fc2ブログ

岩政、得点を狙う

鹿島岩政がJ記録のDF4戦連発狙う
 鹿島DF岩政がMF野沢とのホットラインでDFトップタイの4試合連続ゴールを目指す。現在、3戦連発中で、16日のホーム広島戦で98年に磐田アジウソン(現監督)が記録した、4試合連続得点のJ記録に挑む。快挙への頼もしい相棒は2アシスト1起点と供給源となっている野沢。昨年も公式戦6得点中、3点のアシストを受け「タク(野沢)とタイミングが合ってきている。単純に彼のボールの質もいいですけど」と相性の良さを感じている。


広島のDF陣は、他ポジションからの転向組が多く「そういう意味でもチャンスはあると思っている」と自信をのぞかせる。クラブにとっても、リーグ戦のホーム通算500得点まで、あと1得点。Jクラブ史上初となる節目の得点のボールは、スタジアム内のミュージアムに殿堂入りする予定だ。岩政がメモリアル尽くしの一撃を決める。 [2007年6月12日9時17分 紙面から]


5月19日のチューヤンに続き岩政も今季リーグ戦3試合連続ゴールを記録した。
調子に乗るなと言う方が難しい。
しかし、ここは岩政の好調と判断するよりは全てをアシストしている野沢の復調の兆しと見た方が正しかろう。
まだ本調子とは思えぬが、無敗の原動力であることは紛れもない事実である。
今季の陣容は野沢拓也の頼るところが大きいことは序盤の躓きで実証された。
派手な岩政や若手に隠れてコツコツとゲームを創っておるのである。
最後の最後に鯨を捕るが如く将軍の座に着くのだ。
兄二人の不慮の死で転がり込んだ紀州藩主の座であるが、将軍は敢えて獲りに行こうではないか。
尾張藩には煮え湯を飲まそう。
が、次代尾張藩主松平通春は切れ者故、注意が必要で御座ろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク