FC2ブログ

goal.comヴィッセル神戸戦プレビュー

J1第13節:神戸対鹿島プレビュー
西野神戸の初陣となる注目の一戦



5月26日17時:ホームズスタジアム神戸
神戸

出場停止:
主な負傷者:吉田、橋本、嘉味田、植草

アウェイで一度は逆転しながらも、終了間際に立て続けに失点を食らうという悔しい敗戦に終わった前節終了後、西野朗氏の新監督就任が発表された。新体制初戦となるこの試合は、大きな注目を集めることになりそうだ。

新監督は22日のトレーニングから指揮を執ったばかりであり、まずはこれまでのメンバーを踏襲して試合に臨む様子。負傷明けの大久保はFWで先発起用されることが濃厚だ。

「今までのベースがある」と神戸の積極的な守備を生かした入りをすることにはなりそうだが、トレーニングではG大阪時代と同じメニューを使って選手たちの意識改革が求められている。わずかな期間で迎える試合となるが、どのあたりに西野イズムが見られるのか、楽しみだ。



鹿島

出場停止:
主な負傷者:

前節は最下位の札幌を相手に7ー0の大勝。今節へ向け、波に乗りたいところだが、第8節G大阪戦で5ー0の大勝した後に3試合無得点で1分け2敗という結果となっただけに、選手たちは「同じ過ちはしない」と気を引き締めている。

前節大勝したとはいえ、決して内容が良かったわけではない。特に中盤での展開力を見せることができなかった。そこが鹿島の生命線なだけに今節に向けて、しっかり修正して臨みたい。

Uー23日本代表メンバーとして山村と大迫がトゥーロン国際大会に出場しているため、今節は欠場する。山村の代わりには昌子、大迫の代わりにはジュニーニョの起用が予想される。主力不在でも、力を落とさずに戦うことができるか。チーム力が問われる一戦となる。

対戦相手の神戸は西野体制初のゲームとなる。どういう戦いをしてくるか読めないだけに、まずは自分たちのサッカーをすることに専念したい。


トゥーロン国際大会で不在の大迫と山村の代役はジュニーニョと源と予想するgoal.comプレビューである。
ジュニーニョは公式戦二連発であり、FWの軸として当然の出場であるが、CBはというと本職である源よりも、青木をコンバートして起用する可能性の方が高いのではなかろうか。
昨季後半に生じた岩政中田コの負傷を乗り切ることが出来たのも、青木のCBとしての才能故と言って良かろう。
とはいえ、青木をCBとして起用することとなると、控えボランチの駒に不安を感じる。
ここは誓志の不調脱出かヒゲくんの復帰に賭けることとなるのであろうか。
二人とも、元日本代表という肩書きから「元」外したいと願っておるに近いない。
中盤の底から、運動量とフィジカルで勝負する誓志、精度の高いフィードを魅せるヒゲくんが活躍する姿を誰もが見たいはず。
ジュニーニョの活躍も期待だが、サブのボランチにも注目の一戦である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク