FC2ブログ

天皇杯準決勝に向けて

鹿島小笠原が被災地の子にV報告誓う
 鹿島MF小笠原満男(33)が吉報を被災地に届ける。今日29日の天皇杯準決勝でG大阪と対戦(エコパ)。28日、茨城・鹿嶋市内で行われた練習後、「いい報告ができるようにしたい」と勝利を誓った。年明け1月に、4日間にわたって東北3県で行う予定のチャリティーイベントで、参加する地元の小中学生たちに優勝を報告するつもり。26日に仙台で行われた選手会主催のチャリティーマッチには、同杯出場のため駆けつけられなかったことを残念がっており「できれば行きたかった。でも試合が目の前にある。寒くて厳しい季節になるので、少しでも勇気を与えられれば」と、タイトルを見据えた。
 [2012年12月29日6時47分 紙面から]

鹿島・大迫、必勝宣言「内容より結果」/天皇杯
 第92回天皇杯は29日、準決勝を行う。勝者が日本一を争う来年1月1日の決勝(国立競技場)に進出する。各チームは28日、地元で最終調整した。鹿島は2大会ぶりの優勝を狙う。

 鹿島は1時間ほどの軽めの調整。勝負のキーマンはFW大迫だ。23日の準々決勝・千葉戦では決勝ゴールを挙げるなど好調をキープ。4月のリーグ戦でG大阪に5−0で勝利した際には大迫が2得点するなどイメージも悪くない。優勝した今年のナビスコ杯で得点王にも輝いたストライカーは、「やることをやるだけ。内容より結果にこだわりたい」と勝利を誓った。 (鹿嶋市)
(紙面から)


小笠原 天皇杯V誓う「優勝して被災地に行ければ」
天皇杯準決勝 鹿島―G大阪 (12月29日 エコパ)

 鹿島のMF小笠原が天皇杯制覇を誓った。東日本大震災で被害を受けた東北サッカーの復興を目指す「東北人魂」の一員として、来年1月4日から秋田、宮城、岩手でチャリティーイベントを開催予定。

 29日に準決勝G大阪戦(エコパ)を控えるため、日本プロサッカー選手協会が26、27日に実施したチャリティーイベントの参加は見送っており「自分も行きたかったけど、まだ試合がある。天皇杯で優勝して被災地に行ければ良いと思う」と意気込んだ。
[ 2012年12月29日 06:00 ]

さあ鹿島10冠王手!…29日・天皇杯準決勝
 ◆天皇杯 ▽準決勝 (29日、東京・国立競技場ほか) 天皇杯準決勝2試合が29日、開催される。Jクラブ最多4度の優勝を誇る鹿島は、G大阪とエコパで激突。決勝に進めば、史上初となる天皇杯とナビスコ杯の2大カップ戦で合計10冠達成へ王手がかかる。柏は横浜Mと国立競技場で対戦する。

 ◆自信の鹿島・大迫 鹿島はG大阪戦を控え、茨城・鹿嶋市内で約1時間半、ミニゲームやPK練習で最終調整した。過去に天皇杯4度、ナビスコ杯では5度優勝。G大阪を撃破すれば、史上初の2大カップ戦10冠まであと1勝に迫る。今季ナビスコ杯で9戦7発と連覇に導いたFW大迫勇也(22)は、「自分たちのサッカーができれば大丈夫」と自信を見せた。

 G大阪との相性も良い。チームは今季、リーグ戦2試合で1勝1分けで計7ゴールを奪った。4月28日に2得点した大迫は、「(負ければ終わりなので)結果にこだわる」とゴールへ闘志。10冠へ、一気に王手をかける。

(2012年12月29日06時02分 スポーツ報知)

先日のチャリティマッチへの出場が叶わず悔しい思いをした小笠原満男である。
とはいえ、正月に新年最初の公式戦に出場できるチャンスを得るためには致し方のないところ。
ここは鹿島の優勝を東北の人々に捧げようではないか。
そんな中で、報知が鹿島の国内カップ戦10冠王手に着いて報じておる。
先日のナビスコ杯優勝で天皇杯と合わせ9冠となった。
ここは、ジョルジーニョ監督に10冠目を与えたい。
自分たちのサッカーで結果にこだわろうではないか。
楽しみである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク