話していました。
(悪かった、と言う理由は?)
もう少しDFラインの前に持ち出した方が良かった。自分の判断の遅さとかを感じました」

●青木剛選手(鹿島):
「前半、相手のチャンスもありましたけどゼロで折り返して、後半は相手が少なくなってからカウンターを注意しつつ押し込めた。今日のメンバーで勝てたのは大きいと思います。當間とはお互いに声をかけあいながらやれました。
(注意していたこととは?)
とにかく声を出しながら相手が1トップだったのでそこを抑えること、あとは攻めているときのリスクマネジメントをしていました。相手は攻め残ることが多かったので、そのときはサイドバックに残ってもらったり、ボランチの1枚にケアするように話していました。
(本職ではないが、よくDFラインをまとめていた)
そこら辺は責任と自覚を感じながらやっていました。左もアレックスで日本語は難しいですし、経験からいっても年齢も一番上ですし、その辺は自覚しながらやりました。それに、もう本職じゃない、とかいってる場合じゃない。センターバックとしてしっかりやらないといけないと思っています。大樹さんはもうすぐ戻ってきそうですが、浩二さんはまだ怪我をしていますし、天皇杯という重要な試合を考えた時、自分がもっとセンターバックとして良いプレーができればチームのためになる。ここまでセンターバックとしてプレーするとは思っていなかったけれど、今はセンターバックとして良いプレーがしたいです」

●本山雅志選手(鹿島):
「當間がよく頑張ったよね。攻撃はもうちょっといけると思う。ポンポンポンとパスを繋いでね。ユングベリはドリブルもある良い選手だけど、あれだけボランチのミツ(小笠原)が厳しくマークしていたら難しいと思う。一人少なくなったあと、ボランチに下がってからの方が良いプレーをしていた。今まで、あいだあいだに顔を出すプレーをタク(野沢)がひとりでやってた。もうちょっとシュートチャンスをつくってあげられればよかったですね」


[ J1:第33節 鹿島 vs 清水 ]

スコアレスで迎えた50分、鹿島はゴール前のこぼれ球をフェリペ ガブリエル(写真)が決めて試合の均衡を破った。

[ J1:第33節 鹿島 vs 清水 ]

リードを2点に広げるゴールを決めた野沢拓也(写真)。この後さらに1点を追加した鹿島が3-0で清水を下し4試合ぶりの勝利を手に入れた。

[ J1:第33節 鹿島 vs 清水 ]

試合前に握手をかわす小笠原満男(鹿島)と高原直泰(清水)。日本代表でも一時代を築いた二人の笑顔で試合は始まった。

[ J1:第33節 鹿島 vs 清水 ]

オリヴェイラ監督はホーム最終戦後、詰めかけたファン・サポーターに挨拶を行った。

[ J1:第33節 鹿島 vs 清水 ] WOWプレーヤーズアワード

本日の試合で決勝点をあげたフェリペ ガブリエル選手(鹿島)が、この試合のWOWプレーヤーズアワードに選ばれた。


自覚の芽生えた青木である。
そこも青木か!?と言わせるくらいに守備に顔を出し、完封勝利に大貢献をしておった。
もし、アウトゥオリが監督を続けておったら、CBとしてもっと上に行っていたのではないかと思わせる。
才能的に以前から持っておったものが開眼したと言って良かろう。
結果的にDF最年長として重責を負わせた結果、メンタルが成長しこの結果をもたらせておる。
青木と共に完封を続けていきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク