fc2ブログ

新人コメント

▼タイトルと無縁のサッカー人生…山村「チームの核となって優勝できたら」
 背番号に期待の大きさが表れていた。鹿島アントラーズは24日、新体制発表・新人選手記者会見を行い、流通経済大から新加入し、クラブ初のプロA契約ルーキーとなるU-23日本代表DF山村和也は背番号4に決まった。新人でひと桁の番号を背負うのはクラブ史上初。鹿島では大岩剛コーチが現役時代に付けていた背番号を任され、井畑滋社長は「代表ではボランチをこなしているが、CBとしても期待している」と、DF岩政大樹の相棒、さらには後継者として高い評価を口にした。

 それでも本人は自然体だ。U-23日本代表候補のグアム合宿から22日に帰国したばかりで、25日には同代表としてカタールに出発する。「休みながら引っ越しを進めている」という山村は「最初に(背番号を)聞いたときは『4番なんだ』って。あまり番号にこだわりというか、頓着がないので……」とプレッシャーを感じる様子もない。「大岩さんが付けていた番号。自分なりに精一杯チームに貢献できれば。今までやってきたことを出せればと思う」と淡々と語った。

 関塚ジャパンの主将をめぐっては、鹿島のほか、川崎F、磐田、浦和、横浜FM、柏、F東京、千葉がオファーを出すなど激しい争奪戦が繰り広げられた。その中から鹿島を選んだのは、5年連続でタイトルを獲得し、昨季のナビスコ杯でJリーグ、天皇杯を含めて15個目のタイトルを獲得した「常勝軍団」に魅かれたからだった。

「鹿島には常に結果を出しているビッグクラブという印象がある。自分に足りないものを補って、成長させてくれるクラブかなと思った。高校時代、大学時代と、勝負強さの部分で少し自信がないというか、弱い部分があると思っていた。そこを補って、勉強できるかなと思って、鹿島を選んだ」

 国見高、流通経済大と、これまでの山村はタイトルとは無縁のサッカー人生だった。U-21日本代表の一員として10年のアジア競技大会で優勝し、全日本大学選抜でも昨年8月のユニバーシアード競技大会を制しているものの、所属チームで日本一になった経験はない。

「自分の中で、全国で優勝したことがない。自分で納得のいく優勝の仕方というか、チームの核となって優勝できたら、勝負強さというか、自分の自信にもなると思う」

 タイトルへの飢え。それが鹿島とU-23日本代表の“二足のわらじ”となる2012年を戦い抜く最大のモチベーションになっている。ロンドン五輪出場を目指すU-23代表ではボランチを務めるが、チームではCBでの起用が濃厚だ。それでも「言われたところをやれたらと思っている。大学ではずっとCBで、代表ではボランチをやってきた。最初は難しかったけど、最近は慣れてきた」と不安はない。

「後ろで見てきたものを前でも生かせるというか、どのタイミングでプレスにいくと後ろがやりやすいかとか、CBをやってきた分、分かるし、そういうところのメリットはあるのかなと思っている」。“二刀流”だからこそ、自分のプレーにも幅が出てきたことを体感している。

 代表とチームで過密日程となる2012年。「ケガをして、十分休んでいたので。サッカーをやりたかったので、今は幸せです」。昨年9月の左第5中足骨骨折から復帰し、U-23代表候補のグアム合宿では紅白戦に参加するまで回復してきた山村。大学生活最後の半年をケガで棒に振った分まで、鹿島で、五輪で大暴れする。
(取材・文 西山紘平)

▼鹿島の“内田篤人2世”伊東が決意、「背番号2を目指す」 目標のDF内田篤人(シャルケ04)に追いつき、追い越す。鹿島アントラーズは24日、新体制発表・新人選手記者会見を行い、静岡学園高から入団したDF伊東幸敏が抱負を語った。“内田篤人2世”とも称される高速ドリブル、精度の高いクロスが持ち味の右SBは「目標は内田選手。同じポジションとして、迫力ある攻撃をするし、そこを真似してがんばっていきたい」と胸を張った。

 目標はズバリ開幕スタメンだ。清水東高から入団した06年のJリーグ開幕戦でクラブ史上初となる高卒ルーキーでの先発出場を果たした内田を意識し、「大きなことは言えないけど、内田選手が開幕スタメンを成し遂げているので、大きく開幕スタメンを目指したい」と目を輝かせる。

 もともとは3-5-2の右サイドハーフなどを務めることが多かった伊東だが、静岡学園中3年時から右SBに定着。「サッカーを始めてからずっと右サイド」というサイドアタックの攻撃力と運動量は折り紙付きで、課題の守備面や線の細さが解消されれば、その潜在能力は魅力十分だ。

 鹿島は今季からジョルジーニョ新監督が就任。「監督も現役時代、SBだったし、いろんなアイデアを教えてくれると思う。しっかり自分が成長できるようにがんばりたい」。ブラジル代表の右SBとして活躍した世界的なSBの指導は、伊東のポテンシャルをさらに引き出す可能性もある。

 背番号は24に決定。10年夏に内田がドイツに移籍してから空き番号となっている背番号2について「付けさせてもらうには、それだけの選手にならないと。1年目からアピールして、その番号を目指したい」と意気込むと、「海外に行けばもっと成長できると思うし、将来的には海外を目指したい」と、鹿島から世界へ羽ばたいた内田の“背中”を見つめ続けていた。
(取材・文 西山紘平)

▼鹿島ユースから昇格の3選手が1年目の誓い、背番号18の中川「目標は10得点」
 鹿島ユースから鹿島アントラーズのトップチームに昇格したMF宮内龍汰、FW中川義貴、DF鈴木隆雅の3選手が24日、新体制発表・新人選手記者会見に出席し、プロ1年目の意気込みを語った。

 169cmの宮内は「目標は遠藤康選手。身長は(168cmと)低くても、キープ力があって、パワフルなシュートも打てるし、尊敬しています」と、チームメイトとなる先輩の名前を挙げ、「豊富な運動量でアグレッシブにプレーするところを見てほしい」と抱負を述べた。

 全国リーグ昇格を決めた昨年12月17日のプレミアリーグ参入戦2回戦・星稜戦で右足首を脱臼した中川は松葉杖姿で会見に臨んだ。患部をボルトで止める手術を受け、当初は全治3か月と診断されたが、今月27日にはボルトの除去手術を受ける予定で、「自分は回復力があるので、2か月ぐらいで復帰できると思う」と早期復帰に意欲を見せた。

 高卒ルーキーながら背番号18を任され、「マルキーニョス選手や(鹿島ユースの)熊谷浩二コーチが付けていた18番。大きいと思うけど、それに負けないぐらい活躍したい」と決意を口にすると、「1年目の目標は10得点。マルキーニョス選手よりもいい選手になれるようにがんばりたい」と力を込めていた。

 世界8強入りを果たした昨年のU-17W杯に出場した鈴木はFWからDFまでこなせるユーティリティー性が持ち味。「SBをやりたいと思ってはいるけど、ポジションにこだわりはない。試合に出ることが大事」と意気込む。

 U-17W杯はグループリーグ初戦のジャマイカ戦こそ先発したものの、その後はグループリーグ最終戦のアルゼンチン戦に途中出場しただけ。「個人的には悔しい大会だった。ずっとレギュラーで出ていて、10番も付けながら最後に外されて……。でも、その悔しい気持ちをバネにして、『あの大会があったから今がある』と言えるようにしたい」と誓うと、「U-19も五輪もある。そこに入っていけるようにがんばっていきたい」と力説。鹿島から今秋のAFC U-19選手権、来年のU-20W杯、さらには2016年のリオデジャネイロ五輪を目指していく。

(取材・文 西山紘平)

新人五人のコメントを載せるゲキサカである。
それぞれ特徴のあるコメントを残しておる。
やはり10得点を目指す中川の鼻っ柱は特筆すべきであろう。
負傷中ということで出遅れてしまうところを、臆せずマルキーニョス以上の選手になりたいと申すところに強いメンタルを感じさせる。
隆雅はSB志望の様子。
快足を活かした攻撃参加を期待したい。
宮内は運動量とアグレッシブなプレイが売り。
若干層が薄い二列目だけに出場機会を掴みたい。
篤人二世と称される伊東には注目が集まっておる。
2番を背負うSBと成長し、そして篤人が如く海外へ羽ばたくのだ。
勉強出来ると鹿島を選んだ山村には、鹿島の伝統を学んで欲しい。
勝利のメンタリティを培い、中心選手として鹿島を引っ張る選手となるのだ。
彼等の活躍を楽しみにしておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク