fc2ブログ

鹿島、練習試合に大勝でキャンプを打ち上げ

練習試合に快勝 ’13鹿島宮崎キャンプ・合宿打ち上げ

【写真説明】安定感のあるプレーを見せた柴崎=宮崎県総合運動公園陸上競技場

J1鹿島の宮崎キャンプ最終日は15日、宮崎県総合運動公園陸上競技場で日本フットボールリーグ(JFL)のホンダロックと練習試合を行い、11日間のキャンプを打ち上げた。

前半と後半で選手を全員入れ替え、主力組は後半に出場。メンバーはGK曽ケ端、DF西、岩政、青木、中田、MF遠藤、柴崎、小笠原、ジュニーニョ、FW大迫、ダビ。

試合は7-0で鹿島が圧勝した。前半、3年目の土居の先制点を皮切りに3得点。後半も手を緩めず遠藤が2得点、大迫とダビがそれぞれGKとの1対1を制してゴールを決め、計4得点を奪う猛攻だった。

選手は疲労をものともせず多くの時間帯でパスをつないでボールを支配。守っては前線からプレスをかけて相手の攻撃の芽を摘んだ。

存在感を見せた遠藤は、「いい感じで仕上がっている」と手応え。チームの狙いについて大迫は「アグレッシブにいく、自分から仕掛けること」と話した。全日程を終え、小笠原は「(心疾患の)八木の離脱は残念だが、大きなけが人もなく充実したキャンプができた」と話し、トニーニョ・セレーゾ監督については「情熱を持って指導してくれている」と語った。

鹿島は2日間のオフを挟み、18日午前に練習再開、午後は鹿島神宮で必勝祈願を行う。24日にはJ2水戸とのプレシーズンマッチに臨み、3月2日の開幕戦(対鳥栖)に備える。


宮崎キャンプを打ち上げた鹿島である。
心疾患でチームを離脱しておる八木以外には負傷者が出ることもなく、無事に工程を終えた。
最終日の練習試合では戦術の確認が為され、パスをつなぐサッカーが浸透し、守備も機能しておる模様。
ヤスは主力組に入り二得点の活躍を魅せた。
昨季、通年でレギュラーに起用され、大きく成長を遂げ、今季もチームを引っ張る選手として注目が集まる。
そして、抜群の安定感で二十歳とは思えぬプレイを魅せる岳は今季のチームの大黒柱と考えて良かろう。
開幕まで2週間、更に戦術を熟成させ、連携を深めて鳥栖に挑みたい。
また、鹿島のチャレンジャーとしての1年が始まる。
楽しみである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク