FC2ブログ

甲府戦コメント・報道

2013Jリーグ ディビジョン1 第7節


鹿島アントラーズ:トニーニョ セレーゾ
・非常に主導権を握ってポゼッションも高く、大半のチャンスは我々が作っていたが、サッカーはやっていく中でゴールが入らない時もある。今日のMVPは相手のGKであることは選手たちにも言ったし、内容的にも常に相手のゴールに向かうことを意識してやっていた。選手たちには話したが今までの中では一番内容で圧倒したが、決められない時もあるだろう。今日は相手のGKを称えるしかない。ただ、勝ち点1を取ったことは良かったと思う。

・今日はサイドのギャップを使う機会が少なかったが、それは狙いの部分でもあった。両サイドハーフとも両足で蹴れるので、中央は相手も固めていたからペナルティエリアに入った時にゴールに向かっていけば、2人のストライカーが逸らしてコースを変えたり、そのままゴールに入るという色んなアクシデントという可能性もあった。そういった意味でボールをもっとしっかりと入れて欲しいという要望を出していた。その中で、セカンドボールやゴールに向かっていくボールの後の状況も変わっていくだろうし、ジュニーニョや中村にそういうところを求めていったところがあった。

・あとは良いレフェリングをできる日ではなかった。ただ、そういう日もあるので、良くなっていくと思っている。どうしても主導権を握ってチャンスも多く作ってやっていたので、相手ゴールまで辿り着けなければ、問題や心配事もあるがそこまで辿りつけている。あとは相手を称えないといけない。戦術的な規律、規則を各選手がやろうとしている部分もあるし、順位を見てもそれだけの力を持ったチームだから、相手の能力も称えないといけない。我々がチャンスを多く作れたことが救いの部分で、多くのチャンスの部分がひとつでも決まっていたら、また違った状況にもなっていたと思う。

・チャンスを多く作り出せたところは非常に良かった点として挙げられる。長く選手、監督としてやっているが、圧倒しても勝てない日はあった。相手も称えないといけない。すべてが悪いとか失ったとかを言う必要性もない。監督が一番チームにやって欲しいことができているのかというところを見ていなければいけない。そういった意味でどこにボールがある時、誰がどういう風に動いて行くのかというところは選手たちも大分理解するようになってきた。得点もするようになってきているが、セットプレーでの得点が少ないので、そこを課題に改善していかなければならない。あとはチームとして、前の選手だけでなく、色んなポジションの選手が点を取れるようになればコンスタントに力を発揮できるようになるので、そのあたりも改善できればと思っている。チームとして、良くしていくところを取り組んでいければいい。

・ホームの試合は全て勝たないといけない。勝たなかったからといって全てが終わりではない。プラス1というところで少しは順位に変動はあるので、良かったと思う。



【大迫 勇也】
今日は申し訳なかった。前半に点を取れれば違う展開になったと思う。そこで決められれば良かった。感覚的には足にボールが付かない感じ。先発から離れてたからという訳ではないと思うが、次からは大丈夫だと思う。もっとボールに向かってプレーが出来る感覚を持っている。

【青木 剛】
全体的に内容は良かったと思う。ホームだったので良い内容の中で勝って終わりたかったというのが正直な気持ち。チャンスが多かったので決める事が出来ていれば結果は違っていた。全員が献身的に出来ている。

2013年04月20日(土)

本日行われたJ1第7節甲府戦はスコアレスドローに終わりました。

【J1:第7節 鹿島 vs 甲府】トニーニョセレーゾ監督(鹿島)記者会見コメント(13.04.20)
4月20日(土) 2013 J1リーグ戦 第7節
鹿島 0 - 0 甲府 (19:04/カシマ/9,898人)

●トニーニョセレーゾ監督(鹿島):

Q:今日、序盤からチャンスがありましたが勝点3が取れなかったことを監督はどう思っていますか?
「監督としては冷静に状況を見なければなりません。仰るとおり、ポゼッション率だったりチャンスの多さでは上回りました。チームとしての機能性もよかったと思います。確かにホームですので、勝点3を目指して取り組んだわけであって、残念ながらそれはかないませんでしたが、あれだけチャンスをつくり相手ゴールに向かう姿勢、いろんな与えられた天候の条件やその他の条件の中でも冷静にやったところでは非常に良かったと思います。ただ、一番の醍醐味であるゴールがなかったことは、残念ですけど、長年このサッカーの世界で監督をやっていれば、圧倒した内容でも、内容的に相手を上回ったとしても勝てないこともあるので、僕は普通のこととして捉えていますし、選手たちにも先ほど話はしましたけど、チームとしてやるべきことはしっかりと冷静にできていたので、選手たちを讃えましたし、下を向く必要はないと思います。圧倒して勝てないと、どうしても気持ち的に下向きになりますけど、その必要性はないということを選手たちに声をかけました。今日ゲームを通してのMVPは相手のゴールキーパーであるということは、明らかだと思っています」

Q:大迫とダヴィの2トップに戻しましたが、二人のコンビネーションについても満足していますか?
「スタッツを見てもらっても二人ともうちの得点源であって、一番得点している選手でもあるし、一番シュートを打っているわけです。勝つためにはそこを使っていかないといけないし、ボックス内で仕事をする同じタイプの選手です。そこをうまく活用しないといけません。うちのデータを解析すると、得点しているのは大半がその二人であって、後は数名が1点取っている位です。それをまずは改善しなければならず、チーム全体で点が取れるようにしなければなりません。今日に関しては、シュートを打とうという意識をもったのが、本山だったり、野沢だったり、他にも何人かいたと思いますがすぐには思い出せないですけど、チームとしてシュートをする意識というものを持たないといけないし、シュートを打つことで得点が生まれます。状態に関しては二人ともフィジカル的な、フィットネスの部分が良ければ、相手のDFにとっては厄介な存在だと思います。大迫選手は皆さんご存じの通り、一時離脱してしまったため、まだ本調子のコンディションではないことが僕としても感じられます。ただ、本人もそれを理解した上でコンディションを上げようという気持ちを持っています。逆にダヴィ選手に関してはコンディションは上がってきていますけど、今日だけはもうちょっとシンプルにはたく、球離れを早くすることで、自分の消耗度を減らしながら、肝心なところで仕事ができるようになるのではないかなと思いました。ただ、そういう日も選手にはあると思います。心理的な影響もあります。得点源ですので調子が良ければ使っていくしかないと思います。大迫選手のコンディショニングは試合をやりながら戻すしかありません。皆さんご存じの通り、水曜、土曜と試合が続くので、じっくりフィジカルに取り組むという時間が今回はないので、上げながらやるしかありません。他にも攻撃陣では遠藤、野沢、本山、ジュニーニョ、中村といるわけですけど、ほとんどがボックス外でプレーするのが特徴の選手です。ボックス内でプレーする特徴を持っているのは大迫とダヴィしかいないので、彼らがピッチに立つべきだと思っています。後は点だけが足りなかっただけです。内容的には面白みのある内容だったと思います」

以上

【J1:第7節 鹿島 vs 甲府】試合終了後の各選手コメント(13.04.20)
●本山雅志選手(鹿島):
「相手のGKがよく守ったと思います。タク(野沢)だったりサコ(大迫)だったり、パス主体で良い形でやれたんですけど。後半は焦りから判断ミスとかちょっと多かったかもしれないですけど、何をやらないといけないかはわかってきた。今日はバイタルも結構空いていたし、サイドバックやボランチが見てくれたときはよかったと思う。中ばっかりになったのでもっと横に広げようと思っていた。でもフィニッシュまでいけてたんで誰でもいいから決めないといけなかった。守備はゼロで抑えられたんでよかったです」

●大迫勇也選手(鹿島):
「申し訳ないですね。感覚的にはボールが足につかない感じだった。でも次からは多分大丈夫だと思います。もっとゴールに向かってプレーできると思う。前半の良い時に点が取れればもっと違う展開になっていた。しっかり決め切れればよかった。前半は特に崩しそうとしすぎたかも。シュートが少なかったかもしれない」

●青木剛選手(鹿島):
「全体的には内容は良いものだったと思いますけど、ホームだったのでそういうなかで勝って終わりたかったです。
(相手の監督はSBが上がったところを狙っていたと話していたが?)
どのチームもSBが上がったらその裏を突くというのはある。みんながカバーし合えばいいし、そこをそこまで使われている意識もなかった。
チャンスは多かったんでしっかり決めきることができれば結果は違っていたかもしれない。攻撃で相手の陣地で回せる時間が多かったので、奪われたときに出てくる甲府の攻撃に注意していました。ただ、前からの守備もできていたと思う」

[ J1:第7節 鹿島 vs 甲府 ]

古巣との対戦となったダヴィ(鹿島)。両チーム最多の6本のシュートを打ったが、ゴールをあげることはできなかった。

[ J1:第7節 鹿島 vs 甲府 ]

鹿島にほぼ倍のシュート数(23本)を打たれたが、最後のところで何とか踏ん張り勝点1を獲得した甲府。対照的に23本のシュートを放つも得点に結びつかなかった鹿島。ともに3連勝を目指したが、勝点1を分け合う結果となった。
写真は両チームのベテラン・本山雅志(鹿島)と土屋征夫(甲府)のマッチアップ。


シュート数23-10、鹿島圧倒も甲府とドロー…鹿島監督「MVPは相手GK」
13/4/20 21:17

[4.20 J1第7節 鹿島0-0甲府 カシマ]

 鹿島アントラーズ対ヴァンフォーレ甲府の対戦は0-0の引き分けに終わった。公式戦4連勝中だった鹿島だが第3節広島戦以来の無得点で連勝がストップ。対する甲府も公式戦3連勝中と好調だったが、無得点に終わり、連勝が止まってしまった。

 前半から迫力ある攻撃を見せた鹿島。5分、FWダヴィのマイナスクロスをMF本山雅志が触れて落としたボールをMF野沢拓也が蹴り込む。同28分には複数シュートが飛び交った波状攻撃を見せたが、いずれもGK河田晃兵の好セーブに阻まれ、ゴールネットを揺らすことはなかった。

 後半も鹿島がペースを握った。25分、右サイドからのCKをニアでFW大迫勇也がファーサイドにそらす。待ち構えたDF青木剛が体を畳みながらヘッドで合わせたが、枠に飛ばすことは出来なかった。

 終わってみればシュート数23-10と圧倒した鹿島だが、最後までゴールネットを揺らすことは出来なかった。「多少、運があった」とは甲府の城福浩監督。トニーニョ・セレーゾ監督は、「今日のMVPは相手GK」と河田を活躍を称えると、「内容では圧倒出来ていた。勝ち点1を取れた。0ではなかったので良かったと思う」と前向きにとらえていた。

【鹿島】エース大迫無得点に「情けない」

後半、相手のマークをかわしドリブル突破する鹿島FW大迫(9)(撮影・下田雄一)

<J1:鹿島0−0甲府>◇第7節◇20日◇カシマ

 4試合ぶりにFW大迫勇也(22)ダビ(29)の2トップが復活したが、無得点に終わった。

 終始甲府を圧倒。2人で9本のシュートを浴びせたが、白星につながらなかった。大迫は「情けない」と悔しそうにスタジアムを後にした。
 [2013年4月20日22時49分]

鹿島23本のシュート放つも無得点/J1
<J1:鹿島0−0甲府>◇第7節◇20日◇カシマ

 鹿島は23本のシュートを放ちながらも無得点に終わり、3連勝を逃した。前半2分、FWダビが右クロスを頭で合わせたのを皮切りに甲府を圧倒。試合終了間際にはDF岩政が体勢を崩しながらもゴールを狙ったが、クロスバーに嫌われた。トニーニョ・セレーゾ監督(58)は「得点以外の部分は本当にいい試合だった」と悔しそうに結果を受け止めていた。

 強攻策も実らなかった。後半35分、DF西に代えてMF中村を投入。ボランチの柴崎を右サイドバック(SB)にまわし、攻撃的な布陣を敷いた。センターバックの岩政が「彼はSBの動きができるわけではない。彼の攻めの部分でのサポートするのが精いっぱいだった」と振り返るように、失点のリスクを冒してまで得点にこだわったが、均衡を破ることはできず。指揮官は「内容はよかったし、下を向くことはない」と先を見据えた。
 [2013年4月21日7時0分 紙面から]

鹿島、シュート23本も得点奪えず

甲府と引き分けた鹿島イレブン=カシマ

 J1第7節(20日、鹿島0−0甲府、カシマ)鹿島は23本ものシュートを放ったが、1点が遠かった。序盤から本山、野沢、大迫らの流れるような連係で主導権を握り続けたが、セレーゾ監督は「圧倒した試合でも必ずしも勝てるわけじゃない。こういう日もある」と冷静に話した。

 ヤマザキナビスコ・カップも含めた公式戦の連勝は4で止まったが、チームの調子は悪くない。青木は「開幕当初のように、後半に著しく(運動量が)落ちることがなくなってきた」と試合内容に手応えを感じていた様子だった。(共同)

鹿島・セレーゾ監督の話
「チャンスの数では上回ったが、一番の醍醐味であるゴールがなかったのは残念。この試合のMVP(最優秀選手)は相手のGKだろう」


後半、ゴール前に攻め込むも、ファウルの判定にいらだつ鹿島・ダビ(11)=カシマ


前半、競り合う甲府・福田(中央)と鹿島・前野=カシマ


前半、競り合う鹿島・ダビ(右)と甲府・柏=カシマ


セレーゾ監督 ドロー劇に「MVPが相手のGKというのは明確」
J1第7節 鹿島0―0甲府 (4月20日 カシマ)


<鹿島・甲府>後半、ゴール前に攻め込むも、ファウルの判定にいらだつ鹿島・ダビ(11)
Photo By 共同


 鹿島はシュート23本を放ちながら無得点に終わった。

 痛恨のドローでリーグ3連勝を逃し、ナビスコ杯を含めた公式戦の連勝も4でストップ。それでも本山、野沢、柴崎らを中心とした速いパス回しから何度も決定機をつくり多彩な攻撃を見せた。セレーゾ監督は「MVPが相手のGKというのは明確。得点だけが足りなかった試合。下を向く必要はない」と強調。内容の濃い試合で連勝が止まる皮肉な結果となった。

[ 2013年4月21日 06:00 ]

J1鹿島、猛攻実らず
J1第7節(20日・カシマスタジアムほか=9試合)鹿島は0-0で甲府と引き分けた。通算成績は3勝3分け1敗、勝ち点12の5位。

鹿島は相手を上回る23本のシュートを放ったが無得点に終わった。後半にジュニーニョ、遠藤、中村を投入して攻勢を掛けたが、最後までゴールを割れなかった。

大宮は浦和を1-0で下し、昨季からの連続試合負けなしをJ1新記録の「18」とした。4連勝で勝ち点は17。開幕6連勝で首位の横浜Mは新潟に0-1で敗れ、浦和とともに今季初黒星を喫した。


シュート23本がニュースになっておる。
これほど圧倒しながらも勝利を掴み取ることが出来ぬところもサッカーという球技の魅力と言えよう。
結果には満足出来ぬが、流れる攻撃に興奮したことも事実である。
次戦以降にはこの攻撃から得点に繋がることを望む。
気持ちを切り替えたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク