FC2ブログ

U-23日本代表・山村、インタビューに応える

DF・山村和也 「とにかく自分のできることを」
佐藤俊 = 文
text by Shun Sato
photograph by Atsushi Hashimoto

2012/05/22 10:31


ロンドン五輪本大会出場のメンバー入りを賭けたサバイバルは、徐々にヒートアップしつつある。18名と狭き門の上に、関塚隆監督は海外組の起用やOA(オーバーエイジ)枠の採用を宣言しているからだ。

U-23日本代表キャプテンの山村和也も危機感を隠さない。鹿島アントラーズでセンターバックとしてプレーし、徐々に調子を上げているが、この生き残りを賭けた戦いに、いかに挑もうとしているのだろうか。

――鹿島では、第3節からスタメンでセンターバックとして現在(第11節)までプレーしている。自分では、順調と捉えている?

「自分がセンターバックとして出れたのは、(中田)浩二さんが怪我したからなので、実力とは思っていないです。ただ、この時期にJリーグで試合に出れているのは、いい経験になっていますね。最初は緊張もあったし、スピードにも戸惑いましたけど、今は慣れてきました。ただ、失点の場面とかで声を出せば防げたシーンがあったんで、そういう部分はもっとコミュニケーションを取っていかないといけないかなって思います」


中田浩二がケガから復帰したが「戻ってきてもずっと出られるよう、集中してやっていく」と競争心をあらわにする山村。

――押し込まれている状態で声を出すのは、なかなか難しい?

「そうですね。そこが今の自分の大きな課題です。監督にももっとコーチングをするように言われています。センターバックは、ピンチの時に細かい指示をたくさん出さないといけないんですけど、ひとつのことしか出来ていないんで、もう少し周囲を見れるようにならないと……」

――五輪代表ではボランチだけど、鹿島ではセンターバック。ポジションを統一してやりたいとは思わない?

「ボランチから今離れていることに、少し不安はあります。でも、センターバックをやることで前の選手のことを見れるんで、受け手の身になってパスの出し方とかを考えるようになった。そういうことを含めて、少しでも何か吸収できたらいいなって思うので、今は試合に出ることを優先したいですね。比嘉(祐介)とか試合に出れずに苦しんでいる選手もいますし……」


「このままだと本当に自分は出れなくなるっていう危機感を……」

 山村が試合に飢えているのは、自身の成長のためだが、同世代たちの急激な成長を見て、刺激を受けたからでもある。

 昨年9月、左第5中足骨亀裂骨折で戦線離脱を余儀なくされ、11月の最終予選のバーレーン戦とシリア戦には、出場することが出来なかった。その間、ボランチで急成長したのが扇原貴宏、山口螢の2人だった。

――昨年11月のシリア戦、スタンドから見ていて、何か感じるものはあった?

「チームが勝って嬉しい気持ちはあったんですけど、改めて、みんなうまいなって思いました。自分が出場している時から、試合に簡単には出れないというのはありましたけど、このままだと本当に自分は出れなくなるっていう危機感を感じましたし、もっと頑張らないといけないって思いました」

復帰戦では、自分自身の情けない気持ちでいっぱいに。

 怪我がほぼ完治したのは、2012年1月だった。同年2月、山村が4カ月ぶりに公式戦復帰を果たしたのが、1−2で敗れたアウェイのシリア戦だった。

――アウェイのシリア戦での自分の調子は、どう捉えていた?

「怪我明けでしたけど、その前の練習試合に出てある程度できるかなって思ったんですが、甘かったですね。久しぶりの公式戦で緊張したし、ミスも多くて納得のいくプレーがほとんどできなかった。ミスに怯えるじゃないけど、そういう恐さも少しありました。僕を使ってくれた監督(関塚隆)に申し訳ないという思いと、自分自身情けない気持ちでいっぱいでした」

――つづくマレーシア戦は、ついにスタメンから外れることになった。

「シリア戦は自分の出来が良くなかったですし、(山口)螢君や途中出場した扇原(貴宏)が良かったんで、今の自分じゃ出れない。ベンチでも仕方ないと思っていましたね」


「そこが生き残りを賭けた最後の戦いだと、全員が思ってます」

――正直、あの怪我がなければと思ったことはありましたか。

「う〜ん、あの怪我がなければ、11月の2試合に出れたかもというのはありますけど、保証はないですからね。それは今も同じです。自分に対する監督さんの期待は感じますし、今までは試合に出れたけど、これからレベルをもっと上げていかないと試合に出ることはもちろん、メンバーに入ることもできないかなって思います」

――本大会に出場するメンバーに入るための条件とは?

「まずは、コンディションを上げていくことですね。プレーでは守備から入って、球際とかで海外の選手に負けないように、とにかく自分のできることをしっかりする。あとは、トゥーロン国際大会で、どのくらいやれるか。そこが生き残りを賭けた最後の戦いだと、メンバー全員が思ってます。海外の強いチームとやれるので、コミュニケーションを取りながら、みんなと競い合いつつ、しっかりアピールしていきたいです」


OA枠、海外組、他にも能力の高い選手は多い。

――メンバーは18名という狭き門だけど。

「厳しいのは、自覚しています。(鹿島でチームメイトの)大迫(勇也)ともちょくちょく話をしますが、OAも入ってくるだろうし、海外組もいる。既存のメンバーも能力の高い選手が多いですからね。ただ、自分が有利だなっていう点もあります。2つのポジションをできることとボランチでは高さがあること。チームの中盤は背の低い選手が多いんで、ロングボールを跳ね返せるのは強みかなと思います。とはいえ、絶対的な自信はないんで、頑張るしかないですね」


昨年6月のロンドン五輪アジア二次予選の対クウェート戦。ホームでの第1戦を3−1で勝利したU-22代表だったが、4日後、第2戦のアウェーでの戦いでまさかの敗北を喫している。

――ロンドンに、連れて行かないといけない人もいる。

「そうですね(笑)。嫁には、怪我している時も支えてもらったんで、日本代表に選ばれて、日本のプライドを持って世界と戦っている姿を見てもらいたいですね」


 すでに本大会の組合せは発表されている。初戦は強豪スペイン、続いてモロッコ、ホンジュラスとの対戦が決まっている。

――この組合せは、どう感じている?

「良かったです。スペインとか強い国とやりたいなって思いましたから。でも、やるだけじゃ意味がないんで、勝てるように個人もチームも準備していかないと」

最終予選のキャプテンは本大会に出場できないというジンクス。

――自分にとって、五輪とは?

「今の段階でどれだけ自分の力が世界に通じるのか、試したいというのが本当のところですね。それは、大学にいた時から変わらないです。あとはひとつずつ勝って行って、メダルを獲りたいですね」

 五輪代表には、最終予選を戦ったチームキャプテンは、本大会に出場できないというジンクスがある。アテネ五輪の時は鈴木啓太、北京五輪の時は伊野波雅彦が本大会に出場することが出来なかった。山村は、2大会続いたジンクスに挑むことになる。

――魔のジンクスは?

「最近よく言われますが、それはもう打ち破るしかないですね。そうすれば次の人は言われなくなる。自分が五輪に出て、そのジンクスを今回で終わりにします」

◆◆ 山村和也を知るための7つの質問 ◆◆

<質問1> もし成り代われるとしたら誰に成りたい?

「ジダンです。あの人のプレーの感覚とか、視野を見てみたい」

<質問2> 欲しいなと思う武器は?

「足が早くなってくれたらいいかな」

<質問3> 自分の性格で直したいところは?

「人見知りなところ。初めてアントラーズに来た時は、一言も話せなかった」

<質問4> 年俸800万円でプレミアリーグ、2億円で中国からオファーが来ました。さぁどうする?

「プレミアです。2億円は魅力ですが、サッカー的にプレミアが面白いんで」

<質問5> 準決勝で、1点リードしている。相手を止めたらイエローカードで、決勝は出場停止になる。止めないと同点ゴールを奪われてしまう。さぁどうする?

「止めます。自分が犠牲になって、決勝はスタンドから応援します」

<質問6> 最近、見た夢は?

「シュート決める夢をみたんですけど……現実は全然入らないですね」

<質問7> 五輪代表には、早婚派が多い。結婚していないチームメイトに一言。

「結婚はいいよ。落ち着くから(笑)」


山村和也 (やまむら かずや)
1989年12月2日長崎県生まれ。国見中学、国見高校と進学。代表歴はU-18から。流通経済大学在学時には、アジアカップでA代表に選出。その後も南アW杯のサポートメンバー選出、アジア競技大会では優勝を経験するなど各代表で活躍。2012年に鹿島アントラーズへ入団。186cm/76kg


Number誌に掲載の山村インタビューである。
ロンドン五輪への思いが伝わってくる。
ここまで、アジア大会の金メダル・五輪予選に中心選手として、そして主将としてこのチームを牽引してきた自負はあろう。
是非とも、本大会へ向かわせたいと思う。
しかしながら、アテネ五輪・北京五輪と二大会連続で予選に於いて主将を務めた選手が本大会では落選の憂き目に遭っておる。
ここは山村の心中は穏やかではないように周囲は思うもの。
ここで、山村本人は意識はしておるものの、このジンクスを打ち破る気概を持っておるとのこと。
このメンタリティはプロ選手向きと言えよう。
ロンドン五輪は大きな大会故、選出されれば光栄且つ良い経験となる。
とはいえ、これが全てではないのである。
目の前の試合に常に集中して、良いパフォーマンスを魅せて欲しい。
楽しみにしておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク