FC2ブログ

オリヴェイラ監督、また会いましょう

オリヴェイラ監督、復帰希望「また、会おう」…鹿島
 今季限りで退任する鹿島のオリヴェイラ監督が将来的な復帰を口にした。カシマで行われたクラブの特別功労賞授与式に出席。約400人のサポーターに、「監督かどうかは分からないが必ず戻ってくる。だからさよならとは言わない。また、会おう」とあいさつした。慰留がかなわなかったクラブ側にも「すぐに帰ってくる」と伝えた。
[2011/12/19-06:01 スポーツ報知]

オリベイラ監督に功労賞授与 サポーター400人別れ惜しむ
シェア


【写真説明】内田俊郎鹿嶋市長(左)から功労賞の盾を贈られ感極まるオリベイラ監督=カシマスタジアム

サッカーのJ1鹿島は18日、退任するオズワルド・オリベイラ監督(61)に功労賞を授与した。カシマスタジアムの玄関ホールで行われた表彰式には、別れを惜しむ約400人のサポーターが詰め掛け、オリベイラ監督は「苦しいときに支えてくれたサポーターが賞をもらう立場にある」と感謝した。

功労賞はこれまでにジーコ氏らが受賞し、同監督で12人目。2007年の就任以来、Jリーグ初の3連覇、今季のナビスコ杯を含め歴代監督単独トップの国内主要タイトル6冠を記録したことなどが評価された。

オリベイラ監督は獲得した優勝カップがずらりと並ぶ特設ステージに立ち、ホームタウン協議会会長の内田俊郎鹿嶋市長から盾を受け取ると、感極まった表情。「プロ人生で最も充実した5年間だった」と振り返った。このほか、同協議会から感謝状が贈られた。

サポーターらは花束などをプレゼントし、胴上げの“サプライズ”も用意。最後は太鼓に合わせて名前を連呼するなど試合同様の応援で締めくくり、監督も笑顔で応えた。

家族連れで訪れた鹿嶋市の主婦、小林由美さん(41)は「鹿島のことを愛し、愛された監督。いつか戻ってきてほしい」と話した。

オリベイラ監督は19日、ブラジルに帰国し、来年からボタフォゴで指揮を執る。

「最高だった」 オリベイラ氏にJ1鹿島が功労賞 茨城
 鹿島アントラーズ(茨城県)の監督を退任して母国ブラジルのチームで監督となるオズワルド・オリベイラ氏(61)に18日、アントラーズから功労賞が贈られた。

 オリベイラ氏は家族を伴い、多くのサポーターが待ち受ける県立カシマサッカースタジアムに現れた。賞状や花束を受け取ると笑顔で「カシマでの5年間は充実していた。間違いなくプロサッカー人生の中で最高だった」と述べた。在任中の5年間でJリーグ3連覇、天皇杯を2度制した。さらに今季はヤマザキナビスコ杯も獲得した。

 輝かしい成績が残せた理由については、選手たちが指示に的確にこたえたことなどを挙げ、「サポーターが功労賞をもらうべきだ。また会いましょう」とあいさつした。


「必ず戻ってくる。だからさよならとは言わない。また、会おう」
素晴らしい言葉を残して去って行ったオリヴェイラ監督である。
監督はとんでもないものを盗んでいきました。
我等の心です。
きっと、きっとまた会えるわ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク