FC2ブログ

U-22 興梠の闘志

興梠闘志でアピール/練習試合



 セットプレーからヘディングでゴールを狙う興梠(撮影・たえ見朱実)

<練習試合:U−22日本代表3−1流通経大>◇29日◇静岡県内  MF興梠は2トップの1人として出場し、前半40分にFW岡崎がポストプレーで返したボールを、右足で豪快にたたき込んだ。それ以外にもMF長友の右クロスに飛び込み、勢い余ってフェンスに激突するなど、闘志あふれるプレーでアピールした。興梠「(4バックにした)後半は特に中に厚みができたのでやりやすかった。やれることはやった? そうですね」と手応えを感じた様子。 [2007年5月30日9時30分 紙面から]


MF登録で選出されたされた興梠慎三であるが、鹿島と同様にFWとして練習試合に出場した模様。

興梠も増田誓志の如く、鹿島では影が薄いがU-22では重要な結果を残しそうである。

鹿島に於いても影が薄いとは言い過ぎであり、後一歩で得点に結びついていないという状況である。

だが、この一歩が薄いようでとても厚い壁であろう。

小さなチャンスを手繰り寄せる何かが足りていないのだ。

今にして思えば、衝撃のデビュー戦であったバー直撃アシスト2発も本来ならば素直に2得点しておくところである。

が、完璧な人間などキリコとイプシロン以外におらぬ。

ここで腐らず何かを手繰り寄せるのだ。

カンユー大尉が持つ強靱な精神力で。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク